師走の農場風景 2012年12月29日


まるで、雨季まっただ中の農場は、連日、一日中で、時折晴れ間がさす程度だ。20日の訪問以来、、まだ一度もマヨン火山の姿を拝めることができていない。28日はちょっと晴れ間が出て、完全ではないが、マヨンを眺めることができた。

CIMG6087s-4

マヨン火山の中腹に生えている、玄関前の庭に植えたシダの木は、屋根に届くほどの大きさに育っている。やはり日影が好みと見えて、表の庭に植えたのとは、段違いだ。

CIMG6076s-4

 マニラで買ったパパイヤの種をまいたら、実をつけるまで成長した。地元の大型のパパイヤと違って、小粒で丸く、とてもおいしいそうだ。残念ながら、私はまだ食する機会がないが。

CIMG6072s-4

裏庭には知らぬ間にカカオ(チョコレートの原料)の木が育って、実をつけるまで成長している。

CIMG6073s-4

先日買い求めた地鶏のカビアーは養鶏場を元気に走り回っている。もうすぐここに黒豚を放す予定だが、一緒に仲良くやってくれるだろうかと、気にかかる。

CIMG5755s-4

どこからか捕まえてきた野生のアヒル。すなわち鴨。アヒルに比べて大分小さい。
CIMG6065s-4

黒豚の飼育が本格的になったら、一般の食用豚の飼育は中止しようと考えている。人工飼料だけしか食べず、野外に出して雨にあてると死んでしまうというのでは、大規模な養鶏場で大量生産される45日と何の変りもない。

CIMG6063s-4

一方、黒豚は、自然飼育が可能で、餌も広範囲なものを食べるそうで、農場の期待の星だ。最初は、2頭のつがいだけだが、早くたくさん子供を作って、カビアーと一緒に放牧場を埋め尽くしてほしいと思っている。

CIMG6059s-4

農場には3頭の牛がいる。毎日草を食べているだけだが、それなりに農場の草取りには寄与している。黒い牛は、一番若い牛で、まだ角が生えていない。

CIMG5858s-4CIMG5975s-4

農場でいち早く実をつけ始めたランカ(ジャックフルーツ)。栽培はとても簡単で、大きいものは子供の体重ほどもある実をつける。未熟の実は野菜としても活用され、利用価値の高い果物だ。写真のもので直径40cmほどもある。

CIMG5675s-4CIMG5916s-4

10年ほど前に100本ほど植えたココナッツは、成長してたわわに実をつけている。ココナッツは捨てるものがないというほど、有用な植物で、南の民は、コメとココナッツで数万年の年月を生きてきたのだと思う。コメの作れないところは、フィリピン中がココナッツ・ファームとなっている。

CIMG6013s-4CIMG6197s-4

農場には、闘鶏が10羽ほどいるが、その戦いの本能はすさまじく、フィリピン最大の娯楽=賭け、の対象となっている。田舎ではどの家の庭でも闘鶏を飼っていて、休みごとに殿方の慰みとなっている。テキサスと呼ばれる輸入品種はつがいで一万ペソもするそうだ。その勇壮な姿は、威厳さえ感じるが、さらに闘鶏の顔を拡大してみると、その精悍な顔つきに驚く。真っ赤な顔に大きなとさか。われわれ哺乳類にはあり得ない顔つきだ。鳥は、恐竜を祖先とするといわれているが、さすがに、かつて地球を席巻しただけのことはある。

CIMG6009s-4CIMG6099s-4

最後に登場したのが、馬のジンポだ。農場の開設以来いるから、10年近くになる。これが、最近脱走して、息子が丹精込めて作っていたパパイヤの木を根こそぎ食ってしまった。息子は激怒して、こんな役立たずの馬は売ってしまえと息巻く。ジェーンに相談したら、10年間もの間、農場の草を食べて、すなわち草取りをして、農場の美観の維持にに貢献してきた。というわけで、ジンポは命拾いをして、相変わらず草むしりに精を出すことになった。

CIMG6179s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.