豆辞典 マニラで一番美しい アメリカンセメタリー


マカティの東、元フィリピンの軍事施設だったフォートボニファシオには第2次世界大戦で戦死したアメリカ軍の墓地、アメリカンセメタリーがある。そこには推定4万人の兵士のなきがらが眠っているが、整然と並んだ白い十字の墓標は墓地というよりも、庭園のようでマニラで一番美しいともいえる景観をなしている。訪れる人もわずかで、マニラの真ん中にこのような場所があるとは信じがたい感がある。

CIMG6830s

入り口からセメタリー中央を望む

CIMG6844s

セメタリー中央から建設中のボニファシオグローバルシティを望む

CIMG6857s

ボニファシオの高級コンドミニアム群

 墓地の中央には祈りを捧げるためのマリア像が置かれ、それを基点として直径100m位の円形の白い回廊が建っている。そこには安置されている兵士の名前と出身地が刻まれているが、円形回廊の端にはいくつかの部屋があり、そこには、日米海戦の模様がモザイクタイルで描かれている。戦後生まれの私にとってもなかなか興味深いものだ。

CIMG6848s

戦死者の氏名を刻む白い回廊

CIMG6850s

祈りを捧げるマリア像の部屋

CIMG6846s

日米海戦の歴史をつづるモザイク

CIMG6854s

戦死した米兵の名前が累々と続く

フォートボニファシオは1990年代 の末、大規模な国際競争入札の末、民間に払い下げられ、開発が急ピッチで進められている。マカティのすぐ北に位置する好立地から、高級コンドミニアムや マーケットマーケットというモールが建設され、多くの人々が訪れはじめている。その周囲はダスマリャネス、フォルベスパーク等の高級ビレッジあるいはマ ニラゴルフやマニラボロクラブがあり、環境としても申し分ない。いずれ、ビジネス街としてもマカティに継ぐ発展が期待されているが、このような都心に広大な用地があるということは、日本では到底考えられないことだ。それだけフィリピンは発展の余地が大きいといえると思う。

CIMG6831s

セメタリーとビル群の対比が独特の景観を作っている

CIMG6839s

セメタリーの周りは新開発の高級住宅

CIMG6841s

セメタリーの後方はタギグ市、火炎樹が映える

CIMG6856s

巨大モールのマーケットマーケットの遠景

 フィリピンでもっとも近代的な街並みが形成されつつあるボニファシオの中央に位置するアメリカンセメタリーは、そのまま永遠に残され、第2次世界大戦の記憶を永遠に刻み続けるだろう。

CIMG6852s

壁に記載された碑文

CIMG6838s

白いカラチュチの花はお墓につき物

CIMG2522s

中央の庭園はよく手入れがされている

Leave a comment

Your email address will not be published.