チト・アランの5人目の子供の洗礼式 2016年2月11日


こともあろうに1月1日、チト・アラン(マム・ジェーン一家の次兄)の5人目の子供(アリヤナ)の洗礼式(バプティスマル)が執り行われた(ちなみに赤ん坊の母親は3人目だ)。といっても、いわゆる集団洗礼式で、午前中、近所の教会(サンアントニオ教会)で、数十人の子供が参加して、一辺に済ませるものだ。一般庶民はこれが普通で、5年前のKIANの洗礼式は教会とレストランを貸切でやったが、これは特別だ。

息子は、ニノン(後見人)になるよう依頼され、式に出席した。ニノンになると、人生の節目節目で面倒を見る必要がある。したがってかのマルコスは数万人のニノンになったそうだ。

式のあと、両親双方の姻戚が集まって、披露宴が農場で行われた。当方は、当日までそのことを知らなかったが、母親は近所の農家の出で、13人兄弟だそうで、かなりの数の来客となった。CIMG4627s-2s-2

DSC_3736s-2s-2 DSC_3745s-2s-2 DSC_3780s-2s-2 DSC_3793s-2s-2

この日の披露宴の主役は、アリヤナ。KIANは案外おとなしく見守っていた。

DSC_3812s-2s-2

CIMG4633s-2s-2

CIMG4636s-2s-2

食事の後は子供達をプールに招待。大人たちは酒盛りだ。CIMG4643s-2s-2 CIMG4645s-2s-2

この日は残念ながらマヨンを拝むことは出来なかった。CIMG4671s-2s-2

以前、農場で暮らしていて私がお世話になった デビナも結婚して一児の母になっていた。2週間後にやはりサンアントニオ教会で洗礼式を行ったそうだ。息子とも親しかったのでお決まりのニノンの依頼があり、今後、一生の面倒を約束させられたようだ。    CIMG4274s-2s-2

Leave a comment

Your email address will not be published.