フィリピンはクリスマス・シーズンに突入 2010年10月25日


世界で一番長いクリスマスを楽しむといわれているフィリピンでは、10月に入るとすでにクリスマスの準備が始まる。毎年地味になるクリスマスだが、クリスチャンのフィリピン人にとってはクリスマスなくして年をこすわけにはいかない。下の写真は、マカティのアヤラアベニューで117日に撮ったもの。マカティの中心、アヤラ・アベニュー、マカティ・アベニュー、パセオ・デ・ロハスがかざられている。

CIMG3436s-1CIMG3427s-1

10月に入ると、サウス・スーパー・ハイウエイ(オスメニア通り)とブエンディア通りの交差点近くにはパロル(クリスマス・ランタン)を売る多くの店が開かれる。しかし、今年はほとんど店が見当たらず、1本南側の通り、デラ・コスタの通りに10軒ほど店が開いているだけだ。今年から出店にはメイヤーズ・パーミット(営業許可)が必要となり、税金が高く、店を開いても稼ぎにならないから、店が少ないとのこと。ここでも新行政の庶民いじめがあるようだ。

CIMG3220s-1CIMG3236s-1 CIMG3238s-1CIMG3239s-1 CIMG3241s-1CIMG3242s-1   パロルは決して安いものではない。30cmの小さいもので2000ペソ、70cm3000ペソ近くする。だから庶民はシーズンがおわると大事にとっておいて、来年もまた使う。また、毎年同じ大型のパロルを飾っているビルもある。

CIMG3440s-1 CIMG3235s-1

 クリスマスに欠かせないもう一つの飾りがクリスマスツリーだ。デパートやナショナルブックストアでは所狭しと飾り付けの材料を並べ、クリスマス気分をあおっている。

CIMG3209s-1 CIMG3212s-1

Leave a comment

Your email address will not be published.