豆辞典 フィリピーノは宵越しの金を持たない


 

フィリピーノに、今なら100ペソ、明日ならば1000ペソ上げるというと、今の100ペソを選択するそうだ。明日のことなど当てにならないし、今確実に100ペソもらったほうがいいという。そして今日の稼ぎを全部使ってしまい、明日は明日の風が吹く、宵越しの金を持たないという江戸っ子気質をもっているのがフィリピーノなのだ。そのため貯金とか備えという概念が希薄で、お金を貯めているフィリピーノはほとんどいない。聞いてみるとほとんどが借金を抱え、それを返すのに汲々としている。これは、亜熱帯という気候が一年中作物をもたらし、備えということが必要のない暮らしを何万年もしてきたことによると私は解釈している。

この預金をしないということについて、最近気が付いたことがある。もし仮に思わぬ大金が転がり込んだとして、それを大事に預金したとすると、早晩姻戚や親しい友人のトラブルや病気やらでなくなってしまうことは目に見えている。もし姻戚にトラブルがあって金を無心されて、金があるのに断ったとする。そうなるとたとえ相手がそのことを知らないとしても、罪の意識に駆られて耐えることができない。あるいはまた、金があるのに助けてくれなかった、あいつは人の心を持たない悪魔のような奴だと逆恨みされてしまうのだ。そして結局は姻戚のためにすべての蓄えを使い果たしてしまうことになる。それならば、いっそ家や車など簡単に換金できないものに使ってしまい、自分の生活をエンジョイしたほうがましということになる。どうもフィリピンでは必要以上の現金を持つということは必ずしも良いことではなく、逆に人間関係を破壊する要因になることが多いようだ。フィリピンに住むならばフィリピン流に「宵越しの金は持たない」といった生活態度を身につけなくてはいけないのかもしれない。少なくともフィリピーノと家計を共にするのであれば「郷に入っては郷に従え」という原則がここでも活きているようだ。

CIMG8203s

この笑顔に一万年の重みがあるのです

 

お祭り(フィエスタ)が近づくと、できる限りの借金をして数百人分もの食べ物と飲み物を用意して、不特定多数の客を歓待する。そしてその翌日から1年間、次のフィエスタまで、その借金を返済するためにせっせと働くのがフィリピーノなのだ。言ってみれば先に貯めて使うか、使ってから貯める(返す)のかというだけの差かもしれない。ただ先に使って返済の形をとると利子を払わなければならないとことが違うだけだろうが、借金ならいざとなると踏み倒せるだけ有利かもしれない。いずれにせよ、フィリピーノにとっては、人から借りるのも、自分の貯金を使うのも、どっちにしても大差のないことなのだ。

このように常に金銭的に水平線以下で暮らしているから、フィリピーノはお金を借りることあるいはお金の無いことには慣れている。お金が入ったら持ち前の負の預金と相殺され、あっという間に消えてしまう。したがって、あげようが、貸そうが、預けようが、いずれにせよいったんフィリピーノの懐に入ったらその人のものになってしまい、もはや戻ってこないということが多発するのだ。こと金銭に関しては、あげる、貸す、預けるは、フィリピーノにとってはほとんど同義語だ。すなわち、借りた金を返さない、あるいは預かった金を使ってしまう、そして、それに対して特に罪の意識が希薄なのだ。その辺は、所有という概念が根本的に違うのか、日本人にとっては大変わかりづらいところだ。

CIMG8238s

水平線以下であろうとあるまいと子供は子供だ

水平線以下の生活に慣れると、まとまったお金が入るとそれを使うことに夢中になる。貯めておこうなどという発想は決して起きない。金がなければないでよし、金があったらなくなるまで使うのがフィリピーノなのだ。だから、いったん金があることを知られるとフィリピーノはあの手この手でその金を使うことを提案してくる。親や兄弟が実に頻繁に病気になったり、甥や姪が入学したり、使う理由は際限なく沸いてくる。金があるのに出さないと恨まれる、かといって出せばきりがない。

俺は金がたくさんあるなどということを絶対にくどき文句にしてはいけない。言質をとられてとことん使わされる。大きなお金は持ってこない、お金が無いのが一番、だまされることも無くフィリピンで安全に生きていくコツだ。本当にフィリピーナに愛されたら、お金なんぞなくても、きっと彼女が養ってくれるだろう。でも無一文で好きになってくれるかどうかは、保障の限りではない。

CIMG8212s

愛しのフィリピーナ予備軍

そこでフィリピーナと生計を共にすることになった時の注意点。

  1. 年金や給与あるいは利子など、月々の決まった収入で暮らす。例え全部使い切ってしまっても来月になればまた入ってくるので安心。
  2. クレジットカードなどで日本の貯金が下ろせるようにしない。日本の金がなくなるまでとことん使われてしまう。彼女にカードを預けて勝手に下ろせるようにするなどもっての他。
  3. フィリピンに大きなお金を持ってこない、また日本にあるお金も内緒にする。日本の資産は不動産など簡単に換金できない資産にしておくことが望ましい。
  4. 生活費は週単位で予算を渡して管理させる。その都度渡したりすると、あまりに自由度がなくてきらわれてしまう。
  5. 食費、光熱費、学費、などなどを小分けにしておいて出費を管理させる。一緒になっているとすぐに全部使い果たしてしまい、支払いがあるとまた請求してくる。
  6. 親戚の病気や突発事項については全部補助するのではなく、できる範囲で一部分を援助する。そうしないと親戚中が頼りにしてきて、いくらあげてもきりがない。

Leave a comment

Your email address will not be published.