フィリピン案内 メトロマニラ


メトロマニラは首都圏のマニラ、マカティ、パサイ、ケソン、パラニャケ等17の市町村を総称したもので、東京23区のイメージだ。メトロマニラの人口は1000万人を超え、、東京に追いつくのは時間の問題だ。

CIMG6692

メトロマニラの全体図

メ トロマニラの中心市街地の喧騒はひどいもので、マカティを除いたら暮らすにはとてもお勧めできない。マカティはフィリピン一の財閥アヤラ一族が開発した新 興都市で、世界に誇れる近代的国際都市であり、フィリピン経済の中心地となっている。ほとんどの企業はマカティに事務所をもち、ビジネスマンであふれて いる。退職庁の事務所もマカティの中心にある。また、ショッピング、食事、娯楽施設も豊富で、マニラといえばもはやマカティといえるほどだ。高級 コンドミニアム、高級ビレッジも豊富にあるが、値段もそれなり高級だ。

 

CIMG8777s

スカイウエイからマカティ市を望む

CIMG6886s

マカティの中心、アヤラ通り

マニラ市は下町でフィリピンの真髄を見る気がする。かつてマニラを象徴したゴーゴーバーが建ち並ぶデルピラ通りは姿を消したが、その喧騒と混沌は今でも健在だ。チャイナタウンやエルミタなどフィリピン通には魅力一杯の町だ。

CIMG4736s

歴史地区イントラムロスではスペイン風の街を馬車で回れる 

ケソン市、パラニャーケ市等は山の手にあたり、住宅街が広がっている。パラニャーケに住む日本人も数多くおり、タウンハウスや一戸建てが手ごろな値段で手に入ります。

CIMG2269elijiums

パラニャケのタウンハウス、イリジウムは日本人により開発された

フィ リピン人の多くはこれら住宅街あるいはさらにその遠方の地域に住んでいるのだが、ほとんど全ての人がマカティあるいはマニラの事務所に勤めているので、 朝のラッシュはすさまじいものがある。マニラ周辺から中心に向かう交通機関はバス、ジプニーあるいは自家用車しかないから、通勤地獄は並大抵のものではない。もし、マカティで仕事をするとしたら、小さくてもマカティ市内にコンドミニアムを手配すべきだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.