糖尿病体験記(その2)2010年9月14日


昨年の今頃、我が糖尿病の経緯について報告した。あれから1年、その苦闘は続いている、というよりはそれが生活の一部となっている。血糖値の測定、食事 のコントロール、そして散歩は日課だ。体重も60キロ代後半でほとんど変化がない。身長が177cmだから、理想的な体重を保っているといえよう。

とりわけ食事は海産物と野菜が中心で肉類はめったに食べない。たまに食べてもコロッケなど少々肉の味がする程度のものだ。元々肉の脂身が好きな方だから、 トンカツやステーキなど食べたら、あっという間に平らげて、血糖値もうなぎのぼりで、軽く200を超えて250位になってしまう。

ここ のところ足繁く通っているMARUCHANでは、2回に一回は「サバばってら」を注文する。あの油の乗っているサバがたまらない。後は寿司やコロッケ当た りが定番のメニューだ。いずれにせよ、元来の日本食を食べている限り、血糖値はほどほどにおさまっている。だから、やはり日本人は日本食があっているのだ ろうと納得する。しかも、フィリピンでは日本より安く日本食が食べられるのでありがたい。

CIMG2320s-1CIMG2327s-1

日本人はつい最近までほとんど元来の日本食を食べていた。肉食が家庭に進出したのはつい、40~50年前のことだろう。子供のころ、すき焼きが滅多に無いご馳走だったことを憶えている。そして肉や乳製品は栄養・滋養に富み、健康増進に優れているともてはやされ、すき焼きやトンカツ、そしてカレーライス等が子供達の憧れのメニューとなった。また、最高級の牛肉が霜降り肉というくらい、脂肪は肉のうまみを左右する。だから、肉を食べるといやが上でも脂肪を大量にとってしまい、血糖値があがってしまう。

一方、数千年、数万年の間、肉や乳製品を食べ続けてきた西洋人は、肉をいくら食べても簡単 に血糖値は上がらない。なぜなら、インシュリンの出方が日本人とは違うのだ。一方、海産物と野菜中心の健康食で古来から生き続けてきた日本人は、ほんのこ こ数十年の肉食という付け刃では体がついてこない。だから、1千万人もの人が糖尿病予備軍ということになってしまうのだ。日本人よ、糖尿病が怖かったら、 日本人原点の食生活に回帰せよ、だ。

 外食してカラオケなどに行くとどうしても散歩する時間がなくなってしまう。酒の量も進んでしまう。家に戻ってから恐る恐る血糖値を計ってみると、なんと正常値の110~120程度なのだ。ちょっと解せないので、一度日本の医者に聞いてみたが、そんな話は聞いたことが無いといわれた。きっとビールなどで血が 薄まってしまうのではないかと思うが、これは事実なので、夜のお誘いに対しては糖尿病を気にしないで付き合うことにしている。

  日々の血糖値はよいとして、過去の血糖値の積分した結果が出るというHbA1cの測定をマカティ・メディカルで久しぶりにやってみた。その結果が6.6、血糖値は129.59でちょっとオーバーしているものの、なかなかの好成績だ。しかし、その費用がなんと6,556ペソと、とんでもないお金がかかってし まった。こいつはうかつに検査も出来ないと、明細を調べてみるとそのからくりがわかった。

  検査項目を指定してもらうために、数年前通った糖尿病専門の医者のところにまず行った。私を薬漬けにしようとした件の医者だ。彼は、私が何年もの間、何故来ないのかとカンカンにおこっていた。薬を中止したこと、食事療法と運動で血糖値をコントロールしていること、など話し始めたら、ほとんど私の言うことを 押しとどめて、言いたいことをべらべらまくし立てていた。患者の容態の話に耳を傾けないこのヤブ医者には腹が立つこと甚だしいが、今日は検査項目を指定してもらうという目的があるから、じっと我慢。医者は、検査結果が出たら、それを持って必ず再診に訪れるように、と念を押していた。しかし、私は2度と来るものかと、心の中で舌を出した。

 しかし、この医者への失望はこれですまなかっ た、医者は興味本位で検査項目を盛りだくさんにしたため、先の金額になってしまったのだ。フィリピンでは6000ペソもあれば一ヶ月間人が雇えるほどなのにだ。医者の立場にすれば、できるだけ多くの項目を検査して判断の材料にしたいのだろうが、私にとっては血糖値とHbA1cだけで充分で、それ以外の項目は猫に小判だ。ちなみにこの二つだけなら、1571ペソで済んだはずだ。医者は患者の体だけではなく、懐具合も心配して欲しいものだ。しかし、次回からは 1571ペソで必要最小限の検査ができることがわかった。フィリピンでは検査項目も懐具合と相談して自分で決めることが出来る。だから健康管理や病気の治 療も、医者頼りではなくて自己責任の国なのだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.