ローマ法王の訪問でフィリピンは5連休 2015年1月19日


2015年1月15日(木)にローマ法王が20年ぶりにフィリピンを訪問した。80%の国民がカソリックというフィリピンは世界で、メキシコ、ブラジルに次いで3番目にカソリック信者が多いそうだ。そのため、国を挙げての歓迎で、マニラ首都圏には1000万人の信者が全国から集まると予測された。

大統領府は、法王が到着する15日(木)から、出発する19日(月)まで、なんと5連休にすることを決定した。これは、首都圏の交通マヒ、そして国民が法王のミサに集中できるようにとの配慮だそうで、それに異議をとなえる不謹慎なものは皆無だった。

街には、いたるところに法王を歓迎する看板が掲げられ、その熱狂振りを示していた。私が住まいとしているMAKATI PRIME CITY コンドミニアムもしかりだ。

CIMG8625s-1CIMG8673s-1

CIMG8653s-1CIMG8637s-1 奇しくも、 15日、法王の到着する、丁度その日に、マニラを訪問する方がいた。法王の到着する夕方は、空港が閉鎖されるという情報が飛び交い、果たして、飛行機が飛ぶのか時間が変更になるのか、さらには空港周辺の交通が規制されるというので、果たしてホテルまで無事にたどり着けるのか、不安は高まるばかりだった。当方としても、フィリピン航空のチケット売り場に出向いて、便の運行状況を確認したものの、交通規制については確かな情報を得ることはできなかった。

そのため、規制が始まるという午前12時の2時間前の午前10時に家を出た。ちなみに、到着予定時刻は午後1時半なので、空港で3時間待つ羽目になってしまった。この日は、特別休日であること、交通規制の情報が徹底していたせいか道路はがらがらで、あっという間に空港にたどりいた。途中、スカイウエイ高速道路ではポルシェなどのスーパーカーがグループで疾走していた。

CIMG8699s-1CIMG8682s-1

CIMG8681s-1 CIMG8677s-1

空港は2時以降、立ち入り禁止となっており、各航空会社は到着を早め、2時までに乗客を降ろしてしまおうと算段をした。そのため、昼ごろの空港は出迎え客でごった返していた。人々は長丁場を覚悟して、座り込んでいる。また、タクシーはほとんどいなくて、タクシー待ちの行列ができていた。ゲストとであった時間は、すでに空港からマニラ市に向かう道は閉鎖されているので、反対方向の空港の南を回って、マカティに戻ったが、この日、この出迎えに、ほとんど一日を費やしてしまった。

CIMG8675s-1      CIMG8678s-1

客を無事ホテルに届けて、ほっとして、家に戻ると、テレビでは法王の到着の模様をテレビで映していた。アキノ大統領を従えて、要人に一人ひとり挨拶しさらに教会の神父たちの歓迎を受ける。ちなみに、神父をファーザーと呼ぶが、この日、法王に謁見が許されているのは、ビショップなどカソリック協会のトップクラスのみだ。法王はフランシスコという名で、Pope Franciscoと呼ばれる。Popeというのは、パパという意味で、法王のみが使うことを許されているそうだ。したがって、法王のことを親しみをこめて皆、パパと呼んでいる。

CIMG8687s-1CIMG8694s-1

法王の到着をテレビで見ていたジェーンは、手を合わせて、今までみたこともない慈愛に満ちた顔をしている。カソリック信者にとっての法王は、まさにキリストの化身で、神と映るのだろう。

CIMG8691s-1CIMG8692s-1

翌、16日(金)、法王は、マラカニアン宮殿を訪問し、アキノ大統領と会い、その後、イントラムロスのマニラ大聖堂でミサを行った。移動は防弾装備無しのオープンカーで行われ、沿道には無数の信者が法王の通過を待ちわびていた。警備の警官と軍隊は4万人、道路はいたるところで閉鎖され、交通は、マヒ状態だった。一方、特別休日のマカティのオフィス街はがらがらだった。

17日(土)は一昨年、台風ヨランダ大被害を被ったタクロバンを見舞い、18日(日)は、マニラ市リザール公園のキリノグラウンドで特別ミサを行った。この日は、台風一号(アマン)が接近し、雨模様だったが、400万人の信者がミサに参加し、200万人が沿道を埋めた。さらに、全国の教会のミサは中止され、携帯も不通、国民全部が法王のミサに参加して祈りをささげよ、との計らいらしい。早朝、ジェーン一家も、一目、法王を見たいと、法王の宿舎のあるマラテに向かおうと試みたが、はるか手前まで人で埋まり、近づくことさえ無理と知って、あきらめた。

CIMG8778s-1 CIMG8771s-1 CIMG8768s-1 CIMG8759s-1  翌、19日(月)は、いよいよ、法王の帰国だが、早朝未明、家を出たジェーン一家は空港に通じる道で待ちわびて、ついに念願を果たした。うれしそうな顔をして、10時過ぎに戻ってきたジェーンに、写真は、と聞くと、あまりの人にカメラを構えることもできなかったそうだ(残念)。

CIMG8756s-1CIMG8783s-1

Leave a comment

Your email address will not be published.