フィリピン生活 通信する


通信手段としては今や携帯電話が圧倒的に普及している。通常はプリペイドカードを購入し簡単な手続き(ロード)をすることによりロードした分だけ話すことが出来る。だから、あとで請求書にびっくりする事はない。これはフィリピンの人があまりにも請求書の未払いが多いので考え出された方法だと思う。一般の請求書による携帯もあるが、踏み倒しを防ぐために厳しい審査がある、庶民には高嶺の花だ。フィリピンでこれだけ携帯が普及したのは電話回線が非常に遅れているという事が主な原因で、家庭電話を引くには数年の歳月を要していた。一方、地方の田舎ではいまだに電話回線が来ていない状況なので、携帯が爆発的に普及したのだ。

フィリピンの電話は定額制(但し携帯への電話と長距離電話は別途)でいくら使っても基本料金だけなのでインターネットにはぴったりだ。但し、新規に敷設する電話は従量制になっている。電話回線がないとインターネットが利用できないので、家を買ったり借りたりするときは気をつける必要がある(スマートブロ名度無線のインターネットサービスもあるが、きわめて遅い)。なお、一般の固定電話からは長距離電話の申請をしていないと携帯へ電話をかけられないので注意が必要。

インターネットカフェが地方でも普及している。家にインターネットがひけない場合はインターネットカフェを利用するとよい。一時間20~30ペソ程度。この場合、自分のEメールアドレスを持っている必要があり、YAHOO等に開設しておく。そうすればどこのインターネットカフェでもメールの送受信ができる。もちろんフィリピン国内どこへ行っても利用できる。ただし、日本語は使えないのでローマ字か英語で送る必要がある。日本語の文章はUSB等にセーブして添付ファイルで送れるが、ファイル名は英語にしないとまずいようだ。

YAHOOジャパンにメールアドレスを開設すると日本語でメールのやり取りができるが、コンピューターは日本語環境を設定しておく必要がある。

最近携帯電話会社のSMARTでSMART BROというインターネットサービスを開始した。携帯電話が使えるところならどこでも無線でインターネットサービスが受けられる。写真の器材を購入し、さらにプリペードカードを購入し、自分のパソコンに簡単な設定を行い、スマートの携帯からロードするとすぐに使える。短期間のフィリピン滞在やインターネットサービスが行なわれていない地域では大変重宝だ。遅いのが難点だが、パソコンと器材を持ち歩けば、フィリピン国内どこでも使えるので大変便利だ。また、ホテルの接続サービスに比べれば、時間当たり格安でだ。CIMG6965s

 

Leave a comment

Your email address will not be published.