マニラホテルでブランチ 2014年11月9日


KIANがまだ、1歳のころ、毎週のように出かけた高級ホテルでのブランチを再開した。この日はまだ万聖節の余韻が残る往年の最高級ホテル、マニラホテルのロビーでの食事だ。まずは広々としたロビーで撮影会、そして、食事、ただ、それだけだが2000ペソ強で、家族全員8人が存分に高級な雰囲気を味わった。

マニラホテルと言えば、1980年代、マルコス時代には、押しも押されぬ高級ホテル、外国要人を迎える迎賓館としてにぎわった。しかし、現在は、マカティを中心とする高級ホテルの出現で、人々から忘れ去られようとしている。しかし、その重厚感あふれる内装はさすがといえる。

CIMG6700s-1 CIMG6702s-1

ロビーの食卓には骸骨が食事中で、少し気持ちが悪い雰囲気に、顔をしかめるKIAN

CIMG6707s-1 CIMG6710s-1

魔女との記念撮影、そして変わったチョコレートに興味を示すKIAN

CIMG6708s-1CIMG6712s-1

マニラホテルのロビーのシャンデリア、そして木造の内装は、さすがの一言だ

CIMG6713s-1 CIMG6720s-1

皆、記念撮影に夢中だ

CIMG6723s-1 CIMG6724s-1

パパ・カーネルとママ・ジェーンは、記念撮影には興味はなく、いち早くソファーでくつろぐ

CIMG6726s-1 CIMG6731s-1

 

料理は、定番のクラブハウスサンドイッチ、それぞれのホテルが工夫をこらしていて、面白い。マニラホテルでは丸型の食パン一個をくりぬいてサンドイッチにして元へ戻すというすぐれものだ。それにKIANにパンシット広東(焼きそば)は欠かせない

 

CIMG6732s-1CIMG6730s-1

それに、カンバル(双子)には、スパゲッティも欠かせない。私に欠かせないのは、もちろんビールだ

CIMG6733s-1 CIMG6736s-1

しばらくしたら、動き回るKIAN、KIANにとってはお行儀などはくそくらえだ

CIMG6739s-1 CIMG6758s-1

3人前の料理を大人5人、子供3人で、分けたのだが、あまるほどだった。ここに飾られていたカボチャは、実に本物のカボチャだった。万聖節用に特別に品種改良して作ったものなのだろう

Leave a comment

Your email address will not be published.