マカティ・スクエアはマニアと庶民の買い物どころ 2017年10月16日


最近はリトル東京という名前の方が通りがよいが、その隣のマカティ・(シネマ)・スクエアは空手などのスポーツ教室や音楽教室、それに沢山の携帯ショップがあって、私にとってはなじみの深い庶民的モールだ。週三回のキアンの出迎えで、午後、ドンボスコ・スクールに車で向かうのだが、最近、ウオーター・マートの駐車場がいつも満車で、しかもクリーク・サイドの駐車場が閉鎖されて使えない。仕方なく、はじめてマカティ・スクエアの地下駐車場を利用した。地下3階の駐車場から上がっていくと、地下2階のショッピングモールが大変興味深いものであることを再認識した。一方、ここの半分くらいのスペースを占めていた超庶民的デパートが、ここ一年ほど閉鎖されていたが、現在改装中で再開されることが期待される。

まずは地下2階、ここは射撃場があるせいか、その階には本物の銃を売っている店が軒を連ねる。また、その関連グッズを売る店が並んで、バッグ、衣類、ナイフ、などすべてミリタリーないしポリス仕立てだ。さらに、車や真空管のアンプやレコードプレーヤーなど愛好家にはよだれの的だろう。

なんといってもこんな街中に射撃場があるというのが驚きだ。

射撃場の反対側にはアーチェリーの練習場まである

ショーウインドーにそれとなく並べられているピストルはすべて本物だ

ミリタリー/ポリス・グッズが豊富に陳列されている

ナイフ等のサバイバルグッズも豊富だ 

マニア向けの人形たち

 車やバイクの模型もマニャックだ

最近日本でもブームとなっている、なつかしのレコードプレーヤー

真空管アンプも健在だ

地下一階は、一般庶民むけの品揃えで、おもちゃ、アクションカメラ、古着(Ukai Ukai)、スナック屋台、古風なレストランなどが並んでいる。かつて軒を並べていた海賊版のDVDを売る店は、ほとんど姿を消した。しかし、日本人と見ると、あちらこちらから、DVD、DVDと声をかけてくる。興味を示すと店の奥から出してくるのだが、どうも表向きには販売できないらしい。ちなみに大分前に買い求めたアダルトビデオは、すべてぼかしの入っていない無修正版だった。

ちょっとマニャックなおもちゃ屋さん

たこ焼きがたやきになっている

流行の古着屋(UKAI UKAI)は10軒ほどある

一階はほとんど携帯ショップだが、アネックスにはユニークな趣味の店が多い。

いつも何かとお世話になっているなじみのクヤ・ケイタイ(携帯兄さん) 

キアンが通う音楽教室ユーフォニー

いまどきという感もあるプラモデル屋さん、ほとんど人は入っていない

なんと、これは刺青屋さんで、刺青のサンプルを飾ってある 

最近、音楽教室の前に開店した車の模型屋さん

パソンタモ沿いの入り口の近くにある中古本屋さん。感覚的には10分の一程度の価格で手に入るので子供用百科事典などかなりの本をキアンに買ってやった

裏の駐車場への出口の近くにある銃器屋さんは、すべておもちゃだが、本物と区別がつかない

二階は、ちょっとさえないショップのほかは、もとボーリング場にスポーツジムがあってボクシング、空手、アスレチックなどの教室になっている。

いずれキアンも空手を再開したいと思うのだがなかなか、きっかけがつかめない

Leave a comment

Your email address will not be published.