現在、鋭意、旧ホームページの記事(豆辞典、気質、雑記帳、ニュース等)を新しいホームページ/ブログにアップロードしています。ご興味のある方は2008年8月以前のブログを参照ください。

ブログの改訂作業



CIMG6458
兼ねてから楽しみにしていたうなぎ専門店(うな吉)がオープンした。うわさを聞いてチャンスを狙っていたのだが、偏食のKIANはうなぎなど食べないので、KIANが食べられるメニューがあるかどうかが問題だった。今日、思い切ってカーネル一家を誘ってみたが、KIANを除いて皆、うなぎが大好きとのことでランチを取ることを決定した。場所はパソンタモ、マカティスクエア(リトル東京の隣)の裏側の駐車場に面している、かつて琴乃が営業していたところでカラオケ原宿のすぐ隣だ。 控えめな看板の前でご機嫌なKIAN うな吉のことは二ヶ月ほど前、統一選挙のとき、Fさんに誘われて樹海(テッペン)で食事を取った折、Fさんにうな吉のオーナーを紹介され楽しみにしていたものだ。うなぎの最近の高騰で大分遠ざかっていたものの、うなぎはやはり一番のごちそうだ。そこそこの値段で本格的うなぎを食べたいと願っていた。 店内は簡素だが十分な雰囲気をもっている ランチメニューを見るとうなぎが三種類、極上(1580ペソ)、上(980ペソ)、小(490ペソ)、それにKIANでも食べられそうな鳥から揚げ(380ペソ)もあった。私とカーネルに上、ジェーンとキムに小、それにKIANにはから揚げを注文した。しめて3000ペソ強、まあまあといったところだ。夜のメニューを見るとかなり料理の種類はかなり豊富で、KIANも十分楽しめそうだ。 これはランチメニューだが、夜のメニューはとても充実している やってきた料理を見ると付けあわせが豊富で、なかなかの見ごたえだ。小の方も女性なら十分なボリュームだ。しかし、問題はKIANのから揚げで、スパイスが効いていて、KIANには手を付けることができない。しかし、ご飯を汁に入れたり、しょうゆをかけて食べたりして、それなりに楽しんでいた。 うな重の上、うなぎは勿論だがサラダなどの付けあわせがおいしい 小も女子供には十分なボリュームだ 大人にはおいしいから揚げだがKIANの口にはあわなかった 料理を前にHappy Family そして帰り際、なんとPRAのカバンサッグGMに遭遇、日本通の彼は家族とうなぎを楽しみに来ていた。彼は、フィリピン観光省の代表として日本に駐在していて、娘さんは日本の中学を卒業したそうだ。 PRAのカバンサッグGMに遭遇(右端)

