韓国KBSの取材 2008年6月28日


先日の夜、家でくつろいでいると、突然、チャンネル16であんたがテレビに出ているよと、携帯にメールが入った。あわててチャンネルを回したが、ケーブルテレビのプロバイダーが違うので見ることができなかった。しかし、その後、知り合いから私をテレビで見たというメールがしきりなしに入った。これは韓国 KBSがフィリピンで日本人並びに韓国人退職者の取材を行い放映したものを、フィリピンでも放映していただ。ある韓国人の友人の依頼で200712月から20081月にかけてその取材に協力するとともに、自らも取材を受けたものなのだ。

カメラを向けられて緊張気味のジェーン

急遽開催されたビアンカの誕生会

急遽開催されたビアンカの誕生会

パーティの取材も余念がない

パーティの取材も余念がない

  KBSは、まず私の事務所を皮切りに、フィリピン退職庁、パラニャケのイリジウム、アラバンビレッジ、さらに1泊でビコール地方、アルバイ県の私の農場を取材に訪問した。翌日は知り合いの娘のビアンカの誕生日だというので、それにかこつけて知人やご近所を招待して盛大にパーティを催した。翌日は近所を歩いて周り、ハイスクールの催し物やバランガイ・キャップテンを取材していった。また帰りの飛行機ではめずらしくマヨン火山の間近を通過し、迫力のある火口を間近に見ることができた。

取材方針を話し合う取材陣

取材方針を話し合う取材陣

レガスピ空港でマヨン火山をバックに一同整列

レガスピ空港でマヨン火山をバックに一同整列

このあと、セブで小島の村長さんになっている崎山さん、スービックでトロピカル・パラダイスという日本人向けの住宅を経営している高橋さん、などを取材していった。

この日は飛行機からマヨンの絶景を拝むことができた

この日は飛行機からマヨンの絶景を拝むことができた

Leave a comment

Your email address will not be published.