洞窟探検 2015年2月3日


ジェーンの勧めで、今日は、皆で近くの鍾乳洞を探検に行った。2~3度、行ったことはあるのだが、KIANにとっては初体験なのできっと喜ぶだろうという主旨だ。農場から車で一時間くらいのところにあるこの洞窟は、Hoyop-hoyopan Cave と呼ばれ、フィリピンでは、あまりおめにかかれない鍾乳洞だ。しかし、山の中腹にあるためか、水はほとんどなくて、美しいとは、ちょっと言いにくい洞窟だ。

農場に遊びに来ていたカレッジグループを伴い、トライシクルでタバコの街に向かったが、途中、年末のパレードに遭遇。ジェーンの長兄、ダシンの家で、教会に出かけていたジェーン一家を待つ。

CIMG7724CIMG7725

CIMG7726CIMG7728

カレッジが5人、ハイスクールが一人、それにKIAN、私と息子、それにカーネルとジェーンの総勢11人が7人乗りの三菱モンテールでぎゅうぎゅう詰めでで出かけた。年長組みで車はいっぱいだったので、後、7人の年少組みは、割愛された。1時間くらいで、 ホヨップホヨパンというおかしな名前の洞窟に到着。カーネルとジェーンは、どういうわけか車で待っているというので、子供達を伴って、急坂を登ること、約5分、いよいよ洞窟に到着だ。

   CIMG7729   CIMG7731 CIMG7732 CIMG7730

ホヨップホヨッパンと風が吹き抜けるというような意味らしいが、暗闇に恐れをなしたKIANは、常に抱っこをねだる。私は、写真撮影に忙しいので、もっぱら息子が抱っこ役だ。

CIMG7734 CIMG7737 CIMG7740 CIMG7741

洞窟を突き抜けると反対側の斜面に出る。そこからは、マヨンの絶景が拝めるはずだったが、今日は雲って見えなかった。さらに、ちょっと上にある入り口から再び洞窟に入ると、天井にはこうもりがいて、KIANはものめずらしそうに懐中電灯をあてている。

CIMG7742 CIMG7745 CIMG7746 CIMG7748

大きな手のように見える鍾乳石には頭をつけて挨拶するKIAN。

     CIMG7738    CIMG7744

洞窟を出ると、おきまりのお土産屋だ。記帳をしてから、皆、キーホルダーなど他愛のないものを買い求めていた。

CIMG7749 CIMG7750 CIMG7751 CIMG7752

Leave a comment

Your email address will not be published.