フィリピン流恋の手ほどき(その4,癌とスケベと女の打算)2013年5月26日


人類の死因の第一位を占める癌。考えようによっては戦争や災害あるいは原発よりも恐ろしい人類にとって最大の脅威であり敵である。しかし、癌は外部のウイルスや病原菌、あるいは毒物が入り込んで発症するのではなくて、人体の細胞の変異によって発症し、人体そのもののが敵となるために、なんとも対処が難しい存在だ。

  最近やっていたNHKスペシャルで、癌の原因が、人間の進化、特に脳の発達と生殖活動に起因するという興味深い話をしていた。すなわち、脳の発達に必要な物質をFASという細胞が作り出し、それが同時にがん細胞の成長に必須の栄養素となるのだそうだ。また、精子の増殖は癌の増殖の仕組みと一緒で、ともに人間が人間たるゆえの特性で、そのために人間は、他の動物に比べてはるかに癌に罹病する確率が高いという。まさに癌は人類が進化したゆえに抱え込んだ体内爆弾=宿命なのだ。

CIMG8324s-4カーネルの姪の結婚式に彼の姉妹や子供達がマニラにやってきた。多くの観客を迎えて踊りを披露して喝采を浴びるKIAN

 脳の発達とがん細胞の成長の話は、さておいて、癌と生殖の因果関係は、興味のそそられる話だ。人類とチンパンジーは700万年前、共通の祖先から枝分かれして、独自の進化の道を歩んだ。そのため、人類とチンパンジーのDNAの違いはわずか1%だそうだが、その違いの中に癌をめぐる運命的な相違が隠されている。

 チンパンジーのメスは、さかりがつくと、生殖器を膨らませて、オスにアピールする。オスは、それを見極めて、効率的に交尾をする。オスのプロポーズは、メスに食料を分け与えることで、お礼に交尾をさせてもらう。しかし、人間のメスは、したたかな策略を弄し、さかりがついた時に生殖器を膨らませてオスにアピールすることをやめた。そうなると、オスはいつ交尾をしたらよいかわからなくなり、のべつ幕無しにメスに交尾を迫らざるを得なくなった。そうしないと、自分の子孫を残すチャンスがなくなってしまうというわけで、結果的に年がら年中オスはメスに食料を分け与えるはめになったのだ。

 CIMG8346s-4農場から息子が4人の連れを伴って戻ってきた。今回は皆にはじめての飛行体験をさせるという豪華なご褒美付だ

 それがメスの狙いだったが、メスにも事情があった。2足歩行を行うことにより飛躍的に脳が発達して、知恵を獲得した人類であるが、それがゆえに、産道が狭まって、赤ちゃんは未熟児状態で生まれ、数年間は母親の手厚い保護を受けなければ生き延びることができなくなった。その間、メスは自らが食料を確保することができないから、オスをたぶらかして、自分とそして赤ちゃんの食料を確保する作戦に出たのだ。

 子孫を残すために、スケベという宿命を神から授けられたオスは、一日中狩をして、メスに食料を貢がなければんばらないという悲しい運命を背負ってしまった。これが、男女の関係の根源的な本質で、要は、メスが食糧確保のためにオスをスケベにして、そのスケベが癌の増殖の元になってしまったのだ。

CIMG8354s-4息子の歓迎会はピザパーティ。お祝いはいつも自分のためと思っているKIANは大喜びのポーズをとる

 ところで、スケベと癌と何の関係があるのだろうか。四六時中セックスをしなければならないオスは、メスを妊娠させるために精子の果てしない増殖に努めなければならなくなった。この果てしない無秩序な増殖こそががん細胞のそれだったのだ。だったら、オスだけが癌にかかるのか、という疑問が生じるが、オスとメスの違いは、それこそ、コンマ1パーセント以下のDNAの相違だから、癌になりやすい資質としてはメスもオスも一緒だ。メスの癌といえば乳がんや子宮ガンが圧倒しているが、これら生殖器に癌が集中するというのも合点がいくところだ。

 人類が子孫を残そうとする資質が、癌にかかる確立を高めてきたということは、何か皮肉だが、ものごと、いいとこ取りばかりはできず、そのうらに隠されたリスクも抱え込まなければならないということを示唆している。まさに人類の繁栄は癌になりやすいという代償を持ってなしえたのだ。

CIMG8362s-4ゲームとなるとKIANの出番だ。息子のタブレットに興味深げに挑戦するKIAN


 癌にかかるリスクを増大してまでも進化させてきた男のスケベと女の打算。これこそが恋愛の原動力であり、駆け引きであり、男と女のLove Gameなのだ。日本ではこの男女の関係にいろいろとややこしい人的要素が加わって私にとってすでに理解できないものになっているが、敬虔なクリスチャンであるフィリピン人は、神の教えに基づいて、男女の基本的関係を守り続けている。

