入国ビザが30日に延長されました 2013年8月26日


201381日より、ビザ無しで入国した場合、空港で与えられる入国ビザが21日から30日に延長された。従来は21日だったので、退職ビザの申請において、それまでにビザが発行されず、ビザの延長を余儀なくされたことが、ままあったが、これからはその心配はほとんどなくなった。チケットの予約においても、とりあえず21日で予約して、後で延長するなどのわずらわしさもほとんとなくなるだろう。

 入管の発表は得てして、空港では実行されずじまいのことが多かったが、81日以降に入国された方のパスポートを見ると、確かに30日有効のスタンプが押されていたので間違いないようだ。ちなみに、有効期間30日は、入国の翌日から勘定されるので、入国日を入れて31日目が滞在期限となるので、チケットを予約する際に気をつけて欲しい。

 ビザの延長は、一回目が29日、入国の翌日から59日有効となる。これは従来と同様だ。一方、2回目の延長は従来の2ヶ月ではなくて、6ヶ月の延長ができる。ロングステイを計画している方には面倒がなくなる。

 しかし、このビザ(9aビザ)で滞在できる期間は16ヶ月までと、従来の2年間よりも短縮されているので気をつけて欲しい。期限が近づいたら一旦、出国して、再入国すればよいので、さほど大きな問題ではないと思う。しかし、9aビザを繰り返し延長していると、入管から疑問視され、退職ビザなどの目的に見合った長期ビザをとるようにアドバイスされる。

 なお、6ヶ月以上連続してフィリピンに滞在した場合、出国許可証(ECC)を取らなければならないので気をつけて欲しい。出国予定前、十分な余裕を持って申請して欲しい。

 なお、このビザでフィリピンに滞在することは可能だが、銀行口座を開いたり、就学あるいは就労することはできないので、それぞれ目的にあった長期ビザを取得することが肝要だ。

CIMG9785s-4洪水のおかげで先週は5連休となったが、今日26日(月)は英雄の日で祝日、3連休となった。久しぶりの休日をゆっくり過ごすことができたカーネルを伴って、皆でサイカに行って昼食を楽しんだ

Leave a comment

Your email address will not be published.