人は同時に3件しか記憶できない(賢い記憶法) 2016年4月18日


最近は、円が少し戻して(1ドル=110円前後、1万円=4100~4200ペソ)で退職者はほっとしている。しかし、かつては2万ドル=160万円程度で退職ビザが取れていたものが220~240万円、しかも、フィリピンでの生活費が1万円=5500ペソが一時は3600ペソにまで目減りしたのでは、フィリピンに住む意味が大いに薄れてしまっていた。日本の経済や株価への影響は別世界の話として、退職者にとって見れば、民主党政権時代の1ドル=80円が懐かしい。

一方、退職ビザの魅力が減って、申請者が激減している事実は、私、ビザの取得サポートを専門としているものにとっては死活問題だ。今年に入ってからは円の動向に関係のない、欧米人、インド人等の申請者が当社の顧客の3分の一を占めるにいたっているが、絶対数の減少は避けられない。しかも、円安ばかりではなく、ビザの発行期間が4週間近くになっていて、現役のかたがたのビザ取得を不可能にしている。現役の人にとって、せいぜい2週間の休暇をとるのが限度であって、4週間はありえない。したがって昨年は半数近くを占めていた現役の方の申請がほとんどなくなっている。

しかし、なぜか当方は忙しい。それは、ビザの取消、相続、ID更新、預託金の投資転換、不動産手続きなど、かつて退職ビザをお世話した方々のお手伝いが増えているからだ。その上、ビザの取消は、預託金の返却まで3ヶ月程度の時間がかかり、そのフォローアップに追われ、現状でも、約10件の取消申請が進行中だ。中々前に進まない手続きなのだが、常に頭の中は進行中の案件でいっぱいだ。したがって、私の翌日のアクションリストは20件近くにまでなっている。

CIMG5928 ピザの宅配についてきたコーラのビンを抱いておどけるKIAN。最近、私が何歳かというKIANの質問に69歳と正直に答えると、それは死ぬ年かと済ました顔で聞いていくる。人によってマチマチで100歳まで生きる人もいると答えると、今度は日本人は100歳で死ぬのかとやり返してくる(どうも人間は一定の年になると寿命を迎えて死ぬと思っているらしい)。ダダが100歳まで生きたら、KIANは36歳になっていると話すと、24歳まででいいという。6歳になってなんとなく知恵がついてきていると思うこのごろだ。

年をとると忘れっぽくなるという、だから、毎日、アクションリストを更新して落ちこぼれの無いようにしているつもりだが、大事なアクションはやはり頭の中にしまっておかなければ適切な対応ができない。客から電話で問い合わせがあってもいちいちパソコンやメモを探していたのでは埒があかない。

PRAに行くたびに重要案件を頭の中で復唱するのだが、5~6件の懸案事項があると、どうしても3~4件しか思い浮かばない。いやもっとあるはずと思い記憶の糸を探ると、別の案件が浮かんでくるが、それで数えなおすとやはり3~4件しか浮かんでこない。前に覚えていたものを忘れてしまっていて、いつまでたっても3~4件しか浮かんでこないのだ。年のせいかなと思うが、仕事上の記憶は、いまだ周りの誰にも負けない自信がある。それは30~40代のころから変わりはないと自分では思っている。

CIMG5938

夏休みを利用して田舎から出来ているヤナと遊ぶKIAN。もはや赤ちゃんの面影はない。

昔、人は同時に3つのことしか記憶できないという話を聞いたことがある。脳に刻まれた過去の記憶ではなく、今、動いている記憶であって、時間とともにどんどん消去されていく記憶だ(ワーキングメモリーとでも言うべきで、過去の記憶はハードディスクなどに記録されたストレージだ)。コンピューターのRAM (ランダムアクセスメモリー)のようなものだ。たしかに、3件までなら何度でも繰り返すことも出来るが、5~6件となると、その内の2件が消去、復活を繰り返してきりがない。

そこで、6件のアクションを3つに分類してみた。ビザ申請、相続、その他、の3件、そしてビザ申請はSさんとNさん、相続はKさんとHさん、その他は、TさんとMさん、要は3x2に案件を分類したのだ。そうすれば、まず、3種類の案件を思い起こして、それぞれ、二人の名前と内容を順に思い浮かべることができる。そうしたら、何度繰り返しても正確に6件のアクションを思い起こすことができたのだ。

人のワーキング・メモリーが3個までで、それ以上は消去されるものだと認識しておけば、逆に確実に記憶することができるということを今になって悟った。その証拠に電話番号など0916-543-2812などと、いくつかに区切って唱えると覚えやすい。

CIMG5935

我が家恒例の土曜の和食レストランでの食事風景。KIANは好物のエビフライと鶏のから揚げを皿にてんこ盛にしている。

さらに、人ないし動物の五感、特に映像/イメージの記憶容量は文字/数字情報に比べて無限大ともいえる。したがってもろもろの情報を映像と関連付けると飛躍的に大量、短時間で記憶することができる。これは、多くの記憶の達人が実践していることだ。したがって、アクションが必要な事柄を場所のイメージ(PRAとか銀行など)と退職者の顔と関連付けて記憶すると簡単に脳に記録と参照が可能になる。上の例で言えば、退職庁(ビザ申請)、銀行(相続)などのイメージを思い浮かべさらに、それぞれ関係する退職者の顔を思い浮かべるのだ。そうすれば、多くのアクションも難なく記憶しておくことが出来るようだ。

Leave a comment

Your email address will not be published.