マラス有機栽培食品マーケットの紹介2008年12月2日


 マカティのレガスピ・カーパークではMARA’S ORGANIC MARKETが毎週日曜日、朝の7時から午後の2時まで開催されている。野菜、果物、肉など、有機栽培の食材、さらに健康食品、有機栽培食材を使った料理やお菓子などの即売会を行なっている。その他にも民芸品なども並べられているが、場所柄、ちょっと高級な雰囲気のバザールだ。場所はマカティ・シティ、レガスピ・ビリッジの真ん中にある、レガスピSt.とサルセドSt.およびルフィノSt.(旧称ヘレラSt.)に挟まれた駐車場だ。


 MARAとは有機栽培の野菜を栽培、販売する有名な会社だそうで、フィリピンにも食に気を使う人々が増えてきたということだ。昨今話題の中国製食品は絶対口にしないという人も多い。

CIMG7640s-4 フィリピンではグアバ(果物の一種)、アンパラヤ(苦瓜、ゴーヤ)、マロンガイ(食用の木の葉)、ヤーコン(芋の一種)、バージンココナツオイル、パパイヤなど原料とし、糖尿病などに効くという健康食品が出回っている。これらは海外でもブームだそうで、フィリピンの10倍以上の価格でで売られているそうだ。
CIMG7620s-4CIMG7623s-4

 パパイヤなどを配合した石鹸なども有名で、香りを楽しんだり、肌の美容に効果があるという。

CIMG7632s-4CIMG7634s-4


 赤米や黒い米も比較的簡単に手に入る。ヤーコンは糖尿病に大変有効だそうなので、将来、我が農場でも是非栽培したいと思っている。CIMG7639s-4
CIMG7638s-4

 日本でもあるだろうがアルファルファのような野菜の芽をジュースにしたものを試飲してみたが、まさにあの青汁の味だ。「良薬は口に苦し」の諺のとおり、その苦さに健康的であることを実感できる。
CIMG7619s-4 食材ではないがスイカの皮を刻んで作った装飾品も売っていた。CIMG7637s-4 欧米人による出展も多く、生ハムやソーセージもある。多分彼らが自分で牧場を経営し、趣味で故郷の食材を作っているのだろう。フィリピンのお菓子も有機食材製だそうだ。

CIMG7642s-4 フィリピンをはじめとして中国、インド、トルコなど趣向を凝らした料理を食べさせる店がたくさんあり、色々な国の料理を味わうことができる。

CIMG7651s-4 CIMG7641s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.