農場にインターネットがつながる2008年11月3日


 オールセイントディ(万聖節)でビコール地方タバコ市の農場に来ているが、今回パソコンを1台持ってきてSmart BROを使ってインターネットにつないでみた。電話回線が来ていない農場では、電話は携帯の普及で事なきを得ているが、インターネットが懸案事項だった。携帯が使えるところならばどこでもインターネットにつなげるSmart BROの登場はまさに朗報だった。早速試して見たが、遅いことを除けば快調だ。プリペードカードで15時間当たり300ペソ(600)は決して安くはないが、ないよりははるかにましだ。2500ペソ(約5000円)でUSB対応の機器(写真)を買うだけだから、イニシアルコストも負担にならない。

スマートブロは地方のインターネット環境の主役だ

スマートブロは地方のインターネット環境の主役だ

 これで、タバコの農場の通信インフラが飛躍的に改善した。たとえマニラでのビジネスをやっているとしても、人と会うことを除けばかなりのことがタバコの農場でも可能だ。これでゆっくり休暇も楽しめるということだ。マヨン火山を目の前にしながらインターネットが使えるということは実に隔世の感がある。ヘッドセットをもってこなかったので、まだSKYPEは使えないが、それが使えるようになれば日本への通信もほとんどただでやりたい放題だ。 退職ビジネスについても私の役割をホームページや本を通しての広告塔、E-メールでの対応と限って、実際の応対とPRA(退職庁)の対応をスタッフにやってもらえれば、相当程度タバコで業務が可能となる。さらに余った時間で本の執筆を心がけるなんてこともできそうだ。そうしたら、65歳で現役を引退してタバコに引っ込むと計画していたが、もしかしたら70歳位まで現役で頑張れるかもしれない。

窓からは雲に隠れたマヨン火山が望める

窓からは雲に隠れたマヨン火山が望める

天気がよければ窓からは下の写真ような景色が見えるのだが、この日は曇天で、マヨン火山は残念ながら雲に隠れていた。

相変わらずのマヨンの絶景

相変わらずのマヨンの絶景

Leave a comment

Your email address will not be published.