うなぎ専門店(うな吉)がマカティスクエアにオープン 2016年6月26日


CIMG6404
6月19日(日)の朝、ランチあるいはディナーのどっちがいいかとママ・ジェーンに聞かれた。怪訝な顔をすると、今日は父の日、だから皆で外で食事をするという。要は、父の日にちなんでご馳走しろということだ。ここのところ、KIAN以外とは、外で食事をする機会が無かったので、二つ返事でOKと返事をした。行き先は決まっていて、モール・オブ・エイシア(MOA)、そこでシャブシャブを食べることに決まっていたようだ。前日、パパ・カーネル、アティ・キム、それにKIANと4人でMOAにでかけて、目星を付けておいたらしい。 MOAの内部は、スケートリンクが移設され大改造中だが内部は人であふれていた。 行ってみるとシャブシャブと言っても、おなじみの天天火鍋と同じ台湾風のシャブシャブだ。マニラ湾面した2階にある店でいわば高級レストラン街の一角にある。早めに行ったので、店内はまばらだったが、出るころには席待ちの客がいるほどの盛況だった。店の名前はHealthy Shabu-Shabu、養生しゃぶしゃぶ鍋、明らかに中国系でシャブシャブの部分におかしな漢字をつかっている。 養生シャブシャブ鍋と銘をうった高級レストランでロックウエルにも支店があるそうだ メニューは肉の種類を牛肉、豚肉、鶏肉、マトン、和牛などから選んで、それにシーフードと野菜の盛り合わせを選ぶ。単品で注文も出来るが、8人あるいは4人セットを選ぶと、肉とシーフィードと野菜のセットが出てくる。もちろん和牛を選ぶと目が飛び出るような値段なので、一番安いローカルビーフを選んだ。 メニューは慣れないと何が出てくるのかわからないのでセットメニューを頼めば無難だ   4人前の牛肉セットを頼んで、3000ペソ弱。アイスティーがついてくるが、かなりの分量で、6人でも食べきれないほどだ。おじやも作ったが、手付かずのまま、かなりの分量をテイクアウトすることになった。特にシーフードと野菜が豊富で、満足度は100%。しかも、6人で3000ペソ弱であれば天天火鍋と大差ない値段だが、お店は高級感があふれ、大人数で食事をするにはもってこいだ。シャブシャブ鍋は小さめのものが一人一人についていて食べやすい。 特にシーフードと野菜がてんこ盛りだ KIANは、ことのほかご機嫌でママ・ジェーンや私にべたべただだった。KIANはシャブシャブといえば、イカボールとヌードルさえあれば十分。他のものには一切手を出さない。しかし、彼の狙いは他にもあった。食事も終盤になるとKIANはしきりに外に出たがる。要は遊びに行きたいのだ。パパ・カーネルとママ・ジェーンを店に残して、アティ・キムと外に出た。もちろん会計係の私は欠かせない。向かったのがタイムゾーン、毎週土曜日、ピアノのレッスンの前に楽しんでいるゲーセン・チェーンだが、さすがにMOAのタイムゾーンは人であふれ、機械の数も多い。        人であふれるタイムゾーンの内部 中は人であふれ、空いている機械を探すのは至難の技と躊躇されたが、KIANそしてアテ・キムまでもが興奮気味で留めることはもはや不可能だった。500ペソを使い切って小一時間ほどでたところで店を出たが、KIANは超ご機嫌。しかもKIANにはもう一つの狙いがあった。  KIANよりもアテ・キムのほうが興奮気味だ 前日、MOA内の自転車屋さんに立ち寄ったKIANは小さい時に遊んだスクーターを発見した。ただしこれは大人でも使える大型のものだ。KIANは、お店の人に値段を聞いて、また戻ってくるからと、ませたことを言って店を後にした。彼には私と一緒に来ればきっと買ってもらえると確信があったのだ。両親には決してダダをこねることはなく、私なら二つ返事であることを知っているのだ。値段(2250ペソ)を聞いて一安心、この程度であれば、一回の食事代にすぎない。 […]

父の日とシャブシャブ、そしてスクーター 2016年6月26日



CIMG6447
来る7月1日、第31回目のPRA創立記念パーティがフィリピン・インターナショナル・コンベンション・センター(PICC)で開催される。来週の金曜日という相変わらず急な知らせだが、場所はマニラ湾に面した、ココナツ・パレスやソフィテル(フィリピンプラザ)ホテルなどの隣、モール・オブ・エイシアにも近いのでわかりやすい。巨大な施設のファンクション・ホール1、2、3を借り切ってやるそうなので、今回は大勢の退職者の参加を期待しているようだ。ちなみに招待客はそれぞれ一名の同伴者を許可しているので配偶者や友人と一緒に参加できる。 式はPRAのスタッフやゲストの挨拶、PRA関係者や退職者の表彰、さらにスペシャル・ナンバーと称する歌や踊りなど相変わらずのプログラムだが、ディナーとはっきり書いてあるので、いつものように軽食でお茶を濁すつもりではないようだ。詳細は31st PRA Aniversary 20160622_0001 を参照。 第30回創立記念; PRA 創立30周年記念パーティ 2015年12月21日 第29回創立記念; 第29回PRA創立記念パーティ開催される 2014年7月13日 第26回創立記念: 第26回、PRA創立記念パーティ開催される 2011年7月23日

