マヨンに見送られてマニラへ帰還 2012年6月5日


息子を農場に残し一足先にマニラに戻ったが、今回の訪問の一番の収穫は、タクシーの発見だった。空港でタクシーが客待ちをしていて、農場まで700ソ足らずで直行してもらえるのだ。約40kmもあるのだから安いものだ。フィルキャプをチャーターする手もあるが、まずターミナルまでトライシクルで行かなければならないのが辛い。

CIMG1931s-4 さらに帰るときは、電話一本で農場まで迎えに来てもらえる。しかも料金は一緒で、出迎え料はとられない。これで空港から農場までの足が飛躍的に向上した。前回CRVをマニラにもってきてしまっているので、この点が問題になっていたのだ。人数が多いときはバンを空港でチャーターすることもできるようだ。

 息子がついでにビザの延長をしたいというので、ジェーンの実家に寄って義姉のノーマをピックアップしていった。そのとき、すでにビアンカが一緒で車は満員だったが、ダシンやデバインも同行すると言い出して、総勢6人になってしまった。仕方なく二人分の席が必要なデバインはバスで空港へ向かうことになった。一方この日は晴天で、タバコの街のいたるところでマヨンの雄姿を望むことができた。

CIMG1932s-4CIMG1933s-4

空港のマヨンも絶景だった。こうなると飛行機は是非右側の窓側を取って撮影に備えなければならない。

 早め出発で朝食をとっていなかったので、チェックインのあと皆で来るク食事をとった。食後タバコを吸いに外へ出たら、空港全域が禁煙で、困ったものだとうろうろしていると、「志賀さん」という声がかかった。するとそこには旅行中の「I」さんの姿があった。前にブログで紹介した4年前のスービックとクラークを一緒に旅した人だ。

CIMG1935s-4CIMG1934s-4

ちょっと雲がかかり始めたマヨンだが、相変わらずの姿に乗客は写真撮影に忙しい。

CIMG1937s-4CIMG1938s-4  レガスピの街もばっちりだ。

CIMG1941s-4CIMG1947s-4

マヨンの風景もばっちりだが、かなり雲が出始めていたのが、ちょっと残念だった。

セブ航空が発着するターミナル3にお目見えの新しいクーポンタクシーの料金表。メトロマニラとそれ以外の長距離サービス料金も詳細に記載されている。セブパシフィックやANAなどでフィリピンにやってくるとターミナル3に到着するので、是非この看板を目印にして、空港職員の口車(タクシー・タクシーと盛んに声をかけてくる)に乗って割高のレンタカーを利用しないように気をつけよう(画面をクリックして拡大してみてください)。

   CIMG1954  CIMG2894

Leave a comment

Your email address will not be published.