KIAN3度目のオーシャンパーク訪問 2013年10月13日


先日、件の家族を大使館に行ったおりにロハスブルバードを案内して、オーシャンパークの前を通り、ふと、思い出した。前にKIANを連れて行ってから1年半も経っている、3才半になったKIANの反応も多いに異なっているだろうと。オーシャンパークは休日に行ったら混んでいてどうしようもない。そして翌日午後が空いていたので、早速KIANを連れて行くことにした。ビザの取得に来られていたご家族に声をかけたら、二つ返事で「YES」の答えが返ってきた。

台風が近づいていたのでちょっと雨模様だったがなんとか我慢してもらった。チケット売り場を見ると、アトラクションの組み合わせで値段が違ってわかりにくい。要はセットで買えば別々にチケットを買うより半額程度に値引きされるらしい。その内容を見ていると、すぐに画面が切り替わってしまい、内容が把握できない。なんという意地悪な、ばかげたことをするのかと、腹を立てていたら、何のことはない、テーブルにパンフレットが置いてあった。子供も大人も一人550ペソ、2年前より50ペソ値上がりしていた。 CIMG0277s-4   入り口の熱帯のアマゾンを模した雰囲気にしばし感激。ジャングル特有の根っこは一種のつる草の根で、意外と簡単に作れる。この日は平日なのにそこそこの団体客が入っている。きっと地方のハイスクールの課外授業なのだろう。CIMG0278s-4

CIMG0282s-4

水中の通路がここの売りだが、魚たちが泳ぐ様をしたから眺めて、あきらかに異なる反応をKIANは示していた。

CIMG0295s-4

車となれば目がないKIAN。展示されたジープニーに早速飛び乗って運転手の気分だ。

CIMG0302s-4

そのあと事件は起こった。クラゲ館に向かう途中でジェーンがコーヒーを注文し、子供達にドーナッツを買ってやった。ところがクラゲ館では飲食禁止だ。ジェーンは外で待っていることになったが、もたもとしているうちにKIANがポテトコーナーの店を見つけて、フレンチフライが食べたいとダダをこね始めたのだ。

CIMG0310s-4

しかし、クラゲ館では飲食禁止だから買ってやるわけにもいかない。強引にクラゲ館に入ったもののKIANの号泣はやまない。結局、クラゲ館をさっさと引き上げてフレンチフライを買うはめになってしまった。クラゲ館を過ぎて、アシカショーになれば自由に飲んだり食べたりできるのに、こんなところでコーヒーブレイクを取るからこんな羽目になると、腹が立つこと仕切りだ。CIMG0308s-4

CIMG0311s-4

レンチフライを手にして機嫌を取り戻したKIAN。きっと、水族館で走り回ってよほど腹が減っていたのだろう。

アシカ・ショーが行われる場所は屋根があるもののかなり吹き込んでくる。幸い小雨だったが、人々は後ろに座ったので、前席が空いていた。

CIMG0313s-4CIMG0322s-4

人間の仕草を真似て動くアシカ(See Lion)KIANの喜びようは尋常ではなかった。両手で拍手して、体全部で喜ぶ。KIANの年頃にとっては、動物が人間的な動きをすることに多いに興味があるようだ。まるで漫画映画の世界が現実となっているように思えるのだろう。何しろデズニーの漫画映画は動物を擬人化したものがほとんどだから、KIANにとっては動物が人間のような動作をするのは当然のことなのだろう。

KIANが喜ぶのは大いに結構なことなのだが、私にとっては、このような芸を動物にさせることは、まさに動物虐待以外の何ものでもないという印象が先にたって、喜んで見ている気にはなれない。このときの私のカメラはもっぱらKIANを向き続けていた。このあと、ノースパーク(中華料理)で食事をとった後、噴水ショーを見る予定だったが、かなりの雨となり、帰宅することになった。

KIANのオーシャンパークの印象はかなり強烈だったようで、翌日になっても「今度はいつオーシャンパークに行くのか」と、オーシャンパークのことが頭を離れないようだった。ならば、次回はスービックのオーシャン・アドベンチャーとズービックに連れて行ってやろうと心に決めた。

Leave a comment

Your email address will not be published.