第31回PRA創立記念パ-ティのお知らせ 2016年6月22日


CIMG6341
先週の月曜のKIANのドンボスコ入学以来、私の重要な役目は毎日1130amにKIANを出迎えに行くことだ。ママ・ジェーンは妊娠5ヶ月で動きづらい、アテ・キムはジェーンや私のお手伝いで日中はマニラ中を飛び回っている。したがって私にお鉢が回ってきているのだが、朝、6時半の見送りはさすがに勘弁してもらっている(アテ・キムの役割)。朝一の用件が終わるころKIANの出迎えのため、PRAからの帰りしなにドンボスコに寄って連れて帰るという算段だ。さらに火曜と木曜は午後から公文に通っているので、ドンボスコの後サイカでランチをとり、そのまま公文にむかうというスケジュールだ。 農場から送ってきたパッションフルーツとグアバ、売り物はならない庶民のフルーツだ そして、今週の火曜14日に事件は起こった。朝一、タクシーが捕まらずPRAまで歩いた。現在ドライバーがいないので、たまにトライしている運動不足解消の一環だ。特にタクシーを待っている間(30分くらい)にPRAに到着してしまうので一石二鳥となる。さらにPRAの後は銀行に歩いて行き、その後、タクシーでドンボスコに直行した。サイカでKIANと二人きりの食事を摂り(含サンミゲル2本)、そして公文へ。そこそこハードなスケジュールだった。 同じくアヒルの卵、殻は汚いが、これがなんとも美味で毎朝生卵ご飯を楽しんでいる アヒルの卵の黄身、この黄身が見事で、茶色の部分は醤油で、まるで目玉のようだ。 3時ごろ家に戻って横になっていると、しばらくして、どうも腰が痛い。寝返りをしようとすると腰に響く。そして、その夜、ベッドに横たわったまま、体を動かすたびに腰に来るので、いささか憂鬱になった。只、幸いなのはベッドで静かに横たわっている限りは何の痛みも無いことだったが、年を取るといつ何時、こんな事態に陥るかもしれない。そうなると仕事どころではない、いよいよ現役引退、年貢の納め時と覚悟を決めた。そして、今のやりかけの仕事はどうするかなど、いろいろなことが頭をかけめぐった。 未熟のパパイヤ、これが消化や美白効果がすこぶるあり、バナナ、パイナップル、マンゴに続く4番目の南洋果物の王様だ ここ数年、すこぶる健康で、薬をとることも一切無く、持病の糖尿も食事に気をつける(炭水化物をなるべく摂らない)ことで押さえ込んでいる。そんな矢先、身に覚えのない天使のハンマーの一撃を食らってしまったのだ。これはどう見てもぎっくり腰に違いない。20代のころ、建設現場でぎっくり腰をやった経験があるが、そのときは、事務所まで戻るのに往生したものだ。それから数年の間、ガラスの腰をいたわる生活が続いた。そして今回、ベッドで横になっている間にぎっくり腰になるなんて、一体何なんだろう。これも老化現象の一環なのだろうか。パッションフルーツは農場の片隅に勝手に生えている蔓科の果物だが、3個で一ペソと見向きもされないフルーツで外見もいかにもみすぼらしい 翌朝(水曜)、恐る恐る起きてみると、腰が痛くて伸ばせない。痛みを我慢しながらゆっくり伸ばすと、その後は楽になる。しかし、また座って立とうとすると、また腰が伸ばせない。まるでへっぴり腰の老人そのものだ。これでは医者に行くしかないと算段している間に、意外と歩ける、さらに痛みも薄らいできて、症状が改善してきている。ならばしばらく様子を見よう、あえて痛み止めの薬は飲まないで、腰の状況を見守ろうという気になった。 その中身は、カリカリとした種の周りにすっぱいとろみの実がついていて、なんともいえぬ味だが健康によさそうな果物だ そして、木曜、いつものスケジュール(PRAとドンボスコ、サイカそして公文)をこなせる自信もでてきた。さらに金曜そして土曜、若干の腰の痛みも感じるが日常生活には支障がなくなってきている。我ながら驚くべき回復力(自然治癒力)だが、これぞ若さの維持(老化防止)、健康の秘訣だと実感した。高血圧、糖尿病、心臓病、脳溢血、癌を代表とする生活習慣病は自然治癒力(免疫)が不足して発症するというが、この自然治癒力は、唾液がたくさん出る、睡眠を十分とる、水分を十分取る、控えめの食事をとる、汗をたくさんかく、適切な排泄、適度なスポーツ、ストレス解消(運動と瞑想)、セックス等々、体の機能、日常の生活に由来するという。公文の開始時間まで時間があったので近くのPRAにKIANを連れて行った。受付の女の子とツーショットのKIAN、ちなみにこの子はPRAの看板娘だ    薬に頼るのはこの自然治癒力を阻害する原因でしかなく、薬無しの生活が一番だと、ある生理学者は説いている。薬は使用を誤ると毒にもなる危険な存在だそう で、肝臓や腎臓などに負担をかけ、自然治癒力を阻害するそうだ。特に、高血圧や糖尿病等で定期的に薬を飲み続けることは、その副作用で自然治癒力を阻害す る元凶だと忠告している。 […]

