マヨン火山の噴火 2010年1月5日


マヨン火山噴火のニュースが流れて久しいが、すでに数万人の人々が避難生活を強いられている。テレビでもトップニュースとして毎日報道されている、25 日のクリスマスにタバコの農場に帰郷する予定だったので、それまでなんとか噴火しないで待っていて欲しいと願っていた。被害をこうむる人たちには申し訳な いが、噴火を間近に見るなど一生にあるかないかの貴重な経験だ。

幸い農場はマヨン火山の北側にあり、噴火口が向いているレガスピ市とは 反対側に位置しているので、火砕流や火山灰の被害はほとんどない。だから安心して噴火見物としゃれこむことができるのだが、レガスピ市にあるホテルは噴火 のニュースのおかげで、一目噴火を見ようと訪れる不謹慎で好奇心の強い外国人観光客で満員だそうだ。ビコール大学がクリスマス・年末年始の休暇のため学生 が帰郷している下宿屋さんは、ホテルに鞍替えして、噴火見物の観光客を一泊500ペソで受け入れてホクホクとのこと。

レガスピ飛行場に近づくと雲の上にマヨン火山の頂がのぞき、噴煙を上げていた。新聞ではマヨン火山は雲に隠れて観測ができないと報道していたが、これでは地上から頂を見ることはできそうにない。

CIMG0330s-4毎度のことだが、セブパシフィックのスチュアーデスは美人が多い。この日もこっそりと一枚取らせてもらった。

CIMG0328s-4一方、飛行場から見るマヨンはやはり雲に隠 れていた。天気が良ければ飛行機の向こうにマヨン火山の頂が見えるのだが、この日は辛うじて頂上付近の右斜面が見えるだけだった。

CIMG0347s-4甥や姪の出迎えにご機嫌の相棒のジェーン。現在、彼女は妊娠6ヶ月。10人の甥や姪を自分の子供たちと思っていたが、いよいよ待望の自分の子供ができたの だ。CIMG0967s-4到着は昼に近かったので、レガスピ市のなじみの店で食事をとったが、私はクリスマス・イブで現金を使い果たしてしまっていたので、写真右の右端に移っ ているジェーンの彼氏に払ってもらった。子供も含めて10人で食べて1400ペソ足らずと相変わらず格安だった。

CIMG0975s-4せっかくだからレガスピ側から火山の様子を見ようと、飛行場の脇にあるリニヨン・ヒル展望台に車で上って見た。日ごろめったに人影を見ないのだが、この日 は噴火の様子を見ようと、そこそこの人出だった。幸い雲が晴れて、火山が姿を見せてくれていたが、黒い火砕流が麓まで流れてきているのが良く見えた。一 方、火砕流で斜面の樹木が焼けて煙を出している様子を見ることもできた。

CIMG0352s-4 CIMG0356s-4

CIMG03880s-4レガスピ市側のカマリグに住んでいるフィリピン人の友人の話によると、前日の24 日には夜間、火山がうなり声をあげて、いつ噴火しても不思議でない状況だったとのこと。 展望台のレストハウスにはテレビ放送局の取材陣が陣取っていた。24時間体制で噴火の一瞬を報道しようということだろう。一体いつからここにいるのか知ら ないが、これからあるかないかわからない噴火のために、ここに寝泊りし続けるのは容易なことではないだろうと同情する。

CIMG5116s-4 CIMG0370s-4

CIMG5117s-4展望台からおりる途中、マニラから乗ってきたセブパシフィックの飛行機が丁度離陸するところだった。おかげ様で、飛んでいる飛行機を上から眺めるというめずらしい経験をすることができた。

CIMG0372s-4  農場から眺めたマヨン火山は、いつもとまったく変わらず、毎日、数千トンの硫黄ガスの噴出や数十回の火山性地震など、どこ吹く風、せいぜい噴煙がいつもよ り多いくらいの違いだ。

CIMG0909s-4農場では1週間前に豚が子豚を産み、先日、マニラのカーティマ・マーケットで買ったヒゴイの稚魚が元気よく泳ぎまわっていた。ま た、田植えも終わり、バナナもたわわに実っており、農場の日常がそこにはあった。

CIMG0401s-4 CIMG0876s-4

CIMG0446s-4 CIMG0397s-4

農場二日目はまったくマヨン火山の頂を拝むことはできなかったが、3日目の早朝、まだ暗いうちに外を眺めて見たら、マヨン火山が暗闇にうっすらと姿を現し ていた。頂からは赤く光る炎が見え、昼間には見ることのできない幻想的な光景だった。最近のデジタルカメラは小型でもなかなか性能が良い。シャッター速度 を10秒、20秒、そして30秒にセットしながら、ファインダーからは何も見えない暗闇に向かってシャッターを切った。

CIMG0428s-4問題はいかに画面の中央にマヨンの 頂を収めることだが、この時、何十年前かに買った小さな三脚がはじめて役に立ち、ついでに夜空の星もきれいに撮れた。こんどは星空や蛍の撮影にでも挑戦し ようかと思うが、農場には蛍が飛び交い、星空とのコントラストでとても幻想的なのだ。

年末以来、マヨン火山はまったく雲に隠れて見えなかったが、正月もあけた2日、近所の小学校へ避難していた人々が、山へ戻り始めた。噴火の危険が遠のい たということで、避難生活を強いられていた人々がやっと我が家へ帰ることができるのだ。噴火を目当てにやってきた観光客には残念なことだが、噴火騒ぎもこ れで一段落だ。CIMG0902s-4 CIMG0903s-4

Leave a comment

Your email address will not be published.