農場と周辺の案内2009年3月5日


 225日より31日まで、退職者2名を農場とその周辺を案内した。マニラは夏がやってきてとても暑いが、ビコールも前回に比べて大分暑くなっていた。しかし、相変わらず雨が多く、今回もマヨン火山を見れたのはたったの一回だけだった。

CIMG7200s-4 タバコ市の北のTiwiには地熱発電所があるが、それを過ぎるとまるで三陸か北陸の海岸線のような地形で、当地ではHanging Roadと呼ぶ道路が続く。  Tabaco市のあるAlbay県のはずれはJoroanという村で有名な教会があるが、今回は割愛してその先の滝を訪ねた。急な坂道を降りていくと海に2本の滝が流れ込んでいる。まさに三陸海岸だ。滝の上では村の女性達が洗濯をしていた。

CIMG0015s-4CIMG0017s-4

 タバコ市に昨年8月「水仙」という日本レストランがオープンした。退職者の一人はこれから1年間滞在する予定なので、たまには日本食が恋しくなるだろうと、試食をしてみた。120ペソ程度で定食を食べることが出来るが、まあまあの味だった。ただし、客は我々だけで、いつまで持つか心配だ。

CIMG0018s-4 CIMG0022s-4

 レガスピ市から海岸線をちょっとタバコへ向ったところで、10分ほど山道を入るとゴルフ場がある。あるいはあったというべきか。かつては立派なゴルフ場だったそうだが、1980年代の噴火で壊滅的な被害を受け、今はコースがあるだけだ。それでも土日はプレイする人がいるそう。ちなみにグリーンフィーは 300ペソ。キャディフィーが300ペソだそうだ。 下の写真はなんとクラブハウス、第1ホールは海に向ってのショットだ。グリーンの上には子牛がたむろしていることもあるので注意が必要だ。牛に命中したらワンペナかどうか定かではない。

CIMG0023s-4 CIMG0025s-4 CIMG0028s-4 レガスピ空港のすぐ脇には200m位の小高い丘がある。現在車で上ることができて、頂上には休憩所が建設中だった。レガスピ市を一望できて すばらしい。タイミングがよければマヨン火山の勇姿も一望できる。

CIMG0034s-4 CIMG0038s-4

 タバコ市には闘鶏場が2箇所あり、毎日どちらかが開いている。この日は平日のため、出場する闘鶏が少なく盛り上がりにかけていたが、来たる321日にはダービーがあり最高賞金は12万ペソだそうだ。

 CIMG7181s-4 CIMG7186s-4

 農場からはマヨン火山の中腹にある展望台が見える。この日は比較的天気が良かったので退職者を展望台に案内した。トライシクルに大人3人、子供が5人も乗り込んだので、途中何度もとまりながらやっとの思いで到着した。展望台からは遠くにタバコ市、そして農場も見える。

CIMG7210s-4CIMG7215s-4 CIMG7205s-4CIMG7213s-4  展望台には新しくレストランもオープンしていた。しばらくいると子供達が寒いからもう帰ろうと言い出すしまつ。バギオやタガイタイのような気候で晴天でも肌寒さを感じる位だ。途中鈴なりのジープニーに出会って一枚。 

CIMG7198s-4
 展望台のちょっと手前の水溜りでくつろぐカラバオ(水牛)の親子。日陰で気持ちよさそうに水に浸かっていた。

CIMG7224s-4 CIMG7222s-4

 農場の近くは籐家具の産地だ。道路わきに製品を並べて売っている。下の写真のリビングセットが13000ペソ(26000円と日本と一桁違う価格で売っていた。いずれ農場にコッテージを建設したら、籐家具を置くのが安いし豪華でよさそうだ。

CIMG7225s-4  農場では子豚が11匹生まれていた。退職者の方にレチョンにして振舞おうとしたら、生まれて建ったの1週間の命ではあまりにも可哀想ということで見合わせることになった。また、ガチョウの卵や七面鳥の雛も生まれていた。

CIMG0048s-4 CIMG0049s-4 CIMG7191s-4 CIMG7193s-4

 丁度刈り入れのシーズンにあたり、玄関前のテラスは籾でいっぱいだ。

CIMG0054s-4CIMG7236s-4
 将来コッテージとプールの建設を予定しているエリアには5年ほど前にパームツリーを植えてある。それが知らない間に大きくなって実をつけている。しかし、誰もこの実の食べ方を知らず、毒があるから食べられないと言い出す人もいてさらに研究が必要だ。

CIMG7178s-4 CIMG7177s-4

この日のご馳走はシャンハイ・ルンピア(春巻きを揚げたもの)とキャッサバ・ケーキ(芋の一種)。子供達も総出で手伝っていた。
CIMG7232s-4 CIMG7238s-4

 

Leave a comment

Your email address will not be published.