スカイ・ウエイの完成とタアル・ビスタ・ホテル(タガイタイ)2011年8月30日


27日から30日は、4連休だ。連休中日(英雄の日)に田舎から出てきた二人の子供と、ビザ発行を待つ若い退職者(Tさん)を案内してタガイ タイを訪問した。連休の中日とあって、サンタロサの出口あたりからタガイタイに到着するまでほとんど渋滞続きだった。普段の休日なら1時間半でつくところ を3時間近くかかってしまった。途中、今日の休み(英雄の日)のいわれを同行したフィリピン人に聞いて見たが、納得の行く返事はなかった。

Tさんにマカティやボニファシオのビル群を見せようとスカイ・ウエイを走って見たが、スーカットにある既存の高速道路 とのジャンクションが半年遅れで完成していた。スカイ・ウエイはここで終わって下を走るSLEX(South Luzon Express Way) に接続し、その先に続く2車線の道路はアラバンへの出口になっていて、SLEXには戻れない。ここは幅が100m近くあり、出入りの料金所ができており、 空港の滑走路付近にあった料金所は取り払われていた。 ずいぶん金をかけたようだが、それに見合う交通量には程遠いようだ。

CIMG5618s-2CIMG5619s-2CIMG5615s-2CIMG5616s-2

サンタ・ロサを出て、タガイタイに向かうと、新興団地が途切れたあたりで、ゆでたてのとうもろこしを売る店が数十軒並んでいる。100ペソ渡したら8本買ってきてくれたが、一本12.5ペソ(約25円)とは日本の10分の一の値段だ。ジャパニーズ・コーンと呼ばれるこのとうもろこしには、味にうるさいTさんも美味しいとほめていた。渋滞で昼近くになって腹ペコのKIANは、その熱さをもろともせず必死にかじりついていた。KIANは天天火鍋でゆでとうもろこしを食べて以来、大好物なのだ。

CIMG5630s-2

パイナップルがどんな風に実をつけるか知らない日本人が多いが、Tさんも気になっていると思っていたという。そこで途中で車を停めて パイナップル畑を観察。子供二人を連れてやってきていたママ・ジェーンの兄によると、昨年ビコールの農場に100本の苗をここで買って植えたうち、10本 くらいが実をつけているとのこと。たまにしか農場にいけない私は、いつも農場の果物にありつけないので、今回はパイナップルが熟したらまず、マニラに送り 届けるようにと念を押しておいた。

CIMG5636s-2 

タガイタイ・トリップには恒例のマホガニー・マーケットは人であふれかえり、さらに台風の影響で断続的に強い雨が降ってちょっと観光気分になれない。

CIMG4017s-2CIMG1835s-2

とにもかくにも空腹の我々は、混雑が予測されるレストランは避けて、マーケットのトロトロ・レストランで食事をとることにした。ここは牛のすね肉と骨を煮込んだ料理、ブラルーが有名だ。ところがTさんが顔をしかめて、ここで食べられるものはなさそうだと言う。彼はフィリピンに来て以来、フィリピン料理に音を上げていた。マクドナルドのパンもおかしな味がして食べられないという、とても敏感な舌を持っている人なのだ。

CIMG1838s-2そこで、名物ブラルーとビーフ・カルデ・ラータ を注文した。私としては、フィリピン料理の中でもこの二つはなかなかいけると思っているのだが、果たして、Tさんは「美味しい」と言ってくれた。空腹の私には、カルデ・ラータがとりわけ美味だった。

CIMG4023s-2CIMG4021s-2

元々今日は、レジデンス・インという小さな動物園にKIANを連れて行こうという計画だった。しかし、やはり大混雑が予測されるので、タアル・ビスタ・ホテルで お茶を濁して帰ることにした。渋滞のお陰で大分時間を費やしてしまったこともあるが。このホテルは1990年代、カジノも併設された、タガイタイ唯一の観 光の拠点だった。現在は街並みを形成しつつあるタガイタイだが、10年ほど前から大改装と増築を繰り返し、そのステータスを維持している。この日は旅行客 でごった返していた。

CIMG5676s-2ホテルの中庭の展望台からのタアル湖と火山の絶景にはTさんも舌を巻いていた。当のKIANは景色よりも広い雨のたまった石畳と芝生で覆われた斜面がお 気に入りで、紐からとき離れた子犬のように走り回っていた。ヤヤを家においてきたママ・ジェーンは斜面でKIANが転ぶのではないかと気が気ではない。 

CIMG5700s-2CIMG5642s-2

CIMG5671s-2CIMG5645s-2CIMG5646s-2CIMG5643s-2

一人1000ペソ程度するビュッフェで食事を取ることはめったにないが、さすが五つ星ホテルのランチ・ビュッフェとあって、フィリピン料理をはじめ、中 華、和食とバラエティに富んでいる。Tさんも、ここなら食べられるとニコニコしていた。二人きりで来たときはここで食べるのもいいが、多人数で財布がたま らない。しかし、今日はここも追加のテーブルを用意するくらいににぎわっていた。ちなみにマーケットで食べれば、全部で1000ペソにもならなかった。 

帰りの渋滞もすさまじかったが、途中SMDCのコンドミニアム・プロジェクトWINDの進捗の早さにびっくりした。2棟がすでに屋上まで立ち上がっている。左下の写真が3月、右下の写真が6月に訪問したときのものだ。

CIMG5681s-2CIMG1825s-2CIMG4014s-2

Leave a comment

Your email address will not be published.