退職ビザの発行が遅れています 2011年9月24日


NBIクリアランス(フィリピンの無犯罪証明書)の発行の混乱は前にも報告したが、現在はNBIの本庁で集中的に扱っており、その混雑と発行にかかる時間 は尋常ではない。以前はPRAに出張所があって、退職者の利便に供していたが、現在は、そのような特別扱いはなく、フィリピン人と一緒に申請をしなければ ならない。申請に2~3日、発行に2~3週間かかるとあっては、それに耐えられる外国の退職者はいない。PRAはその状況に手をこまねいているだけだが、退職者のビザ申請をアシストしているマーケッターの組合がNBIのトップと、優先的に取り扱ってもらえるよう交渉中だ。

CIMG6334s-1CIMG6335s-1

 しかし、鈴木、佐藤、田中、中村、小林などありふれた名前の方は、同姓同名の犯罪者が存在する可能性が強く、その場合、さらに余計な手続きと時間がかか る。したがって県警の発行する無犯罪証明書を日本で外務省とフィリピン大使館で認証して、NBIクリアランスを不要とするのが得策だ。

さらに、9月19日から、従来の認定銀行で発行する定期預金証書でビザを申請することができなくなり、すべてのドル預金はDBPへ一本化された。突然の ことで戸惑ったが、そこで浮上した問題が、DBP(Development Bank of the Philippines)による預金証書の発行に入金から1週間~2週間もかかることだ。ビザ申請の際、PRAにはDBPへの送金書を提出するだ けだが、PRAはDBPから預金証書が発行されるまで、ビザの手続きを開始できない。だから、PRAから書類が入管へ回るまで1週間以上かかってしまうこ とになる。従来、申請から2週間でビザの発行がなされていたが、このおかげでビザ発行に3週間以上かかってしまっているのだ。

例えば、Kさんの場合、申請が9月2日、書類が入管へ回ったのが9月9日、入管内部でのビザの承認は15日に下りたものの、そのおかげで9月13日まで の短期ビザが切れてしまった。その延長に1日、結局ビザが出たのが、9月23日と、丁度3週間目の発行となってしまった。一方Yさんは、どうしても休暇が 取れないということで、入管に手配して1週間でビザの取得をこころみた。しかし、DBPの預金証明を待たなければならず、月曜に申請して、DBPの証明書 が木曜に発行され、書類が入管へ回ったのが、金曜の朝となってしまった。書類はさらにイントラムロスの入管の本庁に回るわけだが、金曜に内に書類が本庁に 届くことはなかった。これでは入管にいくら手を回そうが、金曜のうちにビザが発行されるはずもない。

 この状況を打開するために、まず、DBPへの振込みは、申請の2週間前までにに実行すること。次に送金書類(海外送金依頼書)を事前にPRAに提出し て、他の書類(NBIや健康診断)を待っている間にDBPの預金証明を入手しておくことだ。こうすればDBPの証明書がネックになることは少ない。いずれ にせよ、RPAと入管だけで済んでいたところに、政府系の銀行のDBPという思わぬ伏兵が、ビザのスムーズな発行を妨げている。

 こんなことをやっていては退職ビザの魅力薄れて、外国の退職者にそっぽを向かれるのではないかと危惧される。下の写真はPRAの受付におかれたフィリピ ンの魅力を訴えるディスプレイだが、なによりも大切なのは、ビザのスムーズな発行であることを肝に銘じてほしいものだ。 

CIMG5852s-1

 

Leave a comment

Your email address will not be published.