第26回、PRA創立記念パーティ開催される 2011年7月23日


 722日(金)、第26回目のPRA創立記念パーティが開催された。昨年は25周年という節目のためか、Sofitel ホテルで豪勢なパーティを行ったが今年は、ロックウエルのはずれのメトロポリタン・スポーツ・クラブのボール・ルームでこじんまりとしたパーティだった。

CIMG4567s-2 CIMG4573s-2

 レセプションは相変わらず、PRAの若手社員が大勢受付をしていたが、見知らぬ顔もかなりいた。会場は狭く、ビッチリ並べられた椅子には招待客が200 人ばかり狭苦しそうに座っている。1時間ほど遅れて行ったせいで、プログラムはかなり進行していたが、それでもGMのスピーチや、リム観光大臣のスピーチは聞くことができた。大臣のスピーチによると、アチエンサGMはリム大臣のクラスメイトで、彼の指名による登用だそうだ。右下の写真が大臣だ。

CIMG4569s-2CIMG4571s-2

CIMG4581s-2CIMG4590s-2

 この日、ちょっと躊躇されたが、KIANを私の同伴者として連れて行った。退職者は1名の同伴者を伴うことができるとなっており、年齢制限もないのだから、良しとした。それにフィリピンではこんなパーティに子供が参加することは当たり前だ。KIANにはこのようなパーティに場慣れさせて物怖じしない子に育てたいと思っている。KIANを抱いているのはPRAマーケッティングのノエル部長だ。

CIMG4585s-2

PRAに退職者を紹介してビザ取得のお手伝いをする役割でPRAに認定された者をマーケッターというが、パスコは、紹介した退職者数で昨年は第2位となり、表彰状と記念品(缶詰の詰め合わせ)を受け取る相棒のジェーン。左はPRAアドミのエテル部長。

CIMG4608s-2レセプションではプロの絵描きが数人、参加者の無料で似顔絵をスケッチしてくれていた。KIANもしっかりとモデルになって似顔絵を描いてもらった。式典が終わると記念撮影とダンスタイムだ。退職者の客はほとんど帰り、PRA職員が大臣やGMとともに記念撮影をしている。KIANといえば、その前を行ったり来たりして、すっかり場になじんでいた。

CIMG4591s-2CIMG4602s-2

 さらに舞台に上がってプロの歌をバックにダンスを披露。音楽にあわせて踊るのが大好きなKIAN1歳と3ヶ月の晴れ舞台だ。CIMG4612s-2

Leave a comment

Your email address will not be published.