フィリピンに夏がやってきた2009年2月22日


  つい先ごろ、寒波襲来のニュースを載せたかと思ったら、今度は夏のニュースだ。ここ1週間、毎日暑い日が続いている。ここのところ涼しくて気持ちの良い天気が続いていたので、ますますそう感じるのかもしれない。日中外を5分も歩くと汗が噴出してくる。しばらくご無沙汰だった太陽もさんさんと輝いている。
CIMG9920s-4 朝の7時ともなると太陽がピカーッと照り始める。ジープニーの中では扇子で扇ぐ人もちらほら。こんな時、ジープやトライシクルなど短距離の交通機関が多いのに助かる。CIMG9917s-4CIMG9913s-4  フィリピンの学校は3月後半から夏休みに突入する。6月の第1週まで、2ヶ月以上の長期休暇だ。人々は家族あるいは友達と一斉に郊外へアウティングに出かける。やはり海が人気で、マニラ南方のカビテやバタンガスの海岸はアウティング客で一杯になる。日帰りかせいぜい一泊の旅行で、大量の食材や飲み物を持って、現地で料理をして食べるのだが、そのための施設があちらこちらにある。

CIMG5514s-4CIMG5534s-4

 アウティングの主役は男性。料理の準備をしたり、女性に飲み物を用意したり大忙しだ。そして帰宅だが、ご多聞にもれず渋滞でマニラにいつ到着するかもしれない車で、運転役を除いて皆疲れて居眠りをするのが通例だ。

CIMG5541s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.