PRA共催マニラベイ・クルーズに参加 2016年3月16日


先日、PRAのサービス課のピット課長が話をしたいというので、何かと思ったら、Admiral Baysuitesというコンドミニアムと協賛でマニラベイ・クルーズという催し物があるので参加しないかということだった。条件としては退職者を招待することだった。コンドミニアムの販売促進のためのキャンペーンだが、マニラベイを船で遊覧しながら食事をとるというなかなか興味をそそられる催しもなので、二つ返事でOKをした。早速、子供は連れて行っても良いかと尋ねたら、NOとの返事。実は、今週から夏休みにはいったKIANを連れて行きたかったのだが、コンドの販促にはそぐわないようだ。

早速、ビザの発行を待っている方と、もう一人コンドの購入に興味を持っていそうな退職者に声をかけたら、是非という答えが返ってきた。そのほか、数人の興味を持ちそうな母子がいるのだが、子供はNOということなので、割愛した。結局、息子を含めて4人で参加することになった。  マニラクルーズの案内_20160310_0001

まず、はじめはコンドミニアムの見物。キリノ通りとロハス大通りの角の近く、Admiral Baysuitesという高級コンドミニアムだ。プール、ジム、カラオケルーム、映画館、マージャンルーム、子供の遊技場、ファンクションルームなどなど、アニメティはすばらしいの一言につきる。マニラ湾、ヨットハーバーなどを望む景色もすばらしい。ただ、すでに完成して入居もしているであろうが、人気がないのが気になった。

部屋はクルーズが終わってから観たのだが、天井の高さ、設備の仕様など、まさに高級コンドミニアムの名にふさわしいもので、価格もまさに高級だった。ちなみにスツジオタイプ(33m2)が5.7Mペソ、1ベッドルーム(59m2)が10.7Mペソ、2ベッドルーム(100m2)が17.3M、おおむね17万ペソ/m2の単価は、相場の上限だろう。ちなみに、マカティの安めの新築コンドが10万ペソ/m2程度だが、施設、設備、仕様などは雲泥の差がある。しかし、庶民にはとても手が出ないし、投資家も躊躇するところだろう。一方、富裕階層の興味はBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)に移っており、ちょっとマーケット戦略を間違っていたのではないかというのが正直な感想だ。

CIMG5291

プールもなかなかの仕様で、高級感があふれている

CIMG5293

プールから景色は絶景だ

CIMG5299

子供の遊技場もこっている

CIMG5300

ファンクションルームも高級ホテル並だ

コンドの見物の後はいよいよ、ココナッツパレスの近くのサンクルーズ・ターミナルから乗船だ。ここからはコレヒドール島に向かう船が出ているところで、何度か来たことがある。

CIMG5307

ターミナルの駐車場にはなんとフェラーリのオープンカーが止まっていた

CIMG5314

ターミナルから眺めたヨットハーバーと、その向こうにそびえているのが先ほど見学したAdmiral Baysuitesコンドだ

CIMG5326

船のサイズはいまいちだったが、乗船客は30人程度で、デッキのテーブルには心地よい風が吹いていた

CIMG5337

デッキの後部ではプロ歌手のエンターテイメント付だ

CIMG5351

デッキで談笑するPRA職員(右がピット課長)とコンドのエージェント(左)

CIMG5332

ヨットハーバーには一億円を優に超えるであろうヨットが並ぶ

CIMG5341

マニラ港に立ち寄ってた某国の海軍の船

CIMG5349

マニラ湾から眺めたマニラの街にも高層ビルが建ち並んでいる

CIMG5335

写真番号をクリックしてマニラ市街の眺望を動画で見てください

CIMG5345

エンターテイメントシティ(City of DreamやSolaireなどのカジノのあるところ)に建設中の巨大な建物、これもきっとカジノだろう。いずれ近いうちにこの地域は、ラスベガスやマカオと並ぶ一大娯楽地帯になるだろう

CIMG5346

いよいよ、日が暮れ始めた。バターン半島の太陽が隠れ始めたが有名なマニラ湾の夕日は現れなかった

CIMG5356

南国の夕暮れ時は短くてあっという間に暗くなる。その間15分くらい、早くもエンターテイメントシティのカジノSolaireが夜空に浮かぶ CIMG5363

最後はきねんさつえい。2時間の遊覧にみな、満足げだ

Leave a comment

Your email address will not be published.