子供たちは農場で元気いっぱい 2012年12月25日


いよいよ待望の農場生活が始まったKIANだが、11人いる従兄弟たちの訪問が絶えない。それに姉のキムとビアンカを入れて、女9人、男5人、合計14人の子供たちが農場に集う。最年長は17歳、カレッジ1年生のキムとバネサ、最年少は、同い年のジェルミー2歳とKIANだ。子供たちに君臨するのはもちろんKIANだ。

 今年、ハイスクールに入学した13歳の従姉のアラインは、その強気の性格で、姉のアライサ(ハイスクール3年、15歳)もかなわない、クラスの嫌われ者だそうだ。しかし、従兄弟達のなかで最も将来が嘱望される美形だが、その強気のアラインもKIANの傍若無人振りには舌を巻いていた。 

CIMG5622s-4CIMG5621s-4

せっかくの自然に囲まれた農場なのに、子供たちの興味はもっぱらマイクロソフトとのX-BOXだ。アラインとバレリー(ジェーンの長兄ダシンの二女で小学校4年生、10歳)が演じているのがアルペン・スキーだ。二人で、どちらが先にゴールに到着するか競う遊びだが、X-BOXが彼らの動きをとらえて、画面に反映する。ジャンプをしたり、左右に体を動かして、いかにもスキーをしている気分になる。スキーなど見たこともないKIANは、従姉たちが一体、何に興じているのかわけがわからず、ただ、ひたすら観戦するのみだ。

CIMG5629s-4CIMG5624s-4

畜産センターに鶏を買いに行った後、鶏小屋の準備などで待たされているとき、姉のキムを後ろに載せて、バイクの運転に興じるKIAN。KIANは車やバイクの運転が大好きだ。窓ガラス越しのKIANは私を見て歓声をあげて喜んでいる。

CIMG5706s-4CIMG5714s-4

4日ぶりにヤヤ(子守)が農場を訪問した。久しぶりの再会にうれしさがこみ上げるのか、KIANの笑顔が絶えない。それ以上にうれしいのがヤヤで、重量級のKIANを抱き上げて離さない。 

CIMG5717s-4CIMG5715s-4

再びX-BOXを楽しむキムと従兄のチャールズ(ハイスクール3年生、15歳、長兄ダシンの長男)。今度は野球ゲームで、ピッチャーと打者が対戦するもの。投球、空振り、走塁など、やはり、本物の野球をやっている気分になれる。このほか、テニス、ダーツ、ゴルフなど、いろいろなスポーツを楽しむことができるすぐれものだ。実際に体を動かして、そのアクションでゲームに参加するなんて、その発想もすごいが、技術の進歩もすごい。今、ブームのアップルが発明したスマート・フォンあるいはアイ・パッドなどと並んで、かつて世界を席巻した日本発の文化、カラオケやウォークマンにも匹敵するものだ。

CIMG5720s-4CIMG5719s-4

一方、農場にもインターネットがつながっている。数年前、スマート・ブロが使えるようになったのだが、その遅さに嫌気がさして、断念してしまった。しかし、現在は、その遅さも我慢できる程度に改善され、USBを買って差し込むだけで、30分で10ペソ、あるいは5日間、使い放しで200ペソと、実用に耐えるパーフォーマンスだ。KIANもYouTubeが大好きで、デズニー・ジュニアの動画に夢中だ。

CIMG5747s-4CIMG5741s-4

ファームハウスのキッチンの外にはダーティ・キッチンと呼ぶ、第2キッチンが増設されている。メイドなどはそこで食事をするが、普段子供たちもそこで食事をとる。したがって、そこが子供達の憩いの場にもなっている。そこでKIANのガンナムスタイルが始まった。ママ・ジェーンがエキジビジョンと声をかけるとKIANが得意のポーズをとる。お腹の脂肪をタガログ語で「タミ」というが、誰かが、ショー・ミー・タミと声をかけると、KIANをふっくらしたお腹を出して、ベコベコと凸ませたり凹ませたりする。こんなパフォーマンスに大人たちは大喝さいだ。

CIMG5774s-4CIMG5775s-4

ファームハウスには8人がけの大きなダイニング・テーブルがおいてあるが、14人の子供たち、それに大人4人を収容するには、もはや小さすぎる。イントラムロスのカーサ・マニラのスペイン時代の屋敷には20人くらい腰掛けられるダイニング・テーブルが置いてあるが、なるほどとうなずける。さらに、ビレッジの豪邸にはダイニング・ルームが二つあって、一つは6人程度の家族用、もう一つは10人以上座れるテーブルがあるが、これまた、うなずける。

CIMG5791s-4CIMG5805s-4

この日は、数年間、私と農場で暮したジェーンの従姉の子供のデビナが訪問してくれた(KIANの右)。彼女がハイスクールのころ、私と数年間、農場で暮らしていた。現在、マミーの手伝いは、ビアンカに譲って、まだ21歳、働きながら大学に通い、妹を養う苦労人だ。

CIMG5776s-4CIMG5779s-4

赤ちゃんが両目をつぶってウインクするのをビューティフル・アイズと呼んで天使の微笑みとして、大人たちを癒すが、KIANは片目だけをつぶるウィンクができるようになった。ちょっと顔つきは奇妙になるが、その瞬間をとらえることができた。

CIMG5797s-4CIMG5794s-4

クリスマスイブの24日は、皆でおでかけ。14人の子供たちが1台の車でギュウギュウ詰めになっておでました。右がビアンカ(ハイスクール4年、つい先日17歳になったところ)、中央がアライサ(ハイスクール3年生、15歳)、左がバネサ(カレッジ1年生、17歳)のハイスクール3人組、ゴメスファミリーの子供たちの第一世代だ。

CIMG5807s-4CIMG5809s-4

 

Leave a comment

Your email address will not be published.