天使のハンマーの一撃 2016年6月18日



CIMG6308 2
6月6日、いよいよ、KIANが小学校に入学するときがやってきた。ちょっと前まで赤ちゃんだったのに、それが小学校に入学するというのだから、時の立つのは早いもので、私が歳を取るのも無理ないことだ。 ドンボスコ、正式にはDON BOSCO TECHNICAL INSTITUTE(DON BOSCO Makati)と称し、Saint John Boscoが1954年に開設した、ラサール、サンアガスティンなどと並んでフィリピン有数のカソリック系の名門校だ。ちなみに、日本のラサール、ドンボスコなどと根っこはいっしょだ。幼稚園、小学校、ハイスクール、さらに電気、機械の専門学校も併設し、5000人の生徒を有し、教職員は400人に上るマンモス校でもある。ちなみにドンボスコは男子校で女子はいない、ただしオカマは10~20%程度いるので、注意が必要だそうだ。ちなみに学費は年間89000ペソと20万円強だ。パソンタモ通りに面した入り口を飾る表札 通学初日、早朝6:45、KIANの雄姿 まさにぴかぴかの一年生だ 当然のことながらママ・ジェーンとアテ・キムが同行する。パパ・カーネルは次期大統領、ドテルテ・ダバオ市長の表敬訪問でダバオに出張して留守。彼は、かつてダバオ警察署長を務めていたのでドテルテ市長とは面識があるそうだ。 一クラス約40人は理想的な人数だ。KIANは中央列の最後尾 ルンルンわくわくで先生の話に聞き入るKIAN 外観からは想像できない広大なサッカー場 これまた広大な体育館はバスケットコートが4面もある […]

KIANが名門ドンボスコ・スクールに入学 2016年6月10日


CIMG6277
KIANがピアノのレッスンを開始したのが、2015年1月、したがって、はや1.5年が経過した。週一回のレッスンはほとんど欠かさなかったものの、家で練習することなどほとんどないので、その上達は、ほとんどなしといっても過言ではなかった。そのKIANが発表会に参加するというのだ。そこで早速、弾いてみなと促すと、そらで2~3曲弾いて見せてくれた。もちろん、ABCDEFGなどの定番ものだが指使いも様になっている。苦節一年半、ここまで来れば演奏が楽しくなって急速に上達するだろう。まさに根気以外の何ものでもないということだ(ただし私の根気)。毎週土曜日、サイカで食事をとり、タイムゾーンで遊ばせて、おまけにレゴのおもちゃを買ってやるというニンジンにりんご、それにトマトまでぶら下げて興味を持たせるという気遣いは不要になったようだ。これで、大枚をはたいたキーボードの投資もいよいよ役に立つときがやってきた。 ピアノ教室(EUPHONY MUSIC CENTER)の入り口。マカティスクエアの中2階の右奥にある。 発表会の開始前に撮影   この日は60人ほどの生徒が演奏を行うことになっていた。午後一時開始なので、夕方までかかりそうだ。KIANは5番目だったので、早めに終わりそうで、KIANの出演が終わったらさっさと帰るつもりだった。はじまってからわかったのだが、要は、KIANは60人中下から5番目という技量だっただけなのだ。発表会まで約一時間待たされたがKIANはNO.5の札の指定席に座っておとなしく開演を待った。心細いだろうとアティ・キムが傍に行くと、”Stay away”と追い返されてしまったそうで、KIANはやんちゃではちゃめちゃだが、決められたルールは守るという意識が強いようだ。昨日もドンボスコの入学説明会にママ・ジェーンと出席した折、一時間以上の説明会もしっかりと集中して聞いており、説明の内容もしっかり把握していたそうだ。幼稚園のKid Schoolに2年間通っている間にしつけられたらしい。 これから始まる発表会に期待に胸を弾ませていたに違いない いよいよ本番。2曲演奏して、途中間違えたりもしたが、終わったら大拍手、本人も得意げに”Am I good”と繰り返し聞いていた。もちろん答えは”Very good”だ。ここで否定的なことを言ったら、KIANは二度と鍵盤の前には座らないだろうが、一方のKIANはあがることもなく、終始ご機嫌だった。こんなことを言ってはKIANに失礼だが、「豚もおだてりゃ木に登る」という格言を忘れてはいけない。 いよいよ本番、KIANは堂々とピアノを演奏した […]

