フィリピンの郵便事情


 フィ リピンの郵便システムは、まったく当てにならない。特に荷物は届いたら運が良かったと思ったほうがいいようだ。日本からの雑誌など送ると、数ヵ月後忘 れたころに届いたりする。手紙などは数週間後に届いたり届かなかったり。特にお金を入れたりしたら、間違いなくなくなる。

1. 国内宅配便

 フィリピン国内では宅配便、LBCが全国的に普及している。そのほかの宅配便もあるが、荷物、手紙などは宅配便を使えば安心だ。現金書留のサービスもやっている。全国各地のLBCの事務所で受け付けている。

2. 日本ーフィリピン国際宅配便

 日本から手紙や小荷物を送るのにはEMS(郵便局の国際航空宅配便)が早い、安心、確実だ。フィリピン側は郵便局が扱うのだが、これだけはなくならないようだ。その他、FEDEX、DHL、OCSなどは書類が翌日に届くサービスを提供している。

 多少大きな荷物を日本から送るとなると、国際海上宅配便が、2週間程度かかるが、割安だ。下記の会社が扱っているが、通常のダンボール一個で1万円程度。逆にフィリピンから日本に荷物を送るのは用意ではない。

 A&K INTERNATONAL INC. 三階(みしな)さん 携帯.0928-405-0888

その他、テクノハイ、AGENT JAPAN、FOREXなどが扱っている。

3. 引越し

 多額の費用がかかるので、下記3社から見積もりを取って比較するのが良いと思う。すべて日本語で対応している。

日通:Tel.729-1002、1006

ジャパンエキスプレス:Tel.852-4467、携帯.0918-904-5356

佐川急便:Tel.776-2627

Leave a comment

Your email address will not be published.