マニラ国際空港(NAIA)第3ターミナル開港(その2) 2008年8月19日


前回に引き続きターミナル3の開港(その2)、到着ターミナルを紹介する。

今回は空港の東側から着陸したために、マカティ市の東に開発中のボニファシオグローバルシティの全景を眺めることができた。その後ろのビル群がマカティ市の中心街でフィリピンのもっとも近代的な光景をなしている。

グローバルシティ(後ろはマカティ)

グローバルシティ(後ろはマカティ)

全長1kmを超えるであろうと思われるターミナル3は未だそのほんの一部を使っているに過ぎず、ターミナルの端にセブパシフィックの中型機が数機、駐機しているだけだ。

ターミナル3に駐機中のセブパシフィックの

ターミナル3に駐機中のセブパシフィックの

ターミナルビルに入るとゆったりとした通路を経て、自然に荷物の受け取り場に到着する。もともと国際便用に設計されているために、入管や通関のブースがあるが国内便では使用されていない。通関を過ぎるとすぐに広々とした出迎えロビーに出て、出迎えの人に会うことができる。その点出迎えが大変困難なターミナル1とはずいぶん様相を異にする。

荷物の受け取りもスムーズだ

荷物の受け取りもスムーズだ

出迎えの人々ともガラス越しに確認できる

出迎えの人々ともガラス越しに確認できる

出迎えに人とターミナルビルの中で面会できる

出迎えに人とターミナルビルの中で面会できる

 ターミナルビルを出ると長いタクシー待ちの行列がある。下手をすると1時間待ちかと覚悟しなければならないほどだが、さらに道路を渡ったところにクーポンタクシーのブースがあり、そこで申し込むとほとんど待たずにマカティまで440ペソで行ける。黄色の空港タクシーなら200ペソ程度ですむが、長いこと待たなければならないことを考えたら安いものだ。ただ、クーポンタクシーの存在がわかりにくいのでどうにかして欲しいものだと思う。

クーポンタクシーのブース

クーポンタクシーのブース

イエロータクシーの待合所には長い列

イエロータクシーの待合所には長い列

 

Leave a comment

Your email address will not be published.