農場へのコロナ疎開は果たして実現できるのか 2020年7月11日


7月1日からは封鎖がさらに緩和されるものと期待していたが、あえなく7月15日まで現状維持と発表され、その期限も近づいてきた。今度こそMGCQ(もっとも緩い隔離措置)と期待出来そうなので、在宅勤務であるならば、どこにいようと関係ないと、キアンを伴ってビコールの農場に疎開することにした。

ファームハウスの部屋の窓からの絶景。こんな景色が毎日味わえるのだ。

仮に7月16日からMGCQになったとしても、毎日1000人を超える感染拡大が止った訳でもないので、当面、20歳未満と60歳以上は在宅自粛が求められ、外国人の入国も許されず、本業のビザ取得サポート業務も開店休業状態だろう。さらにPRAも半身不随でID更新のアポをとるだけでも容易なことではなく、当方としては最低限の業務をこなすことしかできない。この状態がいつまで続くかわからないので、当面、ビコールの農場で過ごすのが肉体と精神の健康を維持するために賢い選択というものだ。マニラへの帰還の目安としては、とりあえず外国人の入国が許されてPRAが本格稼動するまで、あるいはキアンの学校が再開されるまでということだとうが、数ヶ月に及ぶ可能性もある。

玄関先に設けられたプールでは子供達が、毎日、一年中遊べるのでストレスの溜まりようがない。

そもそも、この話は、今回の封鎖期間中、嫁の田舎に疎開していた息子が、それに懲りて、今度、地方への移動が許されたら、ビコールの農場に疎開したいと言い出しのがきっかけだ。3ヶ月間の田舎のスコーターでの暮らしは、なんだかんだ言っても辛かったようだ。それで、7月16日以降の封鎖緩和を見越して、息子一家、そしてキアンを伴って一年ぶりに農場に行こうということになった。それを聞いたキアンは飛び上がって喜んだのはいうまでもない。

毎朝のコンドミニアム街の通りの散歩がクッキーとココの唯一の外出先だ。

問題は、ママ・ジェーンがキアンの一人旅を許すかどうかなのだが、キアンはどうせ許されないと、はなからあきれめ顔だった。しかし、意外にも、自分も、他の二人の子供を連れて2~3週間ジョインすると言い出したのだ。彼女としても週に一度の外出(食料の買い出しとPRAの用件など)だけで、毎日、料理と昼寝に明け暮れるのもいい加減に飽きが来ているに違いない。それに他の子供達も4ヶ月もの間、家に閉じこもりっぱなしというのも良いはずない。ママ・ジェーンも一緒という話を聞いたキアンの顔が一瞬、苦虫をつぶしたようになったのは、まさに(笑)だ。いずれにせよ、ママの承認が取れたとキアンは上機嫌だった。

日曜日パパ・カーネルが一週間ぶりに帰宅して一族をマクドナルドのドライブスルーの食事に連れ出した。私にとっては、ダッジ・デュランゴの初乗りだが、空いている店がなかなか見つからず、キアンは空腹で耐えることができなくなってしまった。やっとのことで開いているマクドを発見してフライドチキンのセット人数分とアイスクリーム2個を買った。そして直ちに、車の中では食べてはいけない、アイスクリームはクッキーとココを優先してキアンは残りを食べろという指令がママ・ジェーンから発令された。それまで我慢に我慢を重ねてきたキアンは私のひざに倒れこんでしまった。多分空腹による低血糖ではないかと思うが、ママ・ジェーンの時代錯誤的軍隊トレーニングの被害者には同情せざるをえない。

そして、私は、数ヶ月の農場滞在、在宅勤務の準備構想に思いをめぐらせた。まず、業務に必須なのがパソコンとインターネット、パソコンは現在使っている環境をそのまま持って行くことにした。別途同じ環境を整えることはあまりに面倒な作業だ。もちろんスキャナー付のプリンター、さらに田舎では停電が頻繁に起るのでUPS(無停電装置)が必須だ。しかし、これらの装置全部持っていくと、マニラでママ・ジェーンが何も出来なくなるので、予備のプリンターのインクを買って動くようにしておくことも必要だ(古いプリンターはインクカートリッジ式なのでインク代が高いが、少量なので良しとした)。インターネットは家庭用のWifiを購入して持参するつもりだが、果たして十分機能するかやってみなければわからない世界だ。去年はだめだったが、この一年の間になんらかの進歩があるだろうとの期待だ。それがだめだと在宅勤務もままならないので、毎日街にでて、E-メールを使わなければならなくなる。

キアンがビコールの農場行きに浮かれているのを見て、農場の記憶があまりないのか、クッキーはソレイアカジノホテルにいきたいと主張した。ホテルはまだ、開業していないはずなのだが、ママ・ジェーンは、はいはいと、生返事をしていた。そして、ソレイアホテルの入り口まで行って、開いていないからとそのまま引き返した。それを、はいそうですかと見逃すクッキーではない。ソレイアホテルを後にしてしばらくすると、前の席から「You cheat me」というクッキーの叫び声が聞こえた。 クッキーはママ・ジェーンの嘘を見抜いていて、厳重に抗議のおたけびをあげたのだ。この辺が黙って私のひざに倒れこむキアンとクッキーの違いで、実に頼もしい。

