豆辞典 ビアハウスは庶民の遊びどころ


ビアハウスとは文字通りビールを飲ませる場所だが、日本のビアガーデンやビアホールと違い、女性がお相手をしてくれる場所だ。もちろん相手をしてもらうためには、その女性にビールをご馳走しなければならないが、自分が飲むと50ペソとかせいぜい100ペソ止まりで、大変安くてうれしいのだが、女性の場合の料金は200とか300ペソもする。しかしそれ以外は基本的に何もかからないので、よしとするしかないのだが。

ビ アハウスはフィリピーノ庶民の癒しの場として、全国津々浦々にある。横丁で、はでなピンクや赤い光があったらそこはビアハウスだ。中では若いけれど もちょっと太目の女性が退屈そうに客を待っている。あるいは下手な歌をがんがん歌っている。中にはいるとママさんらしきおばさんが女性はいかがです か、とまずは聞いてくる。面食いの私にはまず誰も選ぶことができないのだが、仕方がないから、一番若い人などといって、人任せにしてしまうことになる。それでビールということになるのだが、彼女たちは、よくまあと思うほどビールをガブガブ飲みする。だから大概の女性が太っているのだ。

ビアハウスの女性は連れ出しができる店もあるそうだ。地方では1000とか1500ペソ程度ですむそうだが、女でさえあればなんでも、というような人向きかと思う。特にタガログ語がほとんどできない私にとっては会話を楽しむこともできないし、なんともお付き合いのしようがないのだ。

CIMG3605s

マカティ市内でもちょっとはずれるとビアハウスが点在している

 アルバイ ポランゲ

私 の家のあるビコール地方アルバイ県周辺のビアハウスで働く女性はほとんどポランゲという町の出身だそうだ。ポランゲでは女の子が生まれると両親が大変喜 ぶそうだ。この子が大きくなったら売春婦として働いて家計を助けてくれるといって。そんなことが今のご時世にあるはずがないと、巷のことに詳しいある女 性に尋ねてみたが、本当だというのだ。そうなったら、その本家本元のポランゲにあるビアハウスに、ことに真偽を確かめに行くしかない。しか し、私の農場から車で一時間もの距離にあり、夜中、酔っ払い運転をするわけにもいかず、長い間、実現しなかった。

先 日のホリーウイーク明けの日曜日、日本からの訪問客とともにフィリピーノの案内で伝説のポランゲを訪問した。小さな街で、ことの真相は確かめることは できなかったが、郊外に比較的大きくて清潔なビアハウスを発見した。20~30人の相変わらず太目の女性がいたが、普段は100人近い女性が いるそうだ。個室ではオールザウエイ(全裸ショー)もあり、さらに別室があって、そこでは1500ペソで二人だけになれるとのことだった。マニラではちょっと見られな いシステムだ。今回は事前調査のみにして帰ったが、次回は是非ホリーウイークを避けて訪問したいと思う。

CIMG3397sビコール地方アルバイ県に名をとどろかしている大型のビアハウス

 マカティ

マ カティの町にもビアハウスはある。しかし我々の眼にはどれがそうなのかよくわからない。フィリピン通の友人も連れて行ってはくれない。行きつけのレストランの マスターと親しくなった私は、その人のおかげで、まさか、自宅から数分のところにその手の店があることを知ったのだ。それからは段々要領がわかってき て、区別がつくようになり、誇らしげに近くに住む日本人の友人を案内したりした。自分は、やはり女性を選ぶことができなくて足が遠のいているが、友 人たちはちょくちょく行っているようだ。

Bob’sというビアハウスはマカティ市内に何軒かのビアハウスを経営している。パサイロードとパソンタモの交差点の近く、カマヤンの少し先に一軒、ブエンディ アのパソンタモとサウスーパーハイウエイの間、南側に一軒、密やかに営業している。ここではセクシー・ダンスも披露している。ビナイ・マカティ市長のボ ディーガードが経営しているそうで、そのためか、オールザウエイ(全裸ショー)まであるそうだ。

