待望のジープニー路線図が発売された 2010年7月28日


フィリピンに暮らしていて大変便利だけれども難敵なのがジープニーだ。いつでも待たずに乗れて、格安でぼられる心配もないジープニーが乗りこなせたら、一人前のマニラッ子だ。ご承知の通り、ジープニーは路線が決まっていて、行き先をちゃんと把握して乗らないととんでもないところに連れて行かれてしまう。だから、行き先の地名を知らないとどうしようもない。私も、自宅付近を基点に毎日のように行くマカティ・スクエアー(リトル東京)やPRAなどはジープニーで行くことが出来るが、そのほかは全くだめだ。

 そこで誰でもが思うのがジープニーの路線図があったら、何とか乗れるであろうと、いうことだ。それが、ついに発刊されたのだ。作成したのは久保田さんという人で、とりあえずは英語版が71日に発刊され、いずれ日本語版も出るそうだ。ジープニーの他にバスやフェリー、国内航空便の情報も載っているコンパクトなマップだ。版権の関係で中身を紹介できないのが残念だが、是非手にとって見て欲しい。一冊250ペソでマニラではフレンシップ・ツアー(電話840-1060)で発売している。ドーシットホテルの3階に事務所があるので、ついでがあったら寄ってみるとよい。

CIMG1328s-1

ところでジープニーをもっぱら利用しているのはフィリピン人なんだから、何故フィリピン人向けのジープニーの路線図が存在しないのだろうか。私の推定ではマップに書かれた路線をフィリピン人は理解できる人が少ないためと思う。実際、彼らはどこへ行くにも住所さえわかれば、人に聞いて目的にたどり着いてしまう。地図を見せても使わない、あるいは使えない。要は地図を見て、場所を鳥瞰してとらえるのではなくて、平面の上に立ってとらえているのだ。すなわち、一番目の角を右に曲がって大きなビルが見えたらその先100m位のところ、てな具合である。たしかにそのほうが混沌としたフィリピンでは実際的かもしれない。

Leave a comment

Your email address will not be published.