KIANのピアノ発表会 2016年6月5日



CIMG6238
長い夏休みが終わり、いよいよKIANが小学校へ通うときがやってきた(フィリピンは3月から夏休みに入り、6月から新学期がはじまる)。毎日、朝の9時過ぎまで寝ていたKIANにとっては、朝の7時に始まるという授業に慣れるのは容易ではないだろう。昼から始まる午後の部を選択することもできたが、それでは時間にだらしない子供に育ってしまうと考えて、あえて午前の部を選択した。フィリピンでは子供の数は無限ともいえる状況なので、KIANが通う名門ドンボスコ・スクールでさえも二部制なのだ。 アティ・キム(中央)の20歳の誕生日はパパ・カーネルがパンシット・ビーフン(右手前)を料理した KIANをめぐって最近、一つ問題がある。それは、KIANは毎晩私の部屋で過ごして、寝る時間(10時ごろ)、両親に呼ばれると、いやいやながらという雰囲気で降りていくのだ。これにたいしてママ・ジェーンはなぜ、ママに傍で過ごさないのかと苦言を呈す。KIANはダダ(私)の傍にいるとリラックスできるのだと反論し、口論が始まる。また、私が夜出かけたときなど心配していつまでも寝ないので、ママ・ジェーンがヒステリックな声で寝るように命令する。そんな状態だから、KIANはママ・ジェーンと過ごすのがいやで、私の部屋で過ごしたがる。まさに悪循環だが、こんなに愛しているのになぜKIANは私から遠ざかりたがるかと、彼女には理解できないし納得もできない。彼女に反発するのはKIANだけで、他の子供達(KIANのいとこ達)にとってママ・ジェーンの指示は絶対で、反発などありえないので、ジェーンは戸惑う。KIANが強気なのは、私の後ろ盾があるからであることは論を待たない。 私のベッドの上にジャンプするKIAN、手にしているのは英語読本 KIANは私の部屋でタブレットでユーチューブやゲームで遊ぶか、テレビを見ているかで、私は、逆に日本のテレビを見るか、タブレットでヤフー・ニュースなどを見て、KIANの過ごしたいように過ごさせている。たまに日本食材店で買ってきた「柿の種」を食べさせているが、KIANはことのほか日本のせんべえ菓子が大好きだ。そんな時間が双方にとって、とてもリラックスできるのだが、わがままなKIANは私にアイス・ウオーターをもってこい、時には日本のラーメンを作れと命令する。そんな時、私はせっせとKIANの言うことを聞いていやるのだが、この家で私にこんなけしからんことをリクエストできるのはKIANしかいない。  なにやらスマートフォンを一所懸命写し取るKIAN ママ・ジェーンはKIANを叱るのは、しつけと思っているが、私にとってはいじめに映る。たとえば、スリッパをはかないで家の中を歩くと、時にはピンタが飛ぶ。そうするとKIANはママにたたかれたと泣きながら私にしがみついてくる。私は、よしよしと抱きしめてやるだけだ。そうなるとママ・ジェーンはそれ以上、手を出せず、私は常にKIANの味方で避難港(HAVEN)なのだ。だから、KIANは私の傍にいると100%の安心感を抱いているに違いない。一方、ママ・ジェーンの傍にいると、罵声とピンタがいつ飛んでくるかわからず、心の休まる時は、寝ているとき以外にはないと感じているようだ。 ピアノを弾くことがなんとなく様になってきたKIAN KIANが、まだ2歳にもならないころ、近所のスーパーマーケットで私はKIANを見失ってしまった。