新型コロナは新型世界大戦なのか2020年3月29日


マニラ封鎖が始まって2週間、自宅にこもって、ひたすらテレビとインターネットで新型コロナのニュースを追っている毎日だ。封鎖といっても 食べるものさえあって、 風邪でも引いて寝込んでいるのだと思えば、 さほどなことでもない。テレビやインターネットのニュースで世界中が同様な状況にあると知れば、じたばたしても始まらないし、焦ることもない。イランや北朝鮮の経済封鎖といっても、そこに住んでいるものにとっては、きっと単なる日常にすぎないのだろう。

テレビやインターネット、そして新聞も毎日来て、情報があるということが大きな救いになっている。SNSでメディア以外の情報もはいるということも、物理的に分断・隔離されているとはいえ、平静を保っていられる要因の一つだろう。第2次世界大戦のころのように情報はラジオと新聞だけで、それも政府に捻じ曲げられているものばかりでは、耐え難いものがあったろうと想像される。

マニラに通じる主要道路は迷彩服姿の警官により封鎖されている(左がカーネル)

封鎖中にもかかわらず、フィリピンもじわじわと感染が広がって、キアンの主治医が感染したとか、賃貸の世話をしている高級コンドミニアムから感染者が出たとか、身近なところで感染者が出はじめている。日本でも志村とか藤浪とか、有名人が感染したとニュースが流れているが、こんな私的なことまでニュースになるのは有名人の辛いところだろう。

東京も封鎖が近いとか噂が流れているが、すでにマニラがそうであるように、封鎖されると人々は家に閉じこもり、食べることと医療以外、すべての社会・経済活動を禁止される。そうなると、航空、宿泊、飲食、交通、娯楽等のサービス業界は売り上げがなくなり、日銭で生活している人々は収入の糧を失い、食うこともかなわなくなる。

マニラも1ヶ月ということで封鎖が開始されたが、世界的に感染のピークはまだまだで、あと2週間で解除されるとは考え難い。この状況が長く続くと、経済的打撃は計り知れないものになるだろう。そのため、世界各国の首脳は、庶民の危惧を払拭しようとポスト・新型コロナの経済政策の発表に余念がない。逆に言えば、彼らはポスト・新型コロナの世界経済を非常に悲観的に見ているのだ。

カーネル(左)は不眠不休でマニラ封鎖の指揮にあたっている

1900年代初頭に世界を飲み込んだスペイン風邪では 数億人が罹患し4000万人が亡くなくなったといわれるが、その対策は、水際対策、飛沫予防そして隔離が主なものだった。そして、多数の人が罹患して、免疫を獲得してようやく収束に向ったそうだが、未知の自然相手では、人間が生物として備えている免疫というシステムに頼るしかないのだ。

現在、人類はワクチンという近代兵器を獲得してウイルスとの戦いに勝利してきた。しかし有効なワクチンがない新型コロナの対策はスペイン風邪と代わりがなく、現代医学もたちうちできない。ワクチンの開発には少なくとも一年は必要だそうで、1ヶ月やそこいらで今の状況を抜け出せるとは思えない。したがって、各国の首脳が描いている経済対策が必須のものとなるのだろう。

新型コロナ戦争が人為的なものなのか、事故なのか、あるいは自然災害なのか諸説あるが、無差別的に世界中を巻き込んで人類を分断・隔離している状況は神がかり的であり、過去人類が繰り返し経験してきた人類存続の危機であるとさえ言える。地球温暖化が地球の危機として取り沙汰され続けてきたが、とんだ伏兵が出てきたもので、中近東の局地戦などは人類のままごとにさえ映る。

家に戻ってきても、観察期間中ということで、家族とも隔離されるカーネル。コロナ戦争が終結したら帰還兵のように、たっぷりボーナスをもらって長期休暇をエンジョイしてほいいものだ。

いずれ新型コロナも克服されるときが来るだろうが、そのとき、戦後経済はどうなるのだろう。人と人との交流・接触による社会・経済活動に懲りた人類は、実体経済を捨てて、現在、社会・経済活動の主流になりつつあるサイバー空間での活動に傾注するだろう。すなわちGAFA(Google, Apple, Face Book, Amazon)等の巨大組織が世界を完全掌握する日がくるのではなかろうか。これらサイバー空間は新型コロナという実体社会の殺し屋の攻撃にはびくともせず、救いにさえなっているのだ。

現在、私が行なっている、外国人のフィリピン行政手続きのサポート(退職ビザ、会社設立、不動産契約/登記、相続)などは外国人とフィリピンを結ぶ実体経済社会の要だと思うのだが、こんなものはまさに過去の遺物と化してしまうのではなかろうか。あるいは逆に、サイバー型現代社会に嫌気がさした多くの外国人(特に欧米人)が、フィリピンに向うのではなかろうか、とママ・ジェーンは密かに期待している。

いずれにせよ、サイバー社会になったら、早く後継者を育てて退職ビザの案内はママ・ジェーンに任せ、私自身は、かねてから準備していたビコールの農場に引きこもって自然農法による自給自足の生活をするつもりだ。そこにはまさに実体そのものしかない世界だ

家の中では、キアンの弟、ココ(次男、4ヶ月)が無邪気にパパ・カーネルの帰りを待っている

Leave a comment

Your email address will not be published.