雑記帳 マニラ国際空港(NAIA)はフィリピンの玄関


マニラ国際空港を当地では、英雄ニノイ・アキノ(彼の暗殺はマルコス政権崩壊のきっかけとなり、その後、彼の妻が大統領となった)の名を取ってNinoy Akino International Airport (NAIA)、ナイアと呼ぶ。NAIAはマニラの南のパサイ市、マカティから5~6kmの至近距離にあるが、渋滞すると1時間程度かかってしまう。マカティからサウス・スーパーハイウエイをちょっと南に下るとNAIAの滑走路の東端と直角に交わるのだが、時たま頭上を滑空する飛行機にびっくりすることがある。昔の羽田のようにマニラの空には世界各国の飛行機が飛び交っている。

CIMG9127s 本文とは特に関連ないが翼は空の旅の象徴だ

空港は現在、ターミナル1、ターミナル2、そして国内便(ドメスティック)ターミナルが営業中だ。最新鋭のターミナル3も日本の大手建設会社によりほぼ完成しているのだが、その安全性に疑問が投げかけられており、この時点では開業の目処が立っていない。ターミナル1には日本航空をはじめ、すべての外国の航空会社の便が発着しており、最近開業したターミナル2はフィリピン航空(PAL)専用で、向かって右(南)が国内便、左(北)が国際便だ。

CIMG6601s

開業が待ち遠しいターミナル3

 ターミナル1は1970年 初頭の開業で、大変老朽化しているが、いかにもフィリピンらしさをかもし出している。このターミナルの問題は、始めてきた人は絶対に出迎えの人に出会 えないということだ。入管と税関手続きを済ませて、ターミナルビルを出るとホテルリムジンの出迎え車が入ってきているので、到着客はそこで待ってしまう。しかし、出向かえる側は、特別許可をもらわない限り、そこに入ることができない。到着客は、そこからさらに道路を渡って、左右の長い坂を下っ て再び道路に出なければならない。そこで初めて出迎えの人が道路の反対側で待っているのだ。出迎えの人は、目当ての到着客を見つけると、はじめて待ち 合わせ場所に入ることが許され、道路を渡って、めでたく握手というわけだ。そこで、駐車場に案内するか、空港タクシーを頼んで街へ向かうことになる。そんなわけで、ターミナル1で出迎えてくれと頼まれるとぞっとする。

出国風景

CIMG6584s

ターミナル1、出発ロビーの入り口

CIMG6587s

荷物を降ろす人々、たくさんの見送りが一緒

CIMG6589s

ターミナルビルの外で手荷物検査を待つ人々

CIMG9105s

出国審査場に掲げられた出国に当たっての要件を示す掲示板

CIMG9116s

出国審査が終わるとご多聞にもれず厳しい手荷物検査がある

CIMG9110s  空港ターミナル内のデューティーフリーショップ

CIMG9113s

同じくデューティーフリーショップ

CIMG9112s

スナック売り場では色々な軽食が取れる

CIMG9118s

フライトの待合所で再び手荷物検査が行われる

入国風景

CIMG9195s

時間帯によっては入管手続きに長い列ができる

CIMG9196s

SRRV保持者はDIPLOMATで入管手続きが行える

CIMG4630Immigaration

入国審査

CIMG9198s

税関では入管で返された入国カードの半券を提出してサインをもらい、出口で係官に渡す

CIMG9199s

ロビーに出ると預け入れ荷物とチケットに貼られた預り証の照合が行われる

CIMG9202s

空港ロビーを出ると道路があるがさらに道路を渡って下りていくと待ち合わせ場所がある

CIMG9204s

左右に分かれて下りていく

CIMG9205s

一階の待ち合わせ場所はもはやフィリピンの混沌が支配している

CIMG9207s

タクシーの案内所、行き先を告げてクーポンをもらう

CIMG7092s

空港タクシーはボディに大きな番号を付けているので見分けがつく

CIMG9209s

タクシー代の支払いはタクシーの駐車場で行う。マカティなら440ペソ(運転手に直接払うこともある)

ターミナル2はさすが開業したてとあって、モダンなターミナルだ。旅慣れた人には違和感なく入国ができると思う。ホテルリムジンあるいは空港タクシーはドメスティックとインターナショナルの境目に事務所があって頼むことができる。ホテルリムジンは800ペソ、空港タクシーは400ペソ少々でマカティまで行ける。2階の出発ターミナルへ行って乗客を降ろしたタクシーを捕まえれば半分以下のお金で街まで行けますが、旅慣れてからにしてほしい。NAIAからの足はこのタクシーか出迎えの車しかない。空港の外まで歩いてバスやジープニーで行くといった豪傑にはまだ出会ったことがないが、特に夜間にそんなことをするとタクシー強盗に出会うこと必定と覚悟してほしい。

  CIMG6591s

ターミナル2、出発ロビーの入り口

CIMG6592s

ドメスティックターミナルの入り口

CIMG6595s

国際便出発ロビーの入り口 CIMG4793s

到着ロビーから出てきた到着客

 ドメスティックターミナルは現在ターミナル4と呼ばれている。ほとんどセブパシフィックの専用みたいなものだが、ほかにも小規模な航空会社が多数ある。主要都市を結ぶ、大型ジェット機の他にパ ラワンのエルニドなど孤島のリゾートに行くときなどに使う数人から数十人乗りの飛行機があちこちへ飛んでいる。非常に旧式で狭いターミナルだが、最近 のセブパシフィックの攻勢で便数が急増しており、混雑と混乱を極めているので十分な余裕を持ってチェックインしてほしい(現在、セブパシフィックはターミナル3を利用している、2016年追記)。

  CIMG6576s

ドメスティックターミナルの外観

CIMG6579s

出発ロビーへの入場を待つ乗客

CIMG6580s

セブパシフィックのチケット売り場

 フィリピンに到着するとまずはお金が必要となる。ターミナル1、2と も複数の銀行が両替のサービスを行っている。街の両替商と比べてみても遜色のないレートを使用しているので、安心して当座の費用を両替してほしい。街 に入れば至る所に両替商が店を開いているが、夜中に到着してホテルにチェックインしようとして、前払いを請求され、ホテルのレートで両替する羽目になっ たら、目も当てられない。

Leave a comment

Your email address will not be published.