雑記帳 駐在日本人は異国の人


企業から派遣されて駐在している日本人は、たとえ、それが中近東やアフリカにでも命令されれば、躊躇せず赴く企業戦士だ。それがたまたまフィリピンだっただけだ。セキュリティの万全な高級ビレッジあるいは高級コンドミニアムをあてがわれ、ドライバーつきの車で、ドアーツードアー、決して危なげなところには近づかない。会社にかしずく駐在員は決してスキャンダルを起こしてはならないのだ。

企業からの駐在員は在比日本人をあまり相手にしない。相手にしても何の得にもならないばかりか、何や怪しげな人種とでも思っている節がある。そのため、マニラ日本人会は駐在員のもので、その他の在比組日本人は別途に会を作るなど一線が画されているようだ。

彼らのフィリピンはゴルフとカラオケ、それにできの悪いフィリピン人社員でしかない。所詮、数年したら任務を果たして帰国する身だから、フィリピンのことは何も知らなくてもいいのかもしれない。

しかし、中にはフィリピンを好きになり、定年後舞い戻ってくる人が少なからずいるようだ。そうなると、退職ビザなどの永住ビザをを取って、フィリピンに自分の意志で住んでいる在比組みの仲間になる。土着という言葉が適切かどうかわからないが、フィリピンに土着してみると駐在員時代では見えなかったフィリピンが見えてくる。そして新たなる驚きと感動そして戸惑いを味わうことになるのだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.