いつも活発なKIANは吊るされた売り物の服の間をかくれんぼのように走り回っているうちに、どこにいるのかわからなくなってしまった。しばらくして大声で泣きじゃくるKIANを抱いて店員が店の中を歩き回っていた。たった数分のことだが、私とKIANはパニックとなってお互いを捜していたのだ。子供が泣いて大声を出すのは危険信号であり、周囲の人が状況を理解して救助する。親もその泣き声を頼りに子供を捜す、子供の本能ともいえるものだ。それをくだらぬことで張ったおして、泣きじゃくるとさらに罵声をあびせるなんてもってのほかだ。子供が危機に瀕したときに、追い討ちをかけるように罵声を浴びせる大人を誰が信頼できるだろうか。息子の誕生日は手作りケーキを楽しむ 親・家族は子供に対して、雨風、日差し、外界の危険を防ぐ24時間営業のシェルターなのだと、ちかごろ私は思う(固定された建築物に限らず家族と一緒にいること自体がシェルターの中にいるということ)。シェルターの中で子供は安全と安心に守られて成長していく。シェルターの中では、人同士の交流や社会生活を送っていく上でのルールを学んでいくが、それをしつけと呼ぶ。しかし、どうも世の親はしつけを勘違いしているような気がする。自分の思い通りにならないと、しつけと称してわが子をいじめる姿は、それは苛立ちを子供にぶつけているようにしか見えない。 良いこと悪いことなどは大人がかってに決めたことだから、それを子供が区別できないのは当たり前で、時間をかけて学ばせていくことが肝心だ。それを罵声とピンタで強制するのは親の身勝手であり、手抜きでしかない。それに、子供はいつも親を見ているので手本さえ示せば、自然に学んでくれるものなのだ。 画面の文字を読みながらカラオケを楽しむKIAN 親・家族のシェルターは子供のとって唯一のよりどころであって、生きていくための必須条件だ。このシェルターから子供追放することは、子供に対する死刑宣告とも言える。そんな事件が最近、北海道で起こった。ほんのしばらくといえども、子供を山中に置き去りにするなどいうことは、親の意図を押し計ることができない子供にとっては、まさに死刑宣告だ。この6日間、子供は地獄をさまよう囚人のような思いがしただろう。シェルターの中で親の加護の中で叱られるのは我慢できてもシェルターから追放されるという行為は、子供にとって生涯拭い去ることができない重い傷を心に残すだろう。この事件こそ、世の親への教訓あるいはしつけとなったに違いない。 私のタブレットを独り占めにしてユーチューブを楽しむKIAN 明日からドンボスコへ通うKIANにとっては初めてシェルターの外の体験となる。当面、送り迎えは欠かせないが、ドア・ツー・ドアの幼稚園のそれとはちょっと様相が異なる。そこで私はKIANが学校へ行っている間、携帯を持たせて、親と連絡がとれるようにと、たまたま予備としてもっていたガラパゴス携帯をあたえた。ガラパゴス携帯なら学校でゲームに夢中になることもあるまいと考えたのだが、学校では生徒に携帯の所持を禁止しており、目論見は外れた。学校は携帯の生徒に与える悪い面を危惧しているのだろうが、身の安全に関する配慮は忘れているようだ。ちなみにドンボスコはサイカとピアノ教室のあるマカティスクエアの近くにあり、KIANにとっては通いなれた場所なので、一年もすれば自力でもどってくることは出来るであろうが。 […]

