フィリピーノ気質 遅れるのが当たり前


一年中常夏のせいか、時間の観念が少々いい加減なのがフィリピンだ。とにかく約束の時間にこないのにはいらいらさせられる。もっともマニラのこんな渋滞では決められた時間に到着するなんて至難の技かもしれない。しかし、田舎にいても同様なのでどうも渋滞のせいだけではないようだ。遅れてもけろっとして“トラフィック カセ(交通渋滞だから)”などといい訳をする。これだけはどうしようもないようだ。普段の生活のことならばこちらも気楽に構えていればいいのだが、会社の社員となったら、事情が違う。遅刻したら給与を差し引くようにすると、決して遅刻をしなくなる。

もし女性がデートに遅れたのであれば、決して責めてはいけない。女性がデートの約束に時間どおり行くのは物欲しげでとても恥ずかしいことなのだ。30分遅れて行くのがルールだそうだ。一時間待ってもこなかったら、あきらめて帰ったほうが良いだろう。自分を優位に立たせたいと思ったら約束の時間に遅れていくのがコツだそうだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.