フィリピン生活 郵便


 長年の退職者との書類のやりとりの経験から、結論としてフィリピンでは普通郵便を使うべきではない。届くか届かないか、あるいはいつ届くかは神頼みだ。日本から雑誌や新聞を送ると月単位の時間がかかる。もしお札などを忍ばせて置いたら、郵便物そのものまでなくなること必須だ。そこでもっぱら利用するのは日本―フィリピン間であればEMS(国際スピード郵便)、フィリピン国内であればLBCだ。これらはパソコンや手荷物も扱うので大変便利だ。

EMSでは3~4日程度で届く。もちろん地方に住んでいる場合は、もう少々時間がかかるだろう。パスポートなど大事なものも安全に送ることができる上、お金を忍ばせておいても決してなくならない。フィリピンへ少額のお金を送る場合、送金料が数千円するため、現実的ではない。その点、EMSならお札でさえあればわからないので大変便利だ。パスポート程度のもので800ペソ程度かかるので決して安い送料ではない。EMSの場合でも手荷物の場合は郵便局に受け取りに行かねばならないが、代理人に頼む場合は通知書にサインして、IDカードを持たせる必要がある。

CIMG9586s

EMSの封書

 

LBCはフィリピン国内の宅配便の大手だ。街のあちらこちらに大きな赤いLBCの文字が目立つ。LBCは全国翌日配達を標榜しており、日本人の感覚で物事が進む。パスポート程度であれば120ペソ程度で送れるが、重要なものは保険をかけさせられるので倍程度の金額になる。LBCではお金は現金書留として別途に送らなければならない。お金を入れておくと巧妙に抜き取れてしまうことがあり、しかもお金はいれいけないことになっているので文句を言えない。

CIMG9588s

LBCの大きな赤い看板はすぐにわかる

CIMG9585s

LBCの封書

Leave a comment

Your email address will not be published.