SIRV(特別投資家居住ビザ)の取得について 2012年10月15日


最近は、日本の経済破綻を見据えて、35歳未満の若い方が永住ビザを取得しようとすることが多くなっている。35歳未満ではSRRVの申請はできないのでクオータビザかSIRVが選択肢となる。今回はSIRVの詳細について紹介する。 

 SIRVBOI(投資庁、Board of Investment)で発行されるが、条件は75000ドルをフィリピン株式に投資すること(現状ではコンドミニアム等への投資は認められていない)。年齢制限は21歳以上で、配偶者と21歳未満の未婚の子供の同伴が可能で人数に制限がない(SRRV2名まで、3人以上は一人当たり15000ドルの追加定期預金が必要)。
 
 ステップが複雑なのでSRRV(退職ビザ)より、かなり時間がかかるが、申請料は返って低めで、しかも、SRRVのように年会費(360ドル)がないので、維持費が少なくて済む。

 株式投資は、上場会社に投資するのが承認されやすいが、株式の売却はBOIが承認が必要なので、簡単に売り買いができず、塩漬けになる。そのため、ブルーチップと呼ばれる、価格が安定し、高配当を望める会社に投資するのが一般的だ。

申請の手順は下記の通り。

A.  日本での準備

①日本からDBP(Development Bank of the Philippines)にビザ発行の条件となっている75000ドルの投資金を振り込む

②無犯罪証明書を取得して、外務省/フィリピン大使館で認証する。3週間程度必要)

③戸籍謄本(同伴者がいなくても必要)

B. フィリピンに入国して暫定SIRV6ヶ月有効)の申請をする(最短で約3週間程度)

DBP75000ドル相当のペソ預金定期を作成する

②健康診断の受診

③婚姻証明あるいは出生証明の取得(同伴者の他、申請者本人も必要)

④暫定SIRVの申請と発行

C. 投資の実行(最短で1週間程度)

①証券会社に口座を開設する(TINTax Identification No.が必要)

BOIに申請して75000ドルの引き出し許可を取得し、証券会社の口座に入金する

③投資の実行(銘柄はフィリピンの上場会社、自分が設立する会社にも投資可能)

 発行された株式に裏書するなど株式購入後、証券会社のアクションで1~2ヶ月かかる。

④出国許可証の申請(暫定ビザで日本に一旦帰国する場合に必要)

D. 正式SIRVを申請(3週間程度)

①投資株式の書類が整ったら、BOIに正式SIRVIDを申請する。

 以上から、A.日本での準備が3週間、1回目の入国でBCをやるとして、最低4週間のフィリピン滞在が必要。投資の実行までやって、一旦帰国して株式投資の書類が整ってから再入国して3週間ほど滞在して正式ビザの取得となる。もちろんそのまま連続してフィリピンに滞在することも可能だが、その場合、順調に行ってSIRV取得まで3~4ヶ月の滞在が必要となる。

 パスコでは上記のビザの取得のサポートをしています。費用等の詳細は別途お問い合わせください。

Leave a comment

Your email address will not be published.