Meilyn(梅林)レストランで歓迎会 2012年10月6日


   この日は、PRAのフィリップさんの帰国歓迎ということで、梅林(Meylin)中華レストランで食事を取った。Jupitor通りのルートンマカオの並び、マニラ方面へ5分ほど歩いたところにある。ここの売りは手打ち麺の実演だ。かつて香港のレストランで見たことがある。

 この、手打ち麺を注文すると、店の奥で麺をこねるところからゆでるところまで見せてくれる。KIANがさぞかし喜ぶことだろうと、ここで食事をとることにしたのだが、こねる部分に時間がかかり、KIANは飽きてしまった。

CIMG4650s-4CIMG4675s-4

あの粉の塊から、一瞬のうちに麺まで仕上げる芸当はたいしたものだが、 よほど延びやすい麺を使っていると見え、麺の味そのものは今一だった。

メニューのほとんどは200ペソ程度で、一皿の料も少なめ。中華料理特有の大きな円形テーブルも一箇所しかなく、2~4人で楽しむのに適したメニューだ。ルートンマカオでいつも注文する野菜とシーフードのミンチスープ、パタティム(豚足を長時間煮込んでやわらかく仕上げた料理)、クラゲとピータンの前菜、などなど10皿ほど注文したが、量的には多少余る程度だった(出席者は全部でKIANも入れて9人、カーネルとキムは不在)。

CIMG4658s-4CIMG4660s-4

中華料理の注文は一人につき一皿を原則としているのだが、あいかわらずあたっているようだ。パタティムは中華パンと一緒に食べるのだが、ルートンマカオと違って、肉まんの側のような生のパンだった(上の写真の中央)。その中にパタティムの肉を挟んで食べると大変美味だ。 全体的あっさりした味付けで、それなりにおいしい。ルートンマカオのような圧倒的な迫力には欠けるが、少人数で食事を取るにはもってこいだ。ただし、麺類はあまりいただけない。

 たまたま居合わせた最近お子さん連れで移住してきた母子と一緒したが、KIANはすっかり意気投合し乾杯を繰り返していた。子供同士は国籍などなんの関係もない。領土問題も糞くらえだ。

CIMG4676s-4CIMG4677s-4

ところで、最後になるが、PRAのフィリップさんとはこの場を借りて、最近の無犯罪証明書の認証に関わる問題を議論した。私が、現在日本大使館と交渉中の、「日本大使館と比外務省での認証」への道を開くよう協力することで、合意した。来週早々にもPRAのトップとミーティングを持ち、さらに一緒に日本大使館を訪問することにした。これがOK になれば、すでにフィリピンに居住している退職者が日本に行くことなしに無犯罪証明書を取得して、認証の上、PRAに提出することが可能となる。これは、退職者にとっての一大朗報となるはずだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.