さらにキアンのカシオ電子ピアノの持参もオンラインレッスンに必須だ。水泳用具一式、私の精進料理用の食材(2か月分)、糖尿病の薬(2か月分)などと、まるで引越し騒ぎとなってきてしまったが、旅行と一緒でこんな準備が楽しいものなのだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN1375.jpg
マカティのメインストリートのアヤラアベニューもがらんとしていて、道の外れまで見通せる。

ママ・ジェーンは、この機会を捉えて、早速キアンに、歯ブラシを言われなくてもしっかりやることと、私には玉石混交、風が吹けば桶やが儲かる式の条件をつけていた。そして翌日、キアンが早速、ビコールには行けなくなったと、悲しげな顔をして話しかけてきた。ママ・ジェーンに承認を取り消されたというのだ。理由は、歯ブラシが上手に出来なかったからだそうだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN1371.jpg
マカティの歌舞伎町ブルゴス通りのバー街もひっそりしてデリバリーのバイクが走るだけだ。

キアンに行くなということは、私に行くなということに等しい。キアンは私が留守にすると、2~3歳のころから、ベッドの下を探したり、部屋でボーッとして涙ぐんでいたり、よりどころを失ったようになってしまう。それを無視して、私が、2~3ヶ月も一人で家を留守にするというようなことはありえないのだ。ハイスクールに行くころになれば、彼女に夢中になったり、乳離れすると思うのだが、あと数年、私の去就はキアン次第なのだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN1381.jpg
街中をひた走るデリバリーサービスのバイク、この世の春を謳歌しているのは彼らだけだろうか。しかし、これもコロナ感染のリスクがあるわけで命がけだ。

それを歯磨きがどうのこうので、このコロナ禍を逃れて、私の健康と業務を両立するための疎開プランを否定するなど、一体何を考えているのかとあきれる。しかし、どう考えても本気とは思えず、単にキアンのしつけの材料に使っているにすぎないのだろう。それで、「ママはいつでも気が変るので、しっかり歯ブラシをしなさい」とキアンを諭す。案の定、翌日にはOKになったと思ったら、その翌日にはまただめになったとか、キアンの心は乱れるばかりだ。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN1359.jpg
駐車場にある運転手部屋で保管された大量の飲料水。確かに重要ではあるのだが、まさに庶民は買占めに走っているのだ。

仮にしつけであろうが、一旦、褒美を与えて、言いつけを守れないから、取り上げるというのは、しつけの原則の真逆だと思う。これをやり遂げたら褒美を与えるというのが原則であるはずだが、ママ・ジェーンの一旦褒美を上げてしまって、それをあとから取り上げるという方式は、子供のやる気を促すのではなくて、やる気を奪うだけだ。おまけにそれでもだめなら、はったおして恐怖心を与えて言うことをきかせるというのは、決して子供の成長を促すことはなく、ひねくれた好ましからぬ大人に育てるだけだろう。

This image has an empty alt attribute; its file name is DSCN1358.jpg
さらに50本近い牛乳のストック、売り出しかなにかで安かったのであろうが、ここまで来ると、やりすぎではなかろうかと思う。

一方、ビコール行きに盛り上がっている間に、15日に封鎖がさらに緩和される見通しが怪しくなってきた。新規感染者は相変わらず、毎日1000人を越え、逆にGCQからMECQに規制が厳しくなるという観測が流れはじめた。そうなるとビコール行きも怪しくなるので、キアンには、歯磨きがどうのこうのよりも、もっと大きなところで、ビコール行きはだめになるかもしれないとキアンと自分に言い聞かせている。さらに、そうなるとPRAも再度閉鎖されるかも知れず、お先真っ暗といったところだ。

キアンはココが可愛くてたまらないようだ。一方、乱暴者のクッキーはきらいだとはっきり言う。

状況は大分違うものの、日本も再度感染の拡大が進んでいるが、政府は非常事態宣言も出ししぶっている。フィリピンにおいても、ここで再度厳しい封鎖を実行したら、庶民の経済的打撃から、もはや人心をコントロールできなくなるだろう。したがって為政者は、経済とコロナ感染対策を両立する策を模索しなければならないという難しい状況にある。単に封鎖措置を厳しくして逆戻りというのでは、当方としても、さらに数ヶ月間、マニラで家に幽閉されるという状況に陥ってしまう。直りかけた病気が再発するとショックで闘病の気持ちがなえてしまうというが、全くその通りだと思う。なんと目からうろこの妙手を編み出して欲しいものだが、そうでないと、このまま老いさらばえてしまいそうな気さえし始めている。

Leave a comment

Your email address will not be published.