家族の役割=シェルターがなかったら? 2016年6月5日


CIMG6180
5月9日の統一選(大統領選)は、事前の支持率調査の通り、ドテルテ候補(現ダバオ市長)の圧倒的勝利に終わった。それから2週間、新聞(マニラ新聞)では、毎日、ドテルテ新大統領に対する期待の記事が掲載され、選挙前の批判、懸念の記事はほとんどない。巷の人々も、国民が民主的に選んだ大統領ということで、まずは期待の目で見守ろうといういう声が多く、国民そして政財界が新大統領を受け入れた格好だ。 高らかに勝利宣言をするドテルテ候補 一方、副大統領は現政権の信任を得たロブレド候補(現下院議員)が僅差でリードしているが、対立候補のマルコス候補(現上院議員)は選挙集計に不正が行われたとして、追求の構えを崩さず、泥仕合の様相を呈している。しかし、悪あがきといった見方が一般的だ。 その他着目すべきは、上院議員選挙ではボクシング界の英雄、パクヤオ候補(現下院議員)が12名の改選に対して第7位で当選を確定した。一方、ビナイ副大統領(今回の大統領選で敗北)の次女のアビー・ビナイがマカティ市長に当選したが、それを不服とするベニャ候補(現市長)を支持する市職員が選挙に不正が行われたとして職場を放棄するなどの混乱が生じている。さらにフィリピンで初めてとなるトランスジェンダー(オカマ)のジェラルディン・ロマンがルソン島バタアン州から立候補し下院議員に当選した。 以下は投票日以降のマニラ新聞の一面の見出しだ。 5月10日(火):新大統領にドテルテ氏ー比国民、変革に期待 5月11日(水):連邦制移行に意欲、会見へ制憲議会立ち上げも(ドテルテ市長)、会見で敗北宣言(ロハス、ポー両氏)ードテルテ市長を祝福 5月12日(木):円滑な交代を約束(アキノ大統領)、米中両国が期待感、マルコス氏が不正疑惑指摘ー中央選管は反発 5月13日(金):治安向上と発展で支持拡大ー真の分権実現に夢託す(ダバオ市民が語るドテルテ氏)、ドテルテ氏当確を歓迎ー専従民族と欧州連合が声明 5月14日(土):大統領選を振り返って、異端の指導者を押し上げた30年の怠慢(解説) 5月15日(日):休刊日 5月16日(月):犯罪者は命を失う、撲滅に決意を再表明(ドテルテ氏)、選挙プログラム修正に物議(マルコス副大統領候補) 5月17日(火):死刑復活を表明(ドテルテ市長)、ドテルテ市長と会談(日本大使)-事実上の当選を祝意、悪徳警官をあぶり出しー国家警察が内部捜査開始ードテルテ氏発言を受け 5月18日(水):ドテルテ氏の豪腕に期待(日本商工会議所藤井副会頭) 5月19日(木):差別乗り越え下院で当選ー比初のトランスジェンダー議員、オバマ米大統領が祝意表明ードテルテ氏と電話会談 […]

統一選(大統領選)のその後ードテルテ効果 2016年5月22日



CIMG6127
5月9日行われた統一選挙の投票は、即日開票が行われ、夜のテレビでは早くもドテルテ候補の大統領当選確実との報が流れていた。開票結果の途中経過では、事前の支持率調査と全く同じで、ドテルテ候補は圧倒的な優勢を誇り、いよいよドテルテ大統領が実現することになった。一方、アキノ路線を踏襲するロハス候補とポー候補は、アキノ大統領が投票直前に候補者を一本化するよう働きかけたとおり、二人を合わせれば、ドテルテを辛うじて上回る票となっている。しかし、政財界はダーティハリーを標榜するドテルテ候補に大統領としての資格があるのか、疑問ないし反発しているので、このまますんなり政権交代が実現するかどうかは予断を許さない。 開票結果を速報するABS-CBNのキャスター 事前の支持率調査に比べて、ビナイ候補の票がドテルテ候補に流れているようだ(午後10時の集計) 約40%の票を集めて独走するドテルテ候補 事前の調査どおり20%強の票を集めているロハス候補 やはり20%強の票を集めたが選挙戦開幕当時の勢いは復活しなかったポー候補 選挙戦終盤、失速して15%弱の得票率にとどまっているビナイ候補 予測どおり一桁の得票率に終わったサンチャゴ候補 翌、10日、順調に票をのばし、支持者に囲まれながら、高らかに勝利宣言を行うドテルテ候補 一方、副大統領はマルコス候補と与党公認のロブレド候補の一騎打ちとなっている。9日夜の時点ではマルコス候補が僅差で首位となっていたが、10日の朝では同じく僅差でロブレド候補が首位に立っていた。副大統領選は最後まで予断を許さない状況だ。政界の異端児のドテルテ候補については、現政権も懸念を示し、ドテルテ降ろしののろしを 上げている。しかし、ボンボン・マルコスが副大統領に地位にあったのでは、かつてアロヨ大統領がそうであったように、ドテルテ降ろしは、返って宿敵マルコ ス政権の復活の手助けをしてしまうことになりかねない(アロヨ副大統領は、2001年、エストラーダ大統領をエドサ革命2で大統領の座から引きずり降ろ し、自らが大統領に就任し、以降、2010年、ノイノイ・アキノが政権につくまで、腐敗政治を続けた)。その点、現政権よりのロブレド候補が副大統領になれば、ドテ ルテ失脚というシナリオにおける切り札に使うことができて、大統領選の行方以上に重要な役割を担うことになる。 上位二人マルコスとロブレドは僅差で争っている […]

