銀行口座の凍結について 2011年2月10日


最近、別件で銀行に寄ったおり、ドル送金用に開設したある退職者の普通ドル預金口座が凍結されるから、その前に対処して欲しいと、頼まれた。数百ドルの 残金があるので、このままではもったいないという。どうすればよいのかと聞くと、1ドルでもいいから入金して欲しいとのこと。とっさに同行した他の退職者 に10ドル借りて、5ドルづつ二人の口座に入金した。これであと1年ほっておいても大丈夫とのこと。

 口座が凍結される (Dormant)条件は、年以上全く出し入れが無い場合で、一旦凍結されると毎月5ドルづつペナルティとして引き出され(残高が規定以上あれば引かれない)、いずれ残高がなくなって口座 そのものが取り消されることになってしまう。また、例え残高があっても、10年経過すると政府の管理化に移行されるそうだ。これを解凍するためには (Reactivate)所定のフォームに口座名義人が署名して提出しなければならない。そのため、原則本人が銀行に赴かなければならない。

 一旦退職ビザを取ったものの、当面に日本にいて将来フィリピンに住もうと計画している方も多い。だから口座にお金を出し入れしようにもやりようがない。口座が凍結されることを防ぐには下記の処置を事前にしておけば良い。

. 私ないし誰かフィリピンイいる友達に代行してもらって年に一回、少額を口座に入金する(日本からでは1ドル送るのに数千円かかるのでバカバカしい)。

. 定期預金を作成したとき、残高を全部下ろして口座を解約してしまう

3.退職ビザの取得のために開設した定期預金の利子をこの口座に自動振込して、出し入れの実績をつくる 

  こんな話があってから、当事務所に来ている退職者の銀行からの通知を開けてみた。そうすると6名ほどの凍結口座の通知が見つかった。残高がほとんど無いの は良いとして、数百ドル以上の残高があるものについては銀行と話し合って下記の処置をとることにした。これらの退職者は全員が日本に在住していて、2年以 上フィリピンを訪問していない。

. 所定のフォームを日本に送って署名して送り返してもらう。

. 書類が届いたら、私が代行して銀行に提出して口座を解凍する

. 今後このようなことが起こらないように、定期預金の利子を自動的に口座に振込む手続をする

  この際、フィリピンの口座がどうなっているか、是非調べて欲しい。凍結される前であれば、1ドルで済む問題なので、当方が代理で処置をしておくことも可能 だ(ただし、当方がビザのお世話をした方で、かつBank of Commerce Bel-Air 支店に口座をお持ちの方に限らせてほしい)。

 なお、ビザ取得のために行なっている定期預金については満期が来れば自動的に更新されるので、ご心配は無用。 

Leave a comment

Your email address will not be published.