 婚姻を証明する書類のことをフィリピンでは婚姻契約(Marriage Contract)という。まさに、婚姻とは男女の合意書であり、もし100万年前の言葉で書いたとしたら、「私、メスはこのオスとしか交尾をしません。その代わりにオスはメスとその子供に十分な食料を提供します。さらにまた、もし自分が死んだら、メスと子に私の農地を提供し、死後も飢えてしまわないで済むことを保証します。ただし、メスが他のオスと交尾をした場合は、契約違反としてこの契約を解除することも可能とします。」などとなるだろう。 

CIMG8388s-4コンドの入り口に有名な女優が来ているというので皆で飛び出した。コンドの入り口の近くにモデルのエージェントがあるので、女優やモデル志願のかわい子ちゃんが順番を待っていることが多いのだ

人類最初のビジネスを呼ばれる売春、古今東西、ほとんどの国で違法とされながらも力強く生き延びる最強のビジネスだが、売春の契約はさしずめ、「私、メスはこのオスに一度だけ交尾を許します。その報酬としては羊一匹ないし、それ相当の穀物とします。一方、たとえメスが妊娠したとしても、オスは特段の義務も生じないものとします。また、メスは他のオスと同様な契約を自由に結ぶ権利を保持するものとし、さらに、同じオスと複数の契約を結ぶことを是とします。」などとなるだろう。

 二つの契約の違いは、売春は一回あたりの交尾には設定価格というものがあるのに対して、婚姻は、回数も価格についても設定価格がない、包括契約であるということだ。どっちが得かを判断するのは契約の当事者で対価を支払う立場にあるスケベなオスだ。

 CIMG8398s-4この日は息子の誕生日、子供達を連れて生まれてはじめてのスケートに繰り出す。

 ほとんどのオスは、この二つの契約を適宜使い分けている。しかし、もう一方の当事者となるメスにとって、ほとんどのメスは一つ目の契約を行い、二つの契約を使い分けるメスはまれだろう。また、二つ目の契約を選ぶにいたるメスの決意はいかなるものかオスには見当がつかない、あるいはどうでもよい。

 メスが二つ目の契約を選ぶということは、現代においては、家族の状況や子供の養育やら、やむにやまれぬ事情があるものと推測される。しかし、一旦決意をしてしまうと、いかにもあっけらかんとして、あれだけ大事にしていたはずのものを、より多くの回数あるいはより良い価格を求めて、実にビジネスライクにマーケッティングを行う。もともと二つの契約を使い分けることにほとんど抵抗のないオスにとっては、理解に苦しむところだ。そこにはメスのしたたかな作戦が隠されているに違いない。

 一方メスが一つ目の契約(婚姻)を全うするまでには、駆け引き、紆余曲折、優柔不断、成行き任せ、心変わり等々、契約にいたるまでの実に面倒なプロセスが必要だ。また、スケベと打算のぶつかり合いでは、いかにも寂しいので、人は恋愛という言葉でこのプロセスを包み込んでロマンティックな物語に仕立てる。一方、オスが100頭の羊をメスの目の前に並べて、婚姻契約の代償とするアラブの習慣は、直裁的で判りやすい。

CIMG8404s-4スケートの後はシーサイドマーケットレストランで食事

 最近、橋本大阪市長の従軍慰安婦と米軍による風俗の利用、にまつわる発言で、市長は世界的なパッシングを受け、撤回と謝罪をせざるを得なかった。社会的地位と名声のある人の発言としてはたしかに不用意で、敵に攻撃の隙を与える発言だが、つい、本音が漏れてしまったのだろう


しかし、人類7百万年のオスとメスの関係の歴史を紐解いたら、このようなことは実に想定内の話なのであって、現在も世界中いたるところで行われている日常的ビジネス業務なのだ。それを鬼の首を取ったようにしたり顔をして声を張り上げ、橋本発言を批判する輩には違和感を覚える。

 ただし、従軍慰安婦あるいは風俗業に従事するものが強制的に従事させられていたとなると、話は別だ。これは誘拐、監禁虐待、強制わいせつ、強姦など、間違いなく犯罪行為とみなされる。しかし。あくまでも自由意志で行っている場合は、特に取り立てて大騒ぎする必要のない日常的なビジネスなのだ。

CIMG8412s-4シーサイドマーケットの外で、皆でもう一枚

Leave a comment

Your email address will not be published.