Group: SRRV FAQ

よくある質問 (Frequently Asked Questions)


予定した帰国日までにSRRVが発行されず、かつ、都合で帰国を延長することができない場合、申請を中断してパスポーを受け取り、帰国することができます。そして、3ヶ月以内にフィリピンを再訪して申請継続を行うことが出来ます。その場合、Re-validation Fee として5520ペソの支払いが必要となります。発行期間は、2週間程度です。

SRRVの発行が長引いて、帰国しなければなくなってしまいました。その場合、SRRV申請はどうなるのでしょうか




できます。ただし、就労先が決まったらAEP(Alien Employment Permit、外国人就労許可証)をDOLE(Department of Labor and Employment、労働雇用庁)から取得してください。ただし、医師/看護士、弁護士、エンジニアリング/建築士などフィリピン人に限定されている職種に就くことは出来ません。マニラ首都圏で就労する場合、PASCOが許可証の取得のお手伝いをしています。なお、同伴者のお子さんは就学することができます。英会話学校に通う場合、SSP(特別就学許可証)も免除されます。

SRRVは退職ビザと呼ばれていますが、このビザでフィリピンで仕事は出来るのですか




口座開設に当たってACRは不要です。SRRV保持者はACRを免除されています。銀行員がそのことを知らなかったらIDカードの裏にその旨記載されているので、見せてください。それでも納得しなかったら、PRAに電話して確かめるように要求してください。

銀行で口座を開こうとしたら、ACR(外国人登録証)の提示を求められたのですが、SRRVの場合、発行してもらえますか




出来ません。外務省で認証(公印確認)した場合、フィリピン大使館で認証してもらわなければないません。フィリピンで認証する場合は、日本大使館で印章確認を行って、フィリピン外務省で認証できます。クロスでの手続きは出来ません。

SRRV申請のために無犯罪証明書/戸籍謄本の外務省とフィリピン大使館の認証が必要ですが、外務省の認証だけを日本でやって、フィリピン大使館の認証はフィリピンで出来ますか





空港の入管係員の判断によりますが、日本にいてIDカードを更新することが出来なかったなどと言い訳をすれば、OKになるかもしれません。あるいは最悪の場合で、30日間有効の入国ビザを与えられます。その場合、入国後、IDを更新して、さらに入管に行ってビザスタンプの修正をしてもらう必要があります。そうでないと入国ビザ30日以内に出国する必要が出てきます。このような、面倒を避けるために、IDカードの更新をパスコが代行して行い、郵送します。

日本にいる間にIDカードの有効期限がすぎてしまいました。このままでフィリピンに入国することは出来ますか。