ドテルテが新大統領に当選 2016年5月10日


CIMG6074
昨日まで、街頭そしてテレビで熱戦を繰り広げていた統一選(正副大統領、上院、下院、正副知事、州議、正副市長、市議、正副町長、町議、合計約1万8千議席)が、いよいよ投票日を迎えた。この日のために多くの有権者(18歳以上)は投票をするために田舎に帰り、投票率は70%を優に越えるそうだ。フィリピンでは、その地に6ヶ月以上住んでいないと投票権がないためだが(ちなみに候補者は10年)、投票日はマニラが空っぽになる。投票の結果は締め切りから24時間、11日の朝に判明するとのことだ。 選挙の宣伝カーは意外と少なく、党派ごとの演説集会とポスターが選挙運動の主体だ ここのところ暑い日が続いているので、サリサリは選挙ポスターを日よけに使っている 投票までの手続きはこうだ。①選挙権を満足する証明を提出して事前に登録する ②自分の整理番号を掲示板から探す ③受付で整理番号とIDを示して本人確認を行い投票用紙をもらう ④投票用紙に目当ての候補者に印を付ける ⑤投票用紙を機械で読み取ってもらう ⑥プリントされた投票の記録をもらって再度投票箱に提出する ⑦ 投票終了のマークを手に記してもらい二重投票を防止する 投票所に掲げられた投票の手順(タガログ語なので私には意味がわからないが) 掲示板のリストから自分の名前を見つけ、番号を確認する(日本のように投票のための通知は来ない) 番号を確かめ投票用紙を受け取る 統一選のため、大統領以外にも大量の候補者の名前に印を付けなければならない 投票用紙を自動的に読み取る機械(人の手を介さないので不正は起きようがない、ような気もするが蛇の道はへびらしい) 選挙となると熱くなり、暴力沙汰がおこることもしばしばで、前日からアルコールの販売や、店でアルコールを提供することは禁じられている。いわゆるアルコール・バンだ。しかし、外国人は大目に見られているようで、日本レストランではアルコールを提供しており、逆に多くの日本人以外の客もたくさん訪れていた。 コンビニ入り口のアルコール販売の禁止を告げる張り紙 コンビニの張り出しによると、アルコールの販売禁止は、5月8日12:00amから5月9日11:59pmとなっている。この場合、私には、8日の昼から9日の夜中までの一日半、販売禁止と読める。一方、マニラ新聞には8日の午前0時から10日の午前0時まで丸々2日間の販売禁止となっており、これが正解だ。フィリピンでは0時という表記をしないので、12:00amは午前0時の夜中のことで、12;00pmは逆に午後0時の昼間をさすのだ。だから気をつけないと深夜と昼を取り違えてしまう。いっそ、24時間表記を広めたらこんな混乱はなくなると思うが、フライトが1500や2300などと書いてあると、ほとんどフィリピン人は一体何時なのか理解できない。 コンビニのアルコール売り場は覆いをかぶせている 普段は渋滞がひどい月曜、早朝のパソンタモ通りに車の陰はほとんどない 私の住んでいるサンアントニオ・ビレッジにはビナイ大統領候補(現副大統領)が住んでいる。投票所のちょっと先には別の投票所(双子の片割れアリアの通う学校)があり、そっちを覗いてみた。投票所(学校)の至近距離にはビナイ候補の邸宅があり、ひょっとしたらビナイ候補の投票にでくわすかも知れないという魂胆だ。 […]

統一選(大統領選)がいよいよ投票日を迎えた 2016年5月9日