ケソンシティ クバオ

MRTとLRT2の交差点近くのクバオにはちょっと過激なビアハウスが固まっている。オーロラボリバードからアラネタセンターのショッピングセンター街とは反対に向って、EDSAから3本 目のWest Point通り、4本目のImperial通り、さらに9本目のHarvard通りを少し入ったところに全部で15軒ほどある。システムはどこも似た り寄ったりで、ビールが50ペソ~100ペソ、始めにまとめて3~4本でて来て、Lady’s Drinkが300ペソ弱。黙っているとジャンジャンLady’s Drinkを持ってこようとするので要注意。小さな舞台があって、そこでオールザウエイのショーがある。店として連れ出しはないが、GROと の交渉次第だそうだ。Giggles、Lanaなどの店はなかなかこぎれいで違和感がない。客もソコソコ入っていて、はやっているようだが、外人は めったに来ないそうだ。普通のフィリピン人の遊び場に興味のある方は是非訪問してみてほしい。

バクララン エアポートロード

パ ラニャケのNAIA空港の近く、バクラランのエアポートロードには、ロハスボリバードとの交差点から空港へ向って、大小のビアハウスが30軒ほど並んでいる。ショーやバンドの入った比較的大型のものからテーブルが5~6脚しかないような小さな店まで色々だが、どこも店の前に椅子を並べて女性が客引きを している。店の数が多く競争が激しいせいか、なかなか若くて可愛らしい子も見かける。気にいったら、店に入ってその子を指名して、ビールを飲みながら 歓談とカラオケということになる。カラオケといっても日本の歌はまったくない。ここはあくまでも一般フィリピーノの遊びどころなのだ。

CIMG3217s

バクラランエアポートロード沿いのビアハウス街はフィリピーノ庶民の遊び場だ

道 を歩いていると彼女達はかなり強引に店に連れ込もうとする。その時発する言葉がVIPだ。VIPとは個室ということだが、どうもそこでGROと二人 きりになれるということのようだ。値段は飲み物など込みで500~1500ペソ程度、女性への謝礼は店の格と女性次第だろうが、500 ~ 千ペソ程度のようでだ。すなわち1000~2500ペソ程度で遊べるということで、ちょっと離れたエドコンやロハス沿いの店と比べて、2分の1から3分の 1程度だ。ちなみにただ飲むだけならば、ビールが30ペソ、レディーズドリンクが160ペソ程度とこれもまた、マニラ中心街の半分程度の値段だ。

ロ ハスボリバードに近いところにあるビアハウスはネオンが瞬く立派な門構えでオールザウエイを披露する店もある。それだけに値段もマニラの繁華街と変わ らないようだ。そこからちょっと右に折れた道を進むと、いかにもローカルのビアハウスが続いている。この辺がVIPが500ペソ~、女性への謝礼が 500ペソ~の地帯だ。ただ、値段を聞くと外人価格で2000~3000ペソとかいう法外なことを言うので、黙ってVIPへ行って、500ペソの謝礼を 払って済ます、これが安く遊ぶコツだそうだ。

CIMG3588s

それぞれのビアハウスの前にはたくさんのGROがたむろして客引きをしている

12時をまわったころがピークで明け方近くまでカラオケががんがんと響き渡っているが、一 つの店に女の子は10人程度しかいないので、連れ出しというのは無いようだ。そうしたら店に女の子がいなくなってしまうのだろう。VIPというのはど このショークラブにもあるが、ここの場合はVIPというよりも納戸ような趣で、女の子と二人きりになること以外に目的は無いようだ。手っ取り早くこ とを済ませたい方には向いていると思う。ただし、店にもよるが、実に場末の雰囲気がにじみ出ているので、清潔好きの人には耐えられないかもしれない。

Leave a comment

Your email address will not be published.