年末年始の農場訪問ー出発 2016年2月4日


今年の年末年始の休暇は、24日(木、クリスマスイブ)、25日(金、クリスマス)、26日(土)、27日(日)の4連休、それに30日(水、リザールデイ)、31日(木、大晦日)、1日(金、元旦)、2日(土)、3日(日)5連休となった。今年は、休日と土日が全く重ならず、さらに28日(月)と29日(火)は休みを取れば、超大型11連休となった。私も、飛行機が混む前の23日(水)も休みを取って、ビコールの農場で12日間過ごすことにした。

今回はターミナル3から出発するセブパシフィックにのった。

CIMG4053s-2

空港について、まずはじめに目にしたのが、バッグをプラスティックでぐるぐる巻きにするサービスだ。空港係員に銃弾を忍び込ませられないようにとの防備だ。

CIMG4339s-2

KIANは私のバッグを運ぶと言って聴かない。お手伝いのつもりか旅行者気取りなのか、いずれにしても成長の証だろう。

CIMG4050s-2

空港のクリスマスの飾りを興味深く見つめるKIAN。クリスマスツリー以外はキリスト生誕の場面が多い。

CIMG4061s-2

丁度、昼時にかかったので、食事を取ろうと、出発ロビーの上の階に行くと、左の方に多くのレストランが開業していた。今までは軽食しかなかったが、本格的なものが多い。

CIMG4059s-2  CIMG4062s-2

マクドナルドやKFC、それに老舗のMAX’sも健在だ。  CIMG4072s-2

出発ゲートに向かうと、やはり気の早い人たちが一早く故郷に向かう姿が目立つ。  CIMG4088s-2

この日は快晴で、遠くマカティやBGCのビル群を一望にすることができた。

CIMG4129s-2

今回初めて気がついたのだが、ラグナ湖の東の丘陵地帯には風力発電施設が稼動していた。

CIMG4098s-2

レガスピ行きの飛行機に乗ると欠かせないのがローカル製日清のカップヌードルだ。

CIMG4084s-2

なにやらややこしい顔をしているKIAN。

CIMG4117s-2

いよいよ、レガスピ空港に到着。相変わらず私のカバンを話さないが、後ろにはセブパシフィックとフィリピンエアラインの2機の飛行機が並んでいた。かつて一日、2便程度だったレガスピ空港も、大分込み合ってきたようだ。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.