フィリピン生活 食べる


マニラには世界のありとあらゆる料理を楽しむことができる。各高級ホテルにはムード万点のレストランがそろっているが、フィリピンの住人になったからには安くてうまい店を探して食べ歩くべきだ。

CIMG6618s

フィリピン料理の中では最高の料理、レチョン(子豚の丸焼き)お祭りや行事には欠かせない

     一般のフィリピン人の食事を味わってみたかったらトロトロといわれる、立ったまま食事を取るところが道端に並んでいる。また、おやつにはバロット(アヒルの有精卵のゆで卵)、ハロハロ(フィリピン式カキ氷)、シッチャロンブラクラク(豚の腸のから揚げ)、タホ(豆腐にサゴとシロップを混ぜたもの)、グリーンマンゴ、ゆでピーナッツ、アイスクリーム、キキアム(イカのすり身のあげもの)、ビビンカなどが一般的で、道端でほうばっているのをよく見かける。

CIMG4359food%20stand

タクシーの運転手の食事どころ

CIMG5492s - Copy (2)

安くて豊富な南国果物を味わってほしい

CIMG6508s - Copy - Copy

焼きたてがおいしいビビンカは卵、牛乳、小麦粉と溶いたものを炭火で焼いたもの

CIMG6936s - Copy - Copy

ココナツジュースは天然のスポーツ飲料

CIMG7626s - Copy - Copy

朝食代わりにシロップで甘くした豆腐を食する

 

われわれ日本人が食事を楽しめるところは、マカティのパサイロード、パソンタモ、マカティアベニュー、ジュピター、グリーンベルト、マラテのアドリアティコ近辺にたくさんのレストランが集中している。

CIMG6351s - Copy - Copy - Copy

アドリアチコ界隈にはマニラの夜を満喫する穴場がたくさんある

 

パソンタモのマカティ・スクエア近辺には日本レストランが多数ある。ちょっと脇に入ったリトル東京には日本食レストランが5~6軒集中していて、本格的な日本食を提供している。また、グリーンベルトにはハイカラな店が軒を連ねフィリピーノの憩いの場となっている。

CIMG4444Little%20Tokyo - Copy - Copy - Copy

リトル東京は日本的雰囲気が漂う

 

パサイロードとマカティアベニューの交差点の近くのティアンティアン(天天火鍋)も野菜が豊富にとれていつも日本人でいっぱいだ(現在はマカティアベニューのAtriumに移転している)。さらに、パソンタモからちょっと入ってセントポールSt.のパームタワー・コンドミニアムの地下のトンカツヤでは格安で日本の味を楽しむことができます。

CIMG4417Tiantian

台湾シャブシャブの天々

 

CIMG6552s - Copy - Copy CIMG6551s - Copy - Copy

天々の火鍋、食材は自由に選べる、スープは2種類

 

CIMG4465Tonkatsuya - Copy - Copy - Copy

少々探しにくいが私の毎日の食事どころ、その名もとんかつ屋

      マカティアベニューからルナ通りを入るとそこは韓国の裏通りの雰囲気がある。そこのソウルは安くてうまいと韓国人お勧めの韓国料理店だ。最近は大きな韓国料理店がジュピターやブルゴス付近に軒を連ねているが、ここは穴場中の穴場。野菜やキムチ等の漬物等はすべて無料なので、注文するのは肉と飲み物だけ。一人前の量も多いので注文は控えめに。

 

CIMG0898s

韓国料理ソウルの看板

CIMG0900s

メニューは単純で一人前200ペソ~450ペソ

CIMG1093s

牛カルビ350ペソ、テーブル一杯に並ぶ野菜やキムチはすべて無料

 

マニラ湾沿いのロハスブルバードをカビテに向かうと、バクララン教会のあたりにシーサイドマーケットというウエットマーケットがあり、他では見られない海産物が並べられている。そこで食材を買い、脇の食堂で料理してもらえる。フィリピーノに連れていってもらうといいだろう。最近は、モール・オブ・エイシアの近く、マカパガル通り沿いの同名のマーケットが観光のメッカとなっており、外国人が多く食事を楽しんでいる。

CIMG6636s - Copy

シーサイドマーケットの豊富な食材

 

また、街のいたるところにフィリピーノ用の食堂(トロトロ)があるが50~100ペソ(100~200円)程度で食事できる。マクドナルド、KFC(ケンタッキーフライドチキン)、ジョルビー、チョーキンなどはもっともポピュラーな食事どころだが、これらファーストフード店ではビールなどアルコール類は出さない。

 

CIMG4266KFC CIMG4264Macdo

アメリカ資本のマクドナルドとKFCはフィリピンの食文化を変えた

 

CIMG4267Chowkin CIMG4309s

中華ファストフードのチョーキンとジョルビーはフィリピン資本

CIMG6530s - Copy - Copy - Copy

フィリピン版ファーストフードの老舗、チキンの丸焼きを売るアンドックス

従来喫茶店に該当するお店はなかっが、スターバックスが出店してからはちょっと一休みしてお茶を飲むという習慣がフィリピンにも定着したようだ。いまや町の角々にスターバックスを見かける。

CIMG4455Star%20Backs - Copy - Copy - Copy

マカティ地区を席巻しているスターバックス

伝統的なスナック類に加えて、最近ではドーナッツ等の西洋的スナックがもてはやされている。ダンキンドーナッツは全国的にチェーン展開をして大成功した。

CIMG7176s - Copy - Copy

ドーナッツチェーン最大手のダンキンドーナッツ

CIMG7177s - Copy - Copy

フィリピンのスナックは押しなべて甘いのが難点

CIMG7855s - Copy - Copy

車を改造して街の片隅で営業しているのがバーガーマシン、最近はハンバーガー以外にも豊富なメニューを用意しているバーガーマシンはいたるところで営業している

 

物価は5分の1ですが(昨今は円安の影響で物価差が大分縮まっている)、外食はその倍、すなわち1/2程度。飲食店をやると儲かるということだろうか。マカティのレストランは基本的にすべて禁煙だが、喫煙室があるレストランもある。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.