2011年1月11日はFive One 2011年1月15日


                 この日は記念すべき15個続くFive Oneの日だ。今年は111日がFive One1111日はSix Oneで、縁起を担ぐイベントが行なわれる結婚式場など今から予約で満員だそうだ。このFive One111日は奇しくも不肖私の6?回目の誕生日なのだ。こんな日は私の生涯にとっても初めで最後の日だ。

 かといって特に何事も なかったのだが、周囲の人とインド料理を食べに行った。カシミールという声もあったが、高いので、グリーンベルトのニュー・ボンバイに大人5人、子供一 人、赤ちゃん一人で出かけた。メニューは粗末で写真に取る気になれなかったが、カシミールと同じような料理で値段は大体半分だ。味はそん色ない。ちなみに ニューボンバイはグリーンベルト3、ニューワールド沿いのエスペランサ通り、日本料理「杉」の並びにある。

CIMG5824s-1

マトンとチキンのカレー、インド風チャーハン、タンドリチキン、プレインヨーグルト、チッキンテッカ(何度も念を押したのに持ってきてくれなかった が)、バターナン、その他ドリンクで、しめて5人で2000ペソ強。そんなに安くは無いが中レベルの値段だ。前回カシミールで味をしめたヨーグルトを2皿 も注文したが、私以外は誰も手をつけてもらえなかった。

CIMG5838s-1 CIMG5836s-1 CIMG5834s-1 CIMG5833s-1 CIMG5831s-1

 8時を回るころには客も増え、白人、アラブ人、インド人、それに黒人といろいろな人種で一杯だった。もちろんフィリピン人や中国人、それに我々日本人もい たわけだが、実に国際色豊かな店だ。インドカレーではキアンは食事に参加させてもらえなかったが、外へ出るのが好きなキアンは周囲の雰囲気に終始ご機嫌 だった。

CIMG5877s-1 CIMG5867s-1

食事の後はグリーンベルトを散歩した。特に最近オープンしたグリーンベルト5を歩いたが、欧米系の客が多いのに驚いた。ほとんどの店が庭園に向ってオープ ンカフェ形式の席を設けており、ヨーロッパの雰囲気を醸し出している。同行した日本からのお客さんは、初めてここに来てみて、ここがフィリピンとは信じら れないと驚いていた。幸い、クリスマスのイルミネーションもそのままで別世界をかいまみた気分だった。

CIMG5861s-1 CIMG5859s-1 CIMG5856s-1 CIMG5854s-1 CIMG5851s-1

Leave a comment

Your email address will not be published.