ロックウェルの電飾見物2017年12月19日


ソール韓国レストランで腹ごしらえをしていよいよロックウェルに向かった。ロックウェルはマカティアベニューからブルゴス通りを経てその裏手に広がる高級コンドミニアム街だが、1990年代、発電所跡地の広大なエリアをマカティの飛び地として開発された。ボニファッシオ・グローバル・シティが開発の緒についたのは2000年代、まだ昨今のコンドミニアム・ブームも始まっていなかったので、高級コンドミニアムの名をほしいままに、当時、億ションとして話題を呼んだ。そのため、今回訪問したパワー・プラント・モールという名前は、まさにその名残で、ちなみにロックウェルは元発電所の名称だ。ロックウェルに近づくと、通りの中央分離帯の椰子の木は電飾で飾られ、いやがうえにもクリスマスの雰囲気を盛り上げている。クリスマスの飾り物にいたく興味を示しているクッキーの興奮のほどは想像に難くない。

通りの木々、全てを電飾でかざるという手間のかかることをやっている

電飾だけのクリスマスツリーは単純だが返ってユニークだ

見たこともない周囲の景観に驚きと喜びの歓声を上げるクッキー

パワー・プラント・モールに入ってみると、モールのそこいら中が電飾で飾られ、所々に動く動物の模型があって、まさにクッキーには驚きと興奮の連続だ。クリスマスの気分に浸ろうと通路は人であふれ、レストランはどこも満員だ。一方、一般のお店となるとほとんど人は入っておらず、ここを訪れる人々の狙いは電飾と動物の模型で、買い物をする気はもうとうない。我々も一時間以上いて、使ったお金はキアンのアイスクリーム190ペソたけだ。

どこのレストランもクリスマス気分を味わおうとする人々で満員だ

圧巻の電飾クリスマスツリーの前で得意顔のキアン。大きなポシェットにはソニー・タブレットを肌身離さず持っている

廊下も、もみの木と電飾のトンネルになっている

圧巻は、まるで動物園のような動物模型、これらは首や尻尾が動くので、クッキーは生きた動物と勘違いしているに違いない

シマウマの模型を前にご機嫌のキアン

自撮りをするヤヤ・グロ(グロリア)に抱かれたクッキーは興奮のためか顔がゆがんでしまっている

歩こうと必死に手を引くクッキーだが、手を離すと転んでしまうのでキアンも必死だ

まるで生きているようなライオンに思わず手を触れて確かめるキアン

どういうわけかベンツまでが展示されているが、昨年はジャガーだった

クッキーは、トナカイの背中に乗った小猿をたたいている

動物達の間に入って得意満面のクッキーと、相変わらず本物かどうか確かめているキアン

クッキーのお守りに疲れてキアンは一休み

ボールのプールに入ったものの沈んでしまったクッキーを助け上げるキアン

お歩きの練習をするクッキー、一年と二ヶ月になって、そろそろ歩き始める頃だ

駐車場に出るとそこにはマセラッティの高級車がなにげなく駐車していた

帰り道、電飾の景色に囲まれて終始ご機嫌のクッキー

ブエンジア通りは、トナカイの親子の電飾模型が並んでいた

アヤラ通りとは赴きをことにした見事な電飾が続く

Leave a comment

Your email address will not be published.