忠犬アイス物語 2010年1月13日


 タバコの農場には現在、5匹の成犬がいて、24時間セキュリティガードとしての役目を果たしている。雑種だがラブラドールやシェーパードの血が混ざった、フィリピン流に言えばメスティーサあるいはメスティーソだ。その中でボスとして君臨しているのが今日の主人公、アイス(オス6才)だ。

CIMG1428s-4CIMG0219s-4   20033月チャイナタウンのペットショップ街で1ヶ月の子犬を1000ペソで買い求め、タバコへ連れて行った。アイス(オス)、タロー(オス)、チャ(メス)、ティーナ(メス)の4匹だったが、ティーナはすぐに衰弱して死んでしまった。予防注射やら食事の要領がわからず初めはまごついたが、しばらくして子犬たちのとの新しい生活が始まった。農場の家はほぼ完成しており、子犬たちは家の中で寝て、その外、数匹の犬が家の外にいた。しばらく後、外の犬達は狂犬病で死に絶えてしまったが、予防注射のおかげで子犬たちは皆助かった。

   相棒のジェーンの弟、ボボイがアイスを見て、これは純粋な雑種評した時から、アイスの悲劇が始まった。他の子犬は家の中にいるのに、アイスだけは外に出されたのだ。毎晩、中に入りたがって、ほえまくり、私の怒りを買うことも多々あった。しかし、ある事件がきっかけで彼は無事に市民権を取り戻した。それは、あるときジェーンがアイスを車で轢いてしまったのだ。幸い死には至らなかったが、ほとんど動けなくなってしまった子犬を皆が同情して面倒を見た。それ以来、頭が良くて気が強い性格のアイスは皆に愛され、そしてもう一匹のオス犬の太郎との戦いに勝ち抜き、ボスになっのだ。

CIMG5055s-4 CIMG5740s-4

 当時、農場には猫やウサギ、サルも飼っていた。犬たちは、農場にいる人間には絶対服従なのに他の動物達には容赦ない。結局、これらの動物はすべて犬達に駆逐されてしまった。

CIMG0930s-4 CIMG0927s-4

 犬が良き家族の一員となるためにはしつけが大事だ。やたら可愛がるだけだと、犬は自分がその家のボスであると大いなる勘違いをして、飼い主に吠えたり、噛み付いたり、やりたい放題となり、やがて獣医に安楽死を依頼するはめになってしまう。たとえ小さい愛玩犬でも同じことだ。そこで私は犬の飼いかたの本に学んで下記を実行した。

1. 自分より先に食べさせない。

2. ソファーやベッドなど高くて気持ちの良いところには載せない

3. 耳や尻尾など触られていやなところを触りまくる(敏感な犬は子供が触ると反射的に噛みつく恐れがある)

4. 自分の足や体をまたいだり、交尾の仕草をしたら、それを跳ねのけてやめさせる(これはマウンティングという自分が優位であるという意思表示なのだ)

5. 食事はなるべく自分で与える

6. 毎日、数回、数分間、後ろから羽交い絞めのようにして体を抱え、口を手で握って塞ぐ。これを23ヶ月続ける

  6番目のトレーニングは犬の最大の武器である口を抑えて、自分が絶対的かつ逆らうことができない主人であることを憶えこませる効果があるそうだ。だから、こうやって育てた犬たちは、私に全体服従で何をしても噛んだり、威嚇して吠えたりするという事はありえない。また、家族や客といるときも、ほえたり、噛んだりすることは絶対にない。それでいて、農場に帰るたびに最大限の歓迎の意をあらわし、全幅の信頼を置いていることを全身で表してくれる。

  家の中で犬たちは全く家族の一員として振舞っている。子供達もアイスが大好きだ。たまにはふざけてたたいたりするが、アイスは知らん顔をしている。

CIMG1350s-4 CIMG1332s-4

 フィリピンではほとんどの犬が放し飼いだ。だから犬もストレスが少なくて、ほとんどほえたりしない。しかし、一旦農場のゲートの外へ出ると、周囲の犬を追い掛け回し、大変なパーフォーマンスを発揮する。だから近隣の人たちは間違っても農場の敷地に無断で立ち入ろうとしない。まさに猛犬に注意なのだ。そんなことには無頓着なのが、農場の馬や、牛、それに水牛だ。たまに彼らの縄がほどけて農場の道を歩いたりしていると犬たちが大騒ぎして大変なことになる。

  3年前の超大型台風レミンが農場のあるビコール地方をおそった時、農場の面倒を見ているジェーンの母親、マミーが強風に飛ばされ、水路に落ちてしまった。そうしたら、アイスは木の棒を口にくわえ、マミーに放り投げて助けようとしたそうだ。それ以来、マミーはアイスを命の恩人と感謝し、深い絆に結ばれている。

CIMG0198s-4CIMG5055s-4  メスのチャコには熊子と熊太郎の2匹の子供がいる(親は太郎)。チャコはその後、アイスとの間に、5回以上子供を産んでいるが、すべてよそへやってしまった。ちなみにラブラドールの雑種のアイスとシェパードの雑種のチャコを掛け合わせると、まさに純粋な雑種となってしまい、親とは似ても似つかない、その辺のノラ犬と同じになってしまうのだ。

CIMG5790s-4CIMG5075s-4  オスはオス同士、メスはメス同士で勢力争いをするが、娘の熊子はチャコに絶対服従で、1日に数回は懲らしめられる。したがって、熊子に子供をもうけることは禁止されているようで、アイスが挑んでも決して受け入れなかった。

 ところが、チャコがなんとなく元気をなくしてきた昨年、娘の熊子がチャコを威嚇し、懲らしめているのを目撃した。チャコが腹を上に向けてキャインキャインと鳴いて、上から熊子がガオーと威嚇しながら押さえつけていたのだ(ちなみにひっくり返って腹を見せる行為は全面降伏の意思表示で、懲らしめるほうは決してそれ以上責めない)。母親に対して何たる態度をとるのかと、熊子を叱ったが、それは人間世界の道徳というものだろう。犬の世界には目上とか親とか言うのはさほど意味がなくて実力だけが物を言うのだ。メスのボスの座を獲得した熊子に対して、オスのボスのアイスが早速挑み、なんとそれを熊子が受け入れたのだ。熊子はその時すでに5歳で犬としてはかなりの熟女であるはずだ。しかし、熊子が交尾するのを見るのは初めてのことだ。

フィリピンは犬にとってもやはり暑いのだろう。暑さしのぎの要領は、腹を地面や床にべったりつけて体温を吸収させることだ。日本ではあまりお目にかかれないスタイルだ。こうしている時がアイスにとって一番幸せな時のように思える。

CIMG5800s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.