2010年おおみそかのパーティ 2011年1月8日


遠くで花火の音が鳴りはじめたら新年が近い。市街地は爆音と煙で往生していることだろうが、農場には心地よい騒音だ。また、この花火で全国で毎年千人以上怪我をして、命を落とす人もいるそうだ。

 米、卵、カラマンシー、みかんなど丸いものと現金を飾って福を呼ぶのが中国の習慣で、福建省出身の中国人を父に持つジェーンの正月恒例の飾り物だ。今年はペソの現金の持ち合わせがなくて、ドルと円の飾りになった。CIMG5294s-1

大人たちは料理の準備、子供たちはからおけで年が明けるのを待った。子供たちの一番人気は相変わらずタイタニックのテーマソングで繰り返し変わりばんこに歌っていた。

 しかし、犬にとっては正月もなにもない。カラオケが騒々しくても我関知せずを決め込むアイス。CIMG5476s-1

 あまりの騒々しさか、キアンが眠りから覚めてパーティに参加。周りでいったい何が起きているのか、と好奇の目を見開いている。キアンを抱いているのは父親、カーネルの娘のキム。ヌエバビスカヤから駆けつけた14歳のお姉さん、ハイスクールの3年生だ。このところ成長著しくお父さんの背に迫る勢いだ。CIMG5368s-1 CIMG5379s-1

 12時になると除夜の鐘ならずなべの金で悪霊を追い払うのが、やはり中国の習慣だそうだ。皆なべのふたを匙などでたたいて、思いっきり音ををたてて、各部屋や家の周りをまわり鬼は外をやる。CIMG5360s-1

新年の悪霊払いを終えて、まずは家族、皆で記念撮影。ボボイの4人の子供は寝てしまったが、その他の家族は全員集合だ。CIMG5382s-1

恒例の家族一同の記念写真撮影が終わると、今年最初の食事だ。昼から準備してあった大量の料理が用意されている。祝い事にはあの甘いスパゲッティが欠かせないが、私は手を出せなかった。CIMG5349s-1

ちょっと前まで子供だと思っていたが、ハイスクールに進んでいるバネサ、ビアンカそしてアライサもそろそろ色気が出てきた。あの甘いスパゲッティとさらに甘いフルーツサラダをたくさん取ってきておいしそうに食べている。 CIMG5401s-1 CIMG5329s-1

上海ルンピア(春巻きを揚げたもの)に使ったチーズでHAPPY NEW YEARとまな板に書いた女の子軍団・年長組みがハイチーズ。CIMG5413s-1

 最後はプレゼント。マニラの問屋街デビソリアで買い求めた大量の物資が皆に手渡される。さらに最高賞金500ペソ2本のくじ引きで幕。このころ時計はすでに2時を回っていた。CIMG5425s-1

 

Leave a comment

Your email address will not be published.