タバコ周辺の案内 2012年2月11日


   今年の正月は来客を案内してマヨン火山の周りを一周した。幸い天候にも恵まれ、周辺の見所を満喫してもらった。はじめに向かったのがマヨン展望台、少々かすんでいたが、我が農場やタバコの街がよく見えた。

CIMG8257s-1CIMG8258s-1
 次に向かったのが、農場とは反対側に位置するギノバタンのカーサ・バシリアというプール・リゾートだ。国道からちょっと入ったところにあるリゾートは看板もなくすこぶる分かりにくいが、なんとか見つけて昼食を取った。そこのメニューの売りは自然養鶏の鶏肉と、ヤギの乳だ。これはまさに我が農場が目指すところで、早速注文した。しかし、クリスマスで全部使い果たしてしまい、在庫がなくて賞味することはできなかった。

     CIMG8261    CIMG8262

レガスピ市に近づくとダラガの手前に有名なカグサワ・ルーインがある。アクセスの道は、先の台風で再び流されてしまい、木造の橋が架かっていた。しかしながら、みやげ物屋はしぶとく商売を続けている。

CIMG8264s-1CIMG8265s-1

 礼拝堂の中から望むマヨンの頂上は雲に隠れていたが、手前の木とのコントラストがよかった。教会の塔の裏手の礼拝堂の壁の跡が歴史を感じさせる。

CIMG8267s-1CIMG8266s-1

 レガスピ市の空港の脇にあるのがレニョン・ヒルだ。このころ丁度マヨンが顔を出して、斜面に流れ出た溶岩を見ることができた。一方反対側はレガスピ市で手前の直線状の舗装が滑走路だ。今日は残念ながら飛行機の飛び立つところは見れなかった。

CIMG8269s-1CIMG8271s-1

Leave a comment